ページのトップへ

Tag archives for テニス

未分類

眞田卓、“現状打破”掲げる車いすテニスプレーヤー 〜スポーツサイト「挑戦者たち」〜

 2012年ロンドンパラリンピックに25歳で初出場した車いすテニス日本代表の眞田卓選手。本格的にパラリンピックを目指してから、約1年で、その切符を手にした逸材である。2014年にはインチョンアジアパラ
続きを読む

第686回 車いすテニス・眞田「現状打破」へ大きな賭け

 パワーショットを売り物にする車いすテニスプレーヤー眞田卓にとって利き腕の肩にメスを入れることは大きな賭けだった。「できれば手術は避けた方がいい」。そう耳打ちする者もいた。 成功率の高い手術とはいえ、
続きを読む
リオの風

第9回 添田豪(テニス)「プラス思考で試合を制す」

「リオの風」は、株式会社アライヴンとのタイアップコーナーです。来年のリオデジャネイロ五輪、パラリンピックや国際大会を目指すアスリートを毎回招き、アライヴンの大井康之代表との対談を行っています。各競技の
続きを読む
いよぎんレポート

男女とも国体出場 女子は波形プロと契約 〜伊予銀行テニス部〜

 7月18日と19日に実施された「紀の国わかやま国体」の四国ブロック予選で、愛媛県は成年男女とも1位で本戦出場を決めた。男子は伊予銀行の佐野絋一と飯野翔太がペアを組み、女子は同行の長谷川茉美と、済美高
続きを読む
この人と飲みたい

添田豪(プロテニスプレーヤー)<後編>「憧れのウィンブルドン」

二宮: 2杯目は、「那由多(なゆた)の刻(とき)」のロックでいきましょう。添田: あっ、ソーダ割りもおいしかったですけど、ロックも結構いけますね。普段、ロックはたくさん飲めませんが、これは飲みやすくて
続きを読む
この人と飲みたい

添田豪(プロテニスプレーヤー)<前編>「試合の合間はお酒でリフレッシュ」

二宮: 今回は全仏オープンを終え、一時帰国したタイミングで登場してもらいました。やはり、日本に帰ると和食が食べたくなりますか。添田: お寿司とラーメンが食べたくなりますね(笑)。特にラーメンは外国だと
続きを読む

第663回 「4時間待ち」も次に生きる経験

 一説によると人間の集中力は90分が限界らしい。4時間も待たされては、たまったものではない。 23日に行われたアジアパラ競技大会、車いすテニス男子シングルス決勝を制したのは世界ランキング1位の国枝慎吾
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第42回 頂点は見えた。あと一歩はいつ(錦織圭)

 グランドスラム(全豪、全仏、全英、全米)でのシングルス制覇は、日本テニス界にとって悲願である。 全米オープン準決勝で世界ランキング11位(大会前時点)の錦織圭が同1位で5年連続決勝進出を狙ったノバク
続きを読む

第656回 軽量級・錦織圭が挑む「ネットを挟んだボクシング」

 誰が最初に口にしたのか定かではないが、テニスをして「ネットを挟んだボクシング」とは言い得て妙だ。サンプラスはライバルのアガシとの対戦について「ヘビー級のボクシングのようだ」と語ったことがある。 ボク
続きを読む

第639回 20東京パラが「飯塚車いすテニス」から学ぶこと

 福岡県の飯塚市と言えば筑豊地方の中心である。明治から昭和にかけては“炭鉱のまち”として発展した。隣の田川市とともに五木寛之の名作「青春の門」の舞台としても知られる。 その飯塚市で18日まで「飯塚国際
続きを読む
二宮清純のゼンソク人間学

プロテニス・添田豪選手との対談後編を配信! 〜喘息情報サイト「Zensoku.jp」〜

 グラクソ・スミスクライン株式会社が運営する喘息情報ウェブサイト「Zensoku.jp」にて、当HP編集長・二宮清純がナビゲーターを務める対談シリーズ「二宮清純のゼンソク人間学」が好評配信中です。この
続きを読む
12