ページのトップへ

Tag archives for ボクシング - Page 2

FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 第1回「日本から本物のチャンピオンを」

 川島郭志といえば、“アンタッチャブル”の異名をとった1990年代の名ボクサーだ。卓越した攻守で世界王者に昇りつめ、WBC世界スーパーフライ級王座を6度防衛した。だが、その道のりは決して平坦ではなかっ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中村ジュニア(第6代修斗環太平洋ライト級王者/愛媛県宇和島市出身)最終回「今度は世界のベルトを」

 2015年1月25日、東京・後楽園ホール。環太平洋ライト級王座決定戦。中村ジュニアは39歳の宇野薫とベルトをかけて激突した。「宇野選手の試合はよく観ていました。逆転勝ちも多くて、試合を観ていると興奮
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第58回 情報開示といえば聞こえはいいが……(マニー・パッキャオ)

「世紀の一戦」として世界中の注目を集めたボクシングのWBA・WBC・WBO世界ウェルター級王座統一戦はWBA・WBC王者フロイド・メイウェザー(米国)がWBO王者マニー・パッキャオ(フィリピン)相手に
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中村ジュニア(第6代修斗環太平洋ライト級王者/愛媛県宇和島市出身)第3回「転機は連敗の屈辱」

「とにかく、プロになるまでは帰れないと思っていました。成人式も愛媛には戻らなかったんです」 マッハ道場に入門後、同級生がキャンパスライフを満喫している時期、中村ジュニアはただひたすら格闘技に打ちこんだ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中村ジュニア(第6代修斗環太平洋ライト級王者/愛媛県宇和島市出身)第2回「柔道、レスリングから格闘技へ」

 1990年代後半から2000年代前半にかけて、日本の格闘技は一大人気を集めていた。K-1やPRIDEの大会は地上波でも放送され、ファンを増やしていった。愛媛の片田舎で育った中村ジュニアも、そのひとり
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中村ジュニア(第6代修斗環太平洋ライト級王者/愛媛県宇和島市出身)第1回「失冠からの再スタート」

 初防衛戦はタイトルを奪うより難しい――。 格闘技の世界で昔から唱えられている王者にとっては“呪いの言葉”である。「勝たなくてはいけない」「ベルトを守らなければいけない」……目に見えないプレッシャーが
続きを読む
二宮清純のゼンソク人間学

ボクシング・八重樫東選手との対談後編を配信! 〜喘息情報サイト「Zensoku.jp」〜

 グラクソ・スミスクライン株式会社が運営する喘息情報ウェブサイト「Zensoku.jp」にて、当HP編集長・二宮清純がナビゲーターを務める対談シリーズ「二宮清純のゼンソク人間学」が好評配信中です。この
続きを読む
二宮清純の「ザバス取材記」

ボクシング・井上尚弥、10キロの減量を乗り越えて 〜明治SAVASサイト「二宮清純のザバス取材記」〜

 日常の食事・メンタル面を含めたスポーツ・ニュートリションの実践、勝てる選手・勝てるチームをサポートするきめ細やかな栄養指導など、多くのアスリートやスポーツに関わる人々を栄養の面からサポートし、大きな
続きを読む
二宮清純のゼンソク人間学

ボクシング・八重樫東選手との対談前編を配信! 〜喘息情報サイト「Zensoku.jp」〜

 グラクソ・スミスクライン株式会社が運営する喘息情報ウェブサイト「Zensoku.jp」にて、当HP編集長・二宮清純がナビゲーターを務める対談シリーズ「二宮清純のゼンソク人間学」が好評配信中です。この
続きを読む
FORZA SHIKOKU

石本康隆(プロボクサー/香川県高松市出身)最終回「I’m a tough boy」

 2012年2月、石本康隆(帝拳)は進退をかけて臨んだ大一番で敗れた。日本スーパーバンタム級のタイトル獲得失敗に終わり、石本は人目もはばからずに号泣した。年齢も31歳と決して若くはなく、引退も真剣に考
続きを読む
FORZA SHIKOKU

石本康隆(プロボクサー/香川県高松市出身)第3回「心の弱さが生んだ“スロースターター”」

 デビューから2連勝し、順風満帆に見えた石本康隆だったが、タイトル挑戦までは10年もの月日を費やした。所属する帝拳ジムでは、チャンピオンのみが専用のロッカーを所有できる。他のボクサーたちが次々と自らの
続きを読む