駒田徳広監督の下、2年目を迎えた今季の高知ファイティングドッグスは開幕前に元メジャーリーガーのマニー・ラミレスと契約するなど大きな話題を呼んだ。前期、7年ぶりの2位に入り、後期は×位。ソフトバンク杯で優勝したチームの牽引役を務めたのが新キャプテンの嘉数勇人だ。

 

 監督と若い選手の橋渡し役

 高知ファイティングドッグスに入団して3年目のシーズン、8年間も優勝から遠ざかるチームでどうしても勝ちたかった。そういう思いもあってキャプテンを引き受けました。僕は沖縄尚学高、愛知学院大と強いチームで野球をしてきました。だからやはり野球は「勝つ」ことが一番嬉しいんだ、と。だから高知でもそれを味わいたいと強く思っています。


 キャプテンとして一番に心がけているのは駒田徳広監督の言葉をかみ砕いて、若い選手に伝えることです。駒田監督はNPBでも名を残した方なので、野球に対する取り組み方などとても勉強になります。一番印象に残っているのは、「野球は相手があるもの。だから自分勝手なスイングやピッチングをしていてはダメなんだぞ。常に頭を使って、考えてプレーしろ」という教えです。チームとして常に考えたプレーをできるように、それを浸透させるのもキャプテンの務めだと思っています。

 

 自分自身のことでいえば9月に入って、ピッチングのスタイルを変えてみました。変えたというか元に戻したんですけど、低めに丁寧に投げることを意識してマウンドに上がっています。今シーズンは球速も上がって、パワーピッチでも結果が残せるようになりました。でも後期になると何度も対戦しているチームとあたることになります。そこで高めにボールがいったら長打になって大量失点につながります。だから原点に戻ろうと思ったんですが、9月6日の徳島インディゴソックスとの試合、7回2失点、無四球、長打もゼロとまずまず結果を残せています。この調子で球の速さとコントロールに磨きをかけていきたいと思っています。

 

 東浜巨の活躍に刺激

 高校に入ってから投手に転向したんですが、甲子園は1年のときにスタンドから見ただけです。大学時代は2011年の全日本大学野球選手権でベンチ入り。決勝で明治大と対戦して、途中、2死一塁の場面で中継ぎとして起用されました。そのときは1球でライトフライに打ち取ったんですが、次の回に打順が回って代打を出されて交代。たった1球なのであっという間に終わったな、という印象しか残っていません(笑)。

 

 卒業後は一般企業に就職、野球は一度辞めていました。野球熱が再燃したきっかけは高校の1学年下の東浜巨投手(福岡ソフトバンク)の活躍をニュースなどで見たことです。もう一度、野球をやってみようと千葉にある社会人クラブチームに入って2年半プレーして、それで高知には練習生として入団しました。独立リーグとはいっても上の選手のレベルは相当に高くて驚きましたが、選手間の差が大きく、これなら自分も通用するんじゃないかと思いました。

 

 高知に入るとこれまでとは練習環境などが変わりました。クラブチームと違って毎日練習やトレーニングができるので、体が大学時代に戻っていったんですね。それで球速も上がっていって、今季は145キロまで出ました。27歳なんですけど、生涯最速を更新したことで、まだまだいけるなと思っています。
 将来の目標は当然、NPB入りです。現実的には"目標のひとつ"ということになるんでしょうが、でも今は真剣にNPBを目指しています。目標とする選手は藤川球児投手(阪神)ですね。高知で1年間だけですが一緒にプレーをしました。

 

 そのときに「お客さんはプレーをしているところしか見てないからね。グラウンドしか見てないから」と言われたのを覚えています。努力するのは当たり前、プロは結果を残してこそ、ということなんでしょう。それと「内角を得意にしろ」ともアドバイスされました。藤川投手ほどのストレートがあっても内角を攻めないと、プロでは生き残れないんですね。

 

 長打を簡単に食らわないのと、スピードとコントロールのバランスがとれているのが自分の長所だと思っています。NPBスカウトの目にとまるように、これからも高い意識を持ってマウンドに上がりたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

 

<嘉数勇人(かかず・ゆうと)プロフィール>高知ファイティングドッグス投手
1990年3月7日、沖縄県生まれ。幼少期から野球に親しみ沖縄尚学高に進学後に投手に転向した。自身、甲子園出場は果たせなかったが卒業後、愛知学院大に進学。2011年、全日本大学野球選手権でベンチ入りメンバーに選ばれる。大学卒業後、一般企業に勤めながらクラブチームの千葉熱血MAKINGに入団。15年、練習生として高知ファイティングドッグスに入団。昨季まではセットアッパーを務め、今季から先発に転向した。今季の成績は18試合に先発し5勝5敗、防御率2.24、78奪三振(9月19日現在)。身長180センチ、体重85キロ。


◎バックナンバーはこちらから