ページのトップへ

二宮清純「スポーツのツボ」 - Page 2

二宮清純「スポーツのツボ」

第118回 パイオニアはやがてレジェンドへ(奥寺康彦)

 元日本代表でJ2横浜FC会長の奥寺康彦が、日本人として初めて「ブンデスリーガ・レジェンド」に選ばれた。リーグの発展に貢献したことが評価されたのだ。 アジアからは他に元韓国代表の車範根と元中国代表の邵
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第117回 世界王座奪取から始まる物語(村田諒太)

 日本的な表現を用いれば「刀折れ、矢尽きた」ということだろう。 8ラウンドのゴングが鳴る直前だった。チャンピオンのアッサン・エンダム(フランス)は立ち上がるや、やにわにグローブの紐をほどき始めた。 そ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第116回 鉄人のまま完全燃焼を目指す(中澤佑二)

 サッカーJ1、横浜F・マリノスの中澤佑二をして「Jリーグの鉄人」と呼んでも過言ではあるまい。 さる7月1日、大宮アルディージャ戦でリーグ戦140試合連続フルタイム出場を達成。この時点でフィールドプレ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第115回 ハリルジャパン「決闘」の行く末

 奇妙な記者会見だった。 ホームで豪州に2対0と完勝し、6大会連続となるワールドカップ(W杯)出場を決めたにもかかわらずバヒド・ハリルホジッチ監督の表情は強張っていた。「実は私には、プライベートで大き
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第114回 世界のトップで2度も戦えた幸せ(伊達公子)

 プロテニスプレーヤー伊達公子の2度目の引退記者会見の舞台は思い出の詰まった東京・有明コロシアムだった。 1996年4月28日、日本対ドイツのフェド杯ワールドグループ1の1回戦。世界ランキング7位(当
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第113回 デビュー45年、“関節技の鬼”健在

 悪性リンパ腫のため闘病中のプロレスラー垣原賢人がさる8月14日、東京・後楽園ホールで「復帰戦」と銘打ったエキシビションマッチを行った。 対戦相手はUWF時代の恩師・藤原喜明。68歳ながら、まだ現役を
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第111回 ボルト「サッカー転向」の見通し

 男子100メートルの世界記録保持者(9秒58)でオリンピックの同種目で3つの金メダル(08年北京、12年ロンドン、16年リオデジャネイロ)を持つウサイン・ボルト(ジャマイカ)が、現在開催中の世界選手
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第110回 年間王座も視野 琢磨、不惑の夢

「世界三大レースでの優勝はゴルフでいうならマスターズに勝つようなものだよ」 こう語ったのは日本人F1ドライバーのパイオニア中嶋悟である。 モータースポーツにおける「世界三大レース」とは、一般的にはモナ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第109回 間違っていなかった代表復帰(トンプソン・ルーク)

 2019年ラグビーW杯日本大会開幕まで、残り2年ちょっと。組み合わせも決まり、日本代表は強化に余念がない。 6月、日本代表(世界ランキング11位)は1次リーグで同じA組に入ったアイルランド代表(同3
続きを読む