ページのトップへ

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

江川の投じた最速の一球<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 本日から開幕した全国高校野球選手権大会。今年は100回目の記念すべき大会だ。高校球児たちの熱き戦いが感動を呼ぶ。今年はどんなヒーローが出てくるのか。高校野球の怪物と言えば、作新学院(栃木)の江川卓で
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

W杯「日韓共催」はアジア蔑視の産物だ<後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 日韓共催が決定してからというもの、日本=敗者、韓国=勝者といった安易な図式による報道が相次いでいるが、それは的を射ていない。筆者は韓国もまた敗者だったと考える。なぜかといえば、鄭夢準氏が目指していた
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

W杯「日韓共催」はアジア蔑視の産物だ<中編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 94年5月、鄭夢準氏はAFC総会で日本人候補を破り、FIFAの副会長という重職に就いたものの、アベランジェ会長と日本とのくさびを打ち込むことはできず、情況は「日本有利」のまま推移していく。ならば、と
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

W杯「日韓共催」はアジア蔑視の産物だ<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 ロシアW杯開催前日の13日、2026年に行われるサッカーW杯の開催地が決定した。開催地はW杯史上初となるアメリカ、メキシコ、カナダの3カ国共催である。W杯での共催は2002年の日韓開催が初めてだった
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

谷底からの出撃 手倉森誠

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 サッカーロシアW杯開幕まで約2週間――。4月に監督が交代し、コーチ陣も入れ替えがあった。ドタバタ劇の中、前監督時から代表チームをコーチとして支えているのが手倉森誠だ。今では彼が現代表の内情を一番知る
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

8年目の打撃開眼 内川聖一

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 内川聖一(福岡ソフトバンク)が5月9日、2000本安打を達成した。内川は大分工時代から評判の強打者だった。しかし、度重なる故障に悩まされレギュラー定着には至らず。才能が開花したのはプロ入り8年目だっ
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

[伝説の研究]アメリカ社会とホームラン

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 海を渡った大谷翔平(エンゼルス)が“本場”のメジャーリーグでも結果を残している。4月1日(日本時間)に投手として初勝利をあげ、2日後には打者として出場。本拠地デビュー戦で初ホームランを放った。勝利投
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

これでいいのか、日本の監督選び<後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

金子 スポーツは相手があることですし、上手くいかない場合もある。100パーセント絶対はありえないですからね。だけども、錯覚が力を生むこともやっぱりあるわけで。神秘性や演技力を駆使して選手とコミュニケー
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

これでいいのか、日本の監督選び<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 約2カ月後にサッカーロシアW杯が開幕する。日本代表は3月に本番で同組となるセネガル代表とポーランド代表の“仮想国”(マリ代表とウクライナ代表)と対戦し、1分け1敗に終わった。内容は散々なものだった。
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

天才・秋元正博が語る「ジャンプの極意」<後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

――調子のよさを判断する材料として、ジャンパーにしかわからない感覚ってありますか?秋元 これは僕だけかもしれませんが、調子のいい時はランディングバーン上の飛距離審査員の手が見えますね。でもそうなるまで
続きを読む