ページのトップへ

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

再生か崩壊か。 ~運命を握る、巨人リリーフ陣の問題点~<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 今季のプロ野球、球界の“盟主”巨人はリーグ4位に終わった。2006年以来のBクラス。球団史上初めてクライマックスシリーズに進めなかった。先発に菅野智之(17勝5敗)、マイルズ・マイコラス(14勝8敗
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

日本サッカーを変えた外国人監督の遺産

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 サッカー日本代表はここ数年、主にポゼッションサッカーで世界と戦ってきた。しかし、2015年から代表の指揮を執るヴァイッド・ハリルホジッチ監督はカウンターサッカーを標榜する。今年9月に行われた日本代表
続きを読む

死闘! 伊達公子がグラフを倒した952打<後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 この日、伊達はひとつの作戦を立ててゲームに臨んだ。グラフが得意とするフォアハンドを封じようというものである。伊達はいったんグラフのオープン・スペースにストロークを配し、バックハンドでしか対応できない
続きを読む

死闘! 伊達公子がグラフを倒した952打<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

<『そう遠くない日』と言っていた日がとうとう訪れました>。8月28日、46歳のプロテニスプレーヤー・伊達公子が自身のブログで引退を表明。現役最後の大会は9月11日に始まるJapan Women’s O
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

倒し屋の本懐 三浦隆司

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 2017年7月28日、WBC世界スーパーフェザー級のタイトルを4回防衛した三浦隆司選手が引退を表明した。7月15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州で行なわれたWBC世界スーパーフェザー級タイト
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

プロ野球を面白くする男たち 辻発彦

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 名手が名門を再建中だ。辻発彦新監督率いる埼玉西武ライオンズは前半戦を終えてパ・リーグ3位につけている。西武は3年連続でBクラス。昨年は12球団ワーストの101個の失策を記録した。辻は現役時代、不動の
続きを読む

行動を起こせば必ず何か生まれる 佐藤琢磨<後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

二宮清純: スーパーアグリの時代、ほとんどゼロからチームをつくって、22戦目のスペイングランプリで8位に入り、ポイントを取った。これはうれしかったでしょう。佐藤琢磨: チームにとっては優勝に匹敵する成
続きを読む

やる前に諦めることが一番嫌い 佐藤琢磨<前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

  インディ500――。日本では耳馴染みがないが、F1のモナコGP、スポーツカーレースのル・マン24時間とともに世界3大レースと呼ばれている。この中で最も古い歴史を持つのが1911年に第1回大会が開催
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

ONCE UPON A TIME ON TIGERS <後編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 江川とのライバル対決が話題になった54年のシーズン、掛布は48本塁打で初のホームランキングに輝く。小さな体で、どうすれば飛距離を延ばすことができるか――この長年のテーマに、その年、掛布は一つの解答を
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

ONCE UPON A TIME ON TIGERS <前編>

二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

 現在、セ・リーグの首位を走る阪神タイガース。好調の要因は糸井嘉男、福留孝介ら左の強打者がきっちりと結果を出しているからだ。阪神の左のスラッガーと言えば、掛布雅之を忘れてはならない。1985年、不動の
続きを読む