ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

二宮清純「唯我独論」

第788回 身長1メートル72オリックス山岡、球界常識覆す

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 第4回WBCで2大会ぶり3度目の優勝を狙う侍ジャパンの投手は総勢13名。最も身長が高いのは藤浪晋太郎(阪神)の197センチ。低いのは松井裕樹(東北楽天)の174センチ。13人の平均は182.9センチ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第787回 WBC躍進ユダヤ系選手と日本の深い縁

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 5戦目にして初黒星、オランダに2対12で大敗したものの、WBC極東ラウンドの前半戦を盛り上げたのは初出場ながら2次ラウンドに進出したイスラエルである。 ユダヤ民族のシンボルであるダビデの星をかたどっ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第786回 疲弊する自治体のオアシス「町道場」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 町道場と聞いて思い出すのは、北辰一刀流の開祖・千葉周作の「玄武館」である。門下から幕末のスターを多数輩出している。全盛期には3000人を超える弟子がいたという。 坂本龍馬も、そのひとりだ。龍馬の場合
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第785回 南ア戦の奇跡呼んだ20年前のルール交渉

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 FIFA技術部門責任者のマルコ・ファンバステンが披露したオフサイド廃止を含む複数の改革案が波紋を広げている。中にはPKルールの変更というものもある。現行のルールはゴールラインからペナルティースポット
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第784回 米球界をダメにする機構側の御都合主義

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 ホームランは“野球の華”である。ベーブ・ルースの存在なくしてメジャーリーグが、ここまで発展することはなかっただろう。それは王貞治と日本プロ野球の関係についても同じことが言える。 そのホームランの数が
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第783回 内川の強み 審判と違うストライクゾーン

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 福岡ソフトバンクの主砲・内川聖一は国際大会に強いイメージがある。そこで調べてみると、WBCでは2009年第2回大会と13年第3回大会に出場し通算3割4分1厘の高打率を残している。 鮮烈な印象を残した
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第782回 MLBオーナーに見る“暴君”の正しい姿

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 トランプ政権の閣僚として最初に来日したジェームズ・マティス国防長官のニックネームは“マッドドッグ”。すなわち“狂犬”である。昨年12月、次期大統領の身分のトランプが次期国防長官として、リングアナよろ
続きを読む

第781回 一心不乱の相撲道 時天空よ安らかに

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 早過ぎる死を前にして言葉もない。悪性リンパ腫のため、37歳で世を去った元小結・時天空の間垣親方を最後に見舞ったのは昨年3月だ。場所は都内の大学病院。長い闘病生活で「時間を持て余している」と言って人懐
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第780回 障がい者に被害起きない具体策を

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 ロンドンパラリンピック競泳(100メートル背泳ぎS11・全盲)金メダリストの秋山里奈さんは現役引退後、都内にある外資系の製薬会社に勤務している。通勤のための交通手段は電車だ。 使い慣れている駅なら問
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第779回 殿堂入り郷司さんが願った「東北に大旗」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 今なお高校野球史上最高の名勝負と呼ばれる1969年夏の甲子園決勝、松山商(愛媛)対三沢(青森)戦。再試合を含む2試合で球審を務めたのが、このほど野球殿堂入り(特別表彰)を果たした郷司裕さん(故人)で
続きを読む