ページのトップへ

挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

NPO法人STAND代表の伊藤数子さんと二宮清純が探る新たなスポーツの地平線にご期待ください。

挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

花咲圭祐(スタイル・エッジグループ執行役員)<後編>「すべての人に機会の創出を」

伊藤数子: 御社は初瀬さんとともに2017年9月に株式会社スタイル・エッジMEDICALを設立しました。花咲圭祐: スタイル・エッジMEDICALは、障害の有無に関わらず1人でも多くの人が健康に生きら
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

花咲圭祐(スタイル・エッジグループ執行役員)<前編>「人と人との繋ぎ役」

 株式会社スタイル・エッジは弁護士や医師などの士業・師業に特化したコンサルティング・マーケティング支援が主な事業だ。さらには障害者雇用に積極的に取り組んでおり、パラアスリートへの支援も行っている企業で
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

髙橋千善(寿商会代表取締役社長)<後編>「ちがいをちからに変える街へ」

伊藤数子: 今年5月に開催された渋谷パラ草の会の設立発起人会をきっかけに、会の活動が本格的にスタートしました。具体的な活動について教えてください。髙橋千善: パラスポーツを通じて障がいもひとつの個性と
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

髙橋千善(寿商会代表取締役社長)<前編>「渋谷パラ草の会とは」

 2年後に東京で開催されるパラリンピック。今年5月、パラスポーツを応援する草の根運動の会(渋谷)の設立発起人会が行われた。本格的にその活動をスタートさせた渋谷パラ草の会は、東京パラリンピックを盛り上げ
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

太田泰造(錦城護謨代表取締役社長)<後編>「変わることで社会がハッピーに」

伊藤数子: 「歩導くんガイドウェイ(屋内専用歩行誘導ソフトマット)」はたくさん受賞していらっしゃいますね。太田泰造: はい。海外のいろいろな賞をいただいています。世界三大デザイン賞のひとつと言われてい
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

太田泰造(錦城護謨代表取締役社長)<前編>「ユニバーサルデザインの誘導路」

 錦城護謨株式会社はユニバーサルデザインの屋内専用歩行誘導ソフトマット「HODOHKUN Guideway」(歩導くんガイドウェイ)を製造している企業だ。パラスポーツとの関わりも深く、競技団体や大会な
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

青木尚二(JTB執行役員)<後編>「ユニバーサル社会を広げたい」

伊藤数子: 平昌パラリンピックは現地に行かれたのですね?青木尚二: はい。ただ予想以上に観戦チケットを入手するのに苦労しました。競技会場に行ってみると、スタジアムは満員にはなっていない。想像するに様々
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

青木尚二(JTB執行役員)<前編>「ユニバーサルツーリズムの市場拡大を」

 株式会社JTBは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会との間で「東京2020大会オフィシャル旅行サービスパートナー」契約を結んでいる。年齢、性別、人種、障がいの有無などに関わらず、安心
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

荒井秀樹(パラ・ノルディックスキー)<後編>「パラスポーツを変える熱き思い」

伊藤数子: 荒井監督はとても行動力のある方で、新潟県の道の駅で鮎焼きを売っていた車椅子の若者に声をかけて、「スキーをやらないか」とスカウトしたこともあったそうですね。荒井秀樹: そんなこともありました
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

荒井秀樹(パラ・ノルディックスキー)<前編>「平昌で試される日本の技術力」

 平昌オリンピックに続いてパラリンピックが開幕する。ノルディックスキー日本代表の荒井秀樹監督は6大会連続のパラリンピックを迎える。荒井監督は障害者スキーの育成・強化の草分け的存在。スカウト活動を積極的
続きを読む