ページのトップへ

ライター - Page 186

松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第97回「年末戦」 〜第87回天皇杯準々決勝、川崎フロンターレ戦〜

 年の瀬も押し迫る12月23日(日)。第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝の愛媛FC対川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われた。(写真:オ〜レ君とたま媛ちゃんもスタンドから応援)
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第4回 「広山望という生き方」(後編)

 2004年3月の最後の土曜、僕はフランス人の友人であるマニュエルが運転するシトロエンのワゴンに乗っていた。行き先はモンペリエのBチームの試合会場。 道の左右には葉が全て落ちた木々が、青い空を突き刺す
続きを読む

第95回 三崎の蹴撃は反則なのか? 〜「やれんのか!大晦日!2007」考察〜

 秋山成勲をマットに沈めた三崎和雄の右の蹴りが反則だったのではないか、とFEGの谷川貞治氏が口にし、そのことがスポーツ紙でも報じられた。三崎が蹴った時点で、秋山は4点ポジションにあった……そこを蹴撃し
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第106回 2008年は「米スポーツ界・夜明けの年」となるか

 2007年は残念ながら米スポーツ界にとって素晴らしい年ではなかった。 MLBワールドシリーズ、NBAファイナルは共に盛り上がらぬままスイープ決着。NFLスーパーボウルも内容に乏しかった。最終決戦がど
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第17回 「坪井の体重移動を見ていたカカ」

 世界との差は大きいと痛感させられましたね。12月13日に行なわれたクラブW杯の準決勝、日本の浦和レッズはミラン(イタリア)と戦い、0−1で敗れました。結果こそ1点差でしたが、内容的には完敗です。日本
続きを読む

第36回 補強成功に不可欠なチームの“和”

 今オフもFAやトレードなど、各球団の補強合戦が繰り広げられました。なんといっても注目は、主力の外国人選手3人を獲得した巨人です。本命だった福留孝介選手はメジャーのマネーゲームに太刀打ちできずに断念せ
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第105回 薬物使用選手の実名公表は必要だったのか

 12月15日、MLBが激震に見舞われた。 元上院議員のジョージ・ミッチェル氏が責任者となってまとめられた禁止薬物調査「ミッチェル・レポート」がついに公開。その中で、約90名ものメジャーリーガーたちが
続きを読む
白戸太朗「スポーツ“TRY”アングル」

第75回 「光のさしたトライアスロン界」

 12月3日の朝、翌日から海外に行く事もあり、やること山積状態でパソコンに向かいMailチェック。と、驚くべきNewsが入っていた。「田山寛豪がワールドカップ優勝!?」 正直、読み間違いかと目を疑った
続きを読む