ページのトップへ

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第213回 井岡一翔が闘えなくなった理由

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:3階級制覇、世界戦14勝と記録を残してきた井岡) ついこの間まで、あんなに暑かったのに11月に入って一気に肌寒くなった。2017年も残り僅か。いよいよ格闘技シーズンの到来だ。そろそろ大晦日の
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第212回 「プロレスが死んだ日。」 ~『PRIDE1』ヒクソンvs.髙田戦から20年を経て~

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:ヒクソン<上>と髙田は『PRIDE」のリングで2度対戦)「この戦いを見終わったら、もう20世紀も、終わっていい」 1997年10月11日、東京ドームで開催された伝説の格闘技イベント『PRID
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第211回 闘病中の高山善廣にエールを!

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:「プロレス界の帝王」と呼ばれる高山。2006年には脳梗塞からのカムバックを果たしている) 高山善廣が、入院生活を続けていることは聞いていた。でも、回復の見込みがない深刻な状態に陥っているとは
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第210回 高き志、輝きとは何か? 井上尚弥と村田諒太

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:無敗のまま米国進出を果たした井上) 野球界やサッカー界と同じように、ボクシング界にもトップ・オブ・トップを目指すのであれば海外へ進出する時代がやって来ている。 1980年代、90年代まではプ
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第209回 ミックスルールで那須川と対決! 紀左衛門はアップセットを起こせるか?

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:那須川はRIZINに参戦し、MMA3連勝中だ) 日々、暑い。もう7月になっているのだ。早いもので今年も、もう半分を経過した。夏が終われば、秋、そして年末……そう、格闘技の季節が刻一刻と近づい
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第208回 「アスリート村田」ではなく「キラー村田」が見たい

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:相手を倒しきれず、プロ入り後初の敗戦を喫した村田) プロボクシングの判定を信用してはいけない。 なぜならば、そこに明確な基準が定められていないからである。 ラウンド支配(主導権)、有効打、手
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第207回 井上尚弥vs.井岡一翔……年末に実現を!

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:プロデビュー以降、無敗街道をひた走る井上)「世界タイトルマッチ」という言葉の重みが、いつの間にか失われてしまった。 1970年代から80年代、輪島功一、ガッツ石松、具志堅用高、渡辺二郎らの世
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第206回 “極真魂”黒澤浩樹の勇姿は、俺たちの心に熱く生き続ける

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:『PRIDE1』出場に向けてトレーニングする黒澤 Photo by 山口比佐夫)「何か狭く感じますねぇ。あの時は、もの凄く広い会場に思えたのに」「そうですね。黒澤さんが初めて(極真カラテ)の
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第205回 山中慎介、井上尚弥、井岡一翔 この3人が、もし闘わば……

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:山中はWBCの他、米リング・マガジン認定ベルトも持つ) いま、日本人のプロボクシング世界チャンピオンは、暫定王者(WBO世界ミニマム級)の福原辰弥(本田フィットネス)を含めて9人いる。 その
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第204回 新生K-1、さいたまスーパーアリーナ進出 ~大きな期待と一つの不安~

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

(写真:会見には武尊、卜部兄弟をはじめトップファイターが出席した (C)M-1 Sports Media) 新生K-1の闘いの舞台が、東京・代々木第2体育館から、さいたまスーパーアリーナへと移ること
続きを読む