ページのトップへ

Tag archives for アマ野球

FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第3回「魔物が棲む甲子園」

 リトルリーグやボーイズリーグ出身者などを除き、中学野球部の軟式球で育った者は高校野球で初めて硬式球に触れる。硬さ、重さの変化に伴う打球の飛距離やスピード。そういったボールの違いにうまく対応しなければ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第2回「父から子へ、受け継いだ野球魂」

 河野祐斗は小学校1年生から野球を始め、地元・徳島県鳴門市の林崎スポーツ少年団野球部に入った。しかし、実際はもっと以前から、野球というスポーツに出会っていた。「小さい時から父が野球をプレーしているのを
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第1回「勝つために攻める」

 全国各地の名門高校から優秀な選手が集結する東京六大学野球リーグは学生野球の華である。明治大学野球部は同リーグで優勝39回を誇り、プロ野球界にも多くの人材を送り出してきた屈指の名門だ。野球殿堂入りした
続きを読む
FORZA SHIKOKU

板東湧梧(JR東日本硬式野球部/徳島県鳴門市出身)最終回「負けない投手でプロへ」

 2014年4月よりJR東日本に入社した板東湧梧。甲子園を沸かせたエースとはいえ、18歳のルーキーが易々と社会人野球の名門で定位置を掴めるほど、この世界は甘くはなかった――。 板東は高3の夏、全国高等
続きを読む
FORZA SHIKOKU

板東湧梧(JR東日本硬式野球部/徳島県鳴門市出身)第3回「甲子園が育てたエース」

 高校2年の秋、板東湧梧は徳島県立鳴門高校のエースとなった。当時の鳴門高は新キャプテンの河野祐斗、キャッチャーの日下大輝など春夏の甲子園を経験した選手が残っており、打線における戦力ダウンは小さいと見ら
続きを読む
FORZA SHIKOKU

板東湧梧(JR東日本硬式野球部/徳島県鳴門市出身)第2回「近くて遠いマウンド」

 板東湧梧(JR東日本)は小学2年で野球を始めた。鳴門市大麻町にある板東小学校の板東野球スポーツ少年団に入った。きっかけは祖父が野球好きで、憧れていた従兄弟2人が野球をやっていたからだった。「6学年上
続きを読む
FORZA SHIKOKU

板東湧梧(JR東日本硬式野球部/徳島県鳴門市出身)第1回「総合力で勝負する次期エース」

「もちろん目指すところはプロです。ただ今年はケガなどで苦しんだ時期もあったので、この成績で行けるとも思っていません。まずはしっかり結果を残し、いずれはプロに行きたい」 社会人4年目の板東湧梧。その落ち
続きを読む
野球

大阪桐蔭、大勝で初戦突破 ~第89回選抜高校野球大会第6日~

3月25日(土)◇1回戦 根尾ら、注目の2年生が活躍宇部鴻城(山口) 0 = 000|000|000大阪桐蔭(大阪) 11 = 510|220|00X本塁打 (大)山田2ラン◇2回戦 エース・竹田、2
続きを読む