ページのトップへ

Tag archives for プロ野球

白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

柴原洋(元プロ野球選手)第32回「野球の神様に愛された男・井口資仁」

 千葉ロッテの井口資仁選手が今季限りの引退を表明しました。井口選手は現在、42歳で球界最年長です。彼の引退にあたって1997年、井口選手とともに福岡ダイエー(現ソフトバンク)に同期入団した柴原洋さんに
続きを読む
佐野慈紀「ピカイチ球論!」

第149回 交流戦、広島の奮闘にセ逆転のヒントあり

 今季の交流戦、パ・リーグが56勝51敗1分と勝ち越しました。これで8年連続して"パ高セ低"ですが、今季はセ、パでそう大きな差はなかったと感じました。 選手層の厚みの差 これまでセ、パの交流戦における
続きを読む
二宮清純のゼンソク人間学

元プロ野球選手の久保田智之さんの対談全編を配信 ~喘息情報サイト「Zensoku.jp」~

 グラクソ・スミスクライン株式会社が運営する喘息情報ウェブサイト「Zensoku.jp」にて、当HP編集長・二宮清純がナビゲーターを務める対談シリーズ「二宮清純のゼンソク人間学」が好評配信中です。この
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第801回 「野球と鉄道」ドラマ数知れず

 時刻表に想を得た鉄道ミステリーは推理小説の王道である。松本清張の代表作『点と線』に出てくる“4分間の見通し”は発車時刻と入線時刻のギャップを突いたものだ。時刻表トリックの最高傑作として知られる。「1
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第630回 打ちまくる近藤「4割」は夢か!?

 MLBにおいて最後に4割打者が誕生したのは1941年である。レッドソックスのテッド・ウィリアムズが4割6厘をマークした。日本では昭和16年にあたる。 では昭和16年と言えば、どういう年か。この年の1
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

田口竜二(元プロ野球選手、(株)白寿生科学研究所人材開拓課長)第31回「BCリーグ渡辺監督に見る、理想の指導者像」

 つい先日シーズンが始まったと思っていたら、あっと言う間に交流戦に突入しました。みなさんの応援しているチームの状況はいかがですか? 例年、パ・リーグの圧勝に終わることが多い交流戦ですが、今年はセ・リー
続きを読む
【特別企画】プロ野球真っ盛り~2017年ペナントレース展望~

「混セを勝ち抜く条件は?」<前編>

二宮清純: 広島は昨シーズン、25年ぶりの優勝を飾りました。連覇を果たせば79年、80年以来となります。まずは古巣のことをうかがいましょう。高橋慶彦: 交流戦に入っても首位にいるけど投手陣は厳しい印象
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第629回 元G・大田は吉岡の再来か!?

 巨人時代、通算8シーズンで、わずか9本のホームランしか記録していなかった男が、北海道日本ハムに移籍した今季は、6月5日時点で早くも6本である。スポーツ紙には「開花」や「覚醒」といった見出しが躍る。言
続きを読む