ページのトップへ

Tag archives for ボクシング - Page 12

井岡、初防衛! 高山はTKOでV2 〜ボクシングW世界戦〜

 27日、ボクシングのダブル世界タイトルマッチがエディオン大阪アリーナで行われ、WBA世界フライ級は王者の井岡一翔(井岡)が同級10位のロベルト・ドミンゴ・ソーサ(アルゼンチン)を3−0の判定で下し、
続きを読む
格闘技

山中、V9達成! 〜ボクシング世界戦〜

 22日、ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが東京・大田区総合体育館で行われ、王者の山中慎介(帝拳)が挑戦者の同級2位アンセルモ・モレノ(パナマ)に2−1の判定勝ちを収めた。山中は9連続防
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第300回 “メイウェザー以降”の支配者は誰か  〜次代を担う4大スター候補たち〜

――時代の終焉――。9月12日のアンドレ・ベルト戦で判定勝ちを収めたフロイド・メイウェザーは、試合後に改めて現役引退を発表した。ボクサーの引退発表ほど信用できないものはなく、メイウェザーも来春にも復帰
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第187回 “10・16シカゴ決戦”河野公平vs.亀田興毅、勝つのはどっちだ!?

 猛暑も、ようやく収まり9月を迎えた。涼しさが感じられる今日この頃だが、ボクシング界は、これから年末に向けて熱さを増し続けていく。 今月は、日本人絡みの4つのタイトルマッチが行なわれる。(写真:亀田戦
続きを読む
FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 最終回「叩き上げのチャンピオンを育てたい」

二宮: 現役引退後、ジムを立ち上げました。ジム開設から何年になりますか。川島: 15年です。会員は150人くらいで、そのうち、プロのライセンスを持っているのは15名ほどです。 エリートには頼らない二宮
続きを読む
FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 第4回「無敵だったリカルド・ロペス」

二宮: 17戦目でホセ・ルイス・ブエノ(メキシコ)に挑戦して、WBC世界スーパーフライ級王座を獲得します。ようやく夢が叶ったという喜びは大きかったのでは?川島: なんか現実味がなかったですね。チャンピ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 第3回「エリートではなく“雑草”」

二宮: プロデビューから3連続KO勝利を収めましたが、フライ級の東日本新人王決定戦でピューマ渡久地さんにKO負けを喫してしまいます。最初につまずいたのはショックだったのでは?川島: そうですね。田舎か
続きを読む
FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 第2回「父からの英才教育」

二宮: 川島さんはお父さんの影響で小さい頃からボクシングを始めました。お父さんのボクシング経験は?川島: 本人はやっていないんです。オヤジは理容師で、その勉強で東京にいた時にボクサーと知り合ったそうで
続きを読む
FORZA SHIKOKU

川島郭志(ボクシングWBC世界スーパーフライ級元王者/徳島県海陽町出身)×二宮清純 第1回「日本から本物のチャンピオンを」

 川島郭志といえば、“アンタッチャブル”の異名をとった1990年代の名ボクサーだ。卓越した攻守で世界王者に昇りつめ、WBC世界スーパーフライ級王座を6度防衛した。だが、その道のりは決して平坦ではなかっ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

中村ジュニア(第6代修斗環太平洋ライト級王者/愛媛県宇和島市出身)最終回「今度は世界のベルトを」

 2015年1月25日、東京・後楽園ホール。環太平洋ライト級王座決定戦。中村ジュニアは39歳の宇野薫とベルトをかけて激突した。「宇野選手の試合はよく観ていました。逆転勝ちも多くて、試合を観ていると興奮
続きを読む