ページのトップへ

Tag archives for メジャーリーグ

杉浦大介「NY摩天楼通信」

第382回 大型補強のヤンキース、新時代に入るか 田中将大にも2年ぶりPOの絶好機到来

(写真:今季は苦しんだ田中だが、優勝がかかった後半戦で活躍すればここまでの不振は忘れられる Photo By Gemini Keez)「リリーフ陣に厚みができているのは実感できます。(トレードで)2
続きを読む
MLBニュース

息詰まる熱戦、ア・リーグ5連勝 ~MLBオールスター~

 メジャーリーグの第88回オールスターゲームが11日(日本時間12日)、マイアミのマーリンズ・パークで行われた。試合は5回表にアメリカンリーグが1点を先制すると、6回裏にヤディア・モリーナ(カーディナ
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第335回 ニューヨークはメッツの街になるのか ~鍵を握るのはメジャー最高級の先発投手陣~

(写真:100マイル以上の豪速球を持つ怪童シンダーガードは今季サイ・ヤング賞候補にも挙げられる Photo By Gemini Keez)「今のニューヨークはメッツの街なんだ」 いつも勝気なノア・シ
続きを読む
MLBニュース

昨季王者・カブス、開幕黒星スタート ヤンキース田中は敗戦投手

 日本時間3日、メジャーリーグが開幕し、ナショナルリーグ2試合、アメリカンリーグ1試合が行われた。昨シーズン、108年ぶりにワールドシリーズを制したシカゴ・カブスは敵地でセントルイス・カージナルスに3
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第784回 米球界をダメにする機構側の御都合主義

 ホームランは“野球の華”である。ベーブ・ルースの存在なくしてメジャーリーグが、ここまで発展することはなかっただろう。それは王貞治と日本プロ野球の関係についても同じことが言える。 そのホームランの数が
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第782回 MLBオーナーに見る“暴君”の正しい姿

 トランプ政権の閣僚として最初に来日したジェームズ・マティス国防長官のニックネームは“マッドドッグ”。すなわち“狂犬”である。昨年12月、次期大統領の身分のトランプが次期国防長官として、リングアナよろ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第773回 米への怨嗟と憧憬が生んだフラミンゴ

 王貞治の“一本足打法”の生みの親である荒川博が、去る4日、86歳で他界した。荒川と言えば球界きっての博覧強記、武道や歌舞伎にも通じていた。バッティングに話が及ぶと立て板に水だった。 実家は東京・浅草
続きを読む
告知

杉浦大介 最新刊『イチローがいた幸せ』発売中!

 当HP人気コラム「NY摩天楼通信」執筆者の杉浦大介氏が、『イチローがいた幸せ』を出版しました。今季メジャー通算3000安打を達成したイチローは、なぜメジャーで成功できたのか。42歳になったいまも第一
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第766回 日本S広島のカギはジョンソンの”男気起用”

 ポストシーズンゲームともなれば、スターターの中3日は珍しくない。しかし、先発して110球を投げた後、中1日でリリーフのマウンドに立ち、中2日おいて、また先発というハードワークには驚いた。ドジャースの
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第762回 落合GMのGはゴーストのGなのか?

 マイケル・ルイスが著した「マネー・ボール」の主人公として知られるオークランド・アスレチックスの元GMビリー・ビーン(現上級副社長)は試合を一切、観ないことで知られている。 理由は簡単。<自軍のプレー
続きを読む