ページのトップへ

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

JFAに求められる準備力と交渉力

 ベストメンバーを組めなかったことは何を意味するのか。 現地時間6月14日から開幕するコパ・アメリカに、日本は東京五輪世代を中心にしたメンバーで臨むことになった。当初からの方針ではない。日本協会も、A
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

好調・FC東京牽引する永井謙祐の“しつこさ”

 FC東京が首位を走っている。 J1第11節終了時点で8勝3分け負けなし。長谷川健太監督が率いて2年目、“戦闘能力”の高い集団になった。インテンシティー(プレー強度)が高く、ボールを奪えばスピーディー
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

遠藤保仁はなぜケガを寄せつけないのか

 遠藤保仁は今年1月で39歳になった。 今シーズンも彼は、ガンバ大阪の「頭脳」として変わらずピッチに立ち続けている。トップ下を担った3月30日のホーム、ヴィッセル神戸戦。壮絶な打ち合いの末に黒星を喫し
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

森保ジャパン3月の陣。今後の指針を示す2連戦

 森保ジャパンに休息はない。アジアカップを終えたら、6月にブラジルで開幕するコパ・アメリカ(南米選手権)が次に待っている。 コパ・アメリカはCONMEBOL(南米サッカー連盟)主催の大陸選手権で、19
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

海外組全員集合の時代じゃない

 日本代表の試合だよ、全員集合! いや、もはや海外組の主力をすべて呼び戻す時代じゃないのかもしれない。 1月、UAEで開催されたアジアカップで決勝までの7試合を戦った森保ジャパンは3月22日にロシアワ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

若手育成に活かしてこその外国籍枠拡大

 外国籍枠拡大に伴い、Jリーグは新時代に突入する。 J1は22日に開幕を迎える。オープニングマッチは元スペイン代表のストライカー、ダビド・ビジャまで獲得したヴィッセル神戸がアウェーでセレッソ大阪と対戦
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

アジアカップは7試合戦えたことが収穫

 アジアカップにおける評価基準は「優勝したかどうか」だと考える。つまり優勝しか成功と言えないのが、アジアサッカーをリードする日本代表の宿命である。今回のUAE大会、日本は決勝でカタール代表に1-3で敗
続きを読む