ページのトップへ

Tag archives for 大学野球

FORZA SHIKOKU

西丸泰史(國學院大学硬式野球部/香川県木田郡三木町出身)最終回「堅忍不抜の強打者」

 高校3年生になった2014年。四国屈指の高校生野手となっていた西丸泰史にとって、重要な進路選択の時期が迫っていた。「最初は大学に行く気はあまりなかったんです。関西の社会人野球チームに行くつもりでした
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西丸泰史(國學院大学硬式野球部/香川県木田郡三木町出身)第4回「自立心を培った3年間」

 2012年4月、西丸泰史は地元・香川県の尽誠学園高に進学した。同校の硬式野球部は甲子園の常連であり、全国でも有数の強豪校として知られる。野球留学も盛んで、毎年各地から有力選手が集うが、西丸の才能はそ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西丸泰史(國學院大学硬式野球部/香川県木田郡三木町出身)第3回「開花した“野球力”」

 2009年、西丸泰史が進学した三木町立三木中学校は、部活動が非常に盛んである。野球部もその例に漏れず、県大会や四国大会でも上位に食い込むような強豪校だ。父・謙二は「県内の公立中学校の中でもトップクラ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西丸泰史(國學院大学硬式野球部/香川県木田郡三木町出身)第2回「“運動感覚”を磨いた学童期」

「運動神経はいいものがある。息子が小さい時からそう思っていました」 西丸泰史の父・謙二の言葉である。自身が元高校球児だったこともあり、息子の持つアスリートとしての資質を一早く見抜いていたが、特に野球を
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西丸泰史(國學院大学硬式野球部/香川県木田郡三木町出身)第1回「戦国東都が誇る、香川のバットマン」

 横浜市青葉区にある國學院大学硬式野球部グラウンドを訪れたのは、春の陽気に恵まれた3月半ば。東都大学野球リーグの開幕まであと1カ月と迫った時期であった。そこには来るべき勝負の季節に備え、真剣な眼差しで
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第4回「いざ鳴門の星とならん」

 2014年4月、河野祐斗は鳴門高校から東京六大学野球リーグに所属する明治大学に進学した。入学に至る経緯を鳴門高野球部・森脇稔監督が説明する。「ちょうどその時は明大がショート、内野手を求めていたんです
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第3回「魔物が棲む甲子園」

 リトルリーグやボーイズリーグ出身者などを除き、中学野球部の軟式球で育った者は高校野球で初めて硬式球に触れる。硬さ、重さの変化に伴う打球の飛距離やスピード。そういったボールの違いにうまく対応しなければ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第2回「父から子へ、受け継いだ野球魂」

 河野祐斗は小学校1年生から野球を始め、地元・徳島県鳴門市の林崎スポーツ少年団野球部に入った。しかし、実際はもっと以前から、野球というスポーツに出会っていた。「小さい時から父が野球をプレーしているのを
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河野祐斗(明治大学野球部/徳島県鳴門市出身)第1回「勝つために攻める」

 全国各地の名門高校から優秀な選手が集結する東京六大学野球リーグは学生野球の華である。明治大学野球部は同リーグで優勝39回を誇り、プロ野球界にも多くの人材を送り出してきた屈指の名門だ。野球殿堂入りした
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

山本文博(星槎道都大野球部監督・明治神宮野球大会準優勝)第42回「道産子編成で全国制覇を」

 毎年11月に行われる明治神宮野球大会で、北海道二連盟代表の星槎道都大が準優勝を飾りました。社会人野球や高校野球の全国大会で北海道のチームが優勝したことはありますが、大学はまだ全国制覇がありません。同
続きを読む