ページのトップへ

Tag archives for 大学野球 - Page 3

FORZA SHIKOKU

上田晃平(中央大学硬式野球部/愛媛県南宇和郡愛南町出身)最終回「まだ見ぬ頂点へ。最後にかける思い」

「それじゃダメだ」 高校3年の春、上田晃平にそう声をかけたのは東映、巨人で投手として活躍した高橋善正だ。当時、高橋は母校の中央大学野球部の監督を務めていた。知人から「愛媛にいいピッチャーがいる」と聞い
続きを読む
FORZA SHIKOKU

上田晃平(中央大学硬式野球部/愛媛県南宇和郡愛南町出身)第4回「仲間思いの“お山の大将”」

「人なつっこい子だなぁ」 上田晃平が高校3年となった春、南宇和高校に新米教師として赴任し、野球部部長に就任した近藤輝幸(現・新居浜東高野球部監督)は、上田の第一印象をこう語った。「野球の能力が高いこと
続きを読む
FORZA SHIKOKU

上田晃平(中央大学硬式野球部/愛媛県南宇和郡愛南町出身)第3回「地元から目指した甲子園」

 宇和島東、今治西……愛媛県の強豪、甲子園の常連でもある高校から中学3年時、上田晃平は誘いを受けていた。父・秀利によれば、当時通っていた硬式野球のチームにはPL学園や大阪桐蔭といった名だたる名門からの
続きを読む
FORZA SHIKOKU

上田晃平(中央大学硬式野球部/愛媛県南宇和郡愛南町出身)第2回「生まれ持った“野球好き”」

「正直、いつから野球をやっているのか、何がきっかけだったのか、覚えていないんです」 上田晃平は自らの野球人生のスタートをほとんど記憶していない。ものごころついた時には、既に野球少年になっていたのだとい
続きを読む
FORZA SHIKOKU

上田晃平(中央大学硬式野球部/愛媛県南宇和郡愛南町出身)第1回「“個”から“チーム”へ」

「今、自分が抜けるわけにはいかない……」 今夏、上田晃平は苦しんでいた。3年となった今年、春は先発の一角を担い、リーグ戦で5試合に登板して2勝1敗、防御率2.67。同級生の島袋洋奨とともにチームを牽引
続きを読む
FORZA SHIKOKU

木下拓哉(法政大学野球部/高知県高知市出身)最終回「目指すはアマ・ナンバーワンのキャッチャー」

「この人はすごい……」 2010年に法政大学野球部へ入部した木下拓哉は、入寮直後、法大と社会人チームのオープン戦を見学していた。木下は試合に出場していた先輩キャッチャーに衝撃を受けた。当時4年生だった
続きを読む
FORZA SHIKOKU

木下拓哉(法政大学野球部/高知県高知市出身)第3回「備えていた“野球を見る眼”」

「木下は野球を見る眼がすごく優れていたんです」 島田達二は木下拓哉をキャッチャーに指名した理由をこう明かした。だが、なぜ木下をキャッチャーにコンバートする必要があったのか。当時の高知高では、2年生と木
続きを読む
FORZA SHIKOKU

木下拓哉(法政大学野球部/高知県高知市出身)第2回「野球人生を変えた野手への転向」

 小学校に入る前、木下拓哉がいつも目にする光景があった。4つ年上で地元の少年団で野球をしていた兄と父親がキャッチボールしている姿だ。「僕もやりたいなぁ」。木下はそんな思いを募らせていた。すると、入学し
続きを読む
FORZA SHIKOKU

木下拓哉(法政大学野球部/高知県高知市出身)第1回「名門を勝利に導く扇の要」

 法政大学野球部は東京六大学野球リーグでは最多の44回、大学日本選手権8回、明治神宮野球大会3回の優勝を誇る。そんな大学球界屈指の名門の正キャッチャーを務めるのが木下拓哉(4年)だ。昨年の六大学野球秋
続きを読む
FORZA SHIKOKU

石橋良太(拓殖大学野球部/明徳義塾高校出身)最終回「投手転向への道のり」

「石橋、ちょっと投げてみろ」 高校2年の夏、高知県予選を前にしたある日のことだ。その日は雨が降っていたため、雨天練習場で練習をしていた。すると、馬淵史郎監督が石橋良太を呼び寄せた。石橋にはなぜ呼ばれた
続きを読む