ページのトップへ

Tag archives for 車いすバスケットボール

挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

根木慎志(パラスポーツ)第4回「力を合わせてなくす”障がい”」

伊藤: 体験会や講演ではどのようなお話をされているのでしょうか?根木: 子どもたちには車椅子バスケットボールをプレーする姿を見せた後、いつも最後に「僕に"障がい"があるかないか」という話をします。「"
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第67回 障がいは、「人」にあるのではなく「社会」にある。

 大型連休を間近に控えた4月20日、車いすバスケットボールの交流イベントが東京都内の小学校で行われました。 2020年の東京パラリンピック開催が決まって以来、車いすバスケットボールだけでなく多くのパラ
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

根木慎志(パラスポーツ)第3回「全国に広げたいパラスポーツ体験会」

伊藤: 根木さんはパラスポーツの体験型授業を行う「あすチャレ!スクール」で講師を務めています。現役時代から体験会などを通じて、普及に尽力されてきました。根木: 僕は20歳の時に車椅子バスケットボールを
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

根木慎志(パラスポーツ)第2回「パラサポとの連携で拓く競技団体の未来」

二宮: 昨年5月に設立した日本財団パラリンピックサポートセンターは、現在のところ2021年度までの時限的な組織だとお伺いしました。このまま閉じてしまうのではなく、新たな受け皿を作るなど継続できればいい
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

根木慎志(パラスポーツ)第1回「新たなプラットホームづくり」

 車椅子バスケットボール元日本代表の根木慎志は、2000年シドニーパラリンピックに出場し、主将としてチームを牽引した。現役時代から根木は普及活動に携わるなど、25年も前からパラスポーツの普及や理解促進
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

及川晋平(車いすバスケ日本代表ヘッドコーチ)第4回「2020年に向けた一体感」

 チームの価値を測る上で、重要なローポインター二宮: 車椅子バスケットボールの試合を見ていると、バスケであると同時に、格闘技でもあるという印象を受けます。ものすごく激しいコンタクトがある。ヒヤッとした
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

及川晋平(車いすバスケ日本代表ヘッドコーチ)第3回「ヘッドコーチは”引き出し”で勝負」

二宮: 及川さんが車椅子バスケットボールを始めた時に比べると、現在の競技レベルはどうなのでしょうか?及川: 選手たちにはいつも言っているんですが、「君たちに求めていることで、僕ができることは一切ない」
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

及川晋平(車いすバスケ日本代表ヘッドコーチ)第1回「リオ行きを懸けた負けられない戦い」

 1年後に迫ったリオデジャネイロパラリンピック。車椅子バスケットボール男子日本代表は、第2回大会からの11大会連続出場を目指す。今年10月には千葉で「三菱電機2015IWBFアジアオセアニアチャンピオ
続きを読む