ページのトップへ

Tag archives for 金子達仁

金子達仁「春夏シュート」

好調名古屋支える“5割増し”レフティー前田

 以前、プロ野球OBの方にうかがって印象に残っている言葉がある。 サウスポーは5キロ増し。 左ピッチャーの投げる直球は、右投げの投手が投げるものよりも時速5キロほど速く感じられるのだという。つまり、サ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

ギラつき皆無のU−21 立場が理解できているのか

 アジア大会初戦のネパール戦は、少し気分が沈んでしまうような試合だった。 今回のアジア大会がこのチームにとって最大にして最終的な目標だというのであれば、こういう戦い方でもいい。万が一にも取りこぼしは許
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

年々悪化する酷暑 アスリート守るルール作りを

 スペインにいたころ「勝てば選手のおかげ。負ければわたしの責任。それが監督という仕事だ」という言葉を聞いたことがある。監督=権力者という思い込みがあったわたしにとっては、衝撃的な言葉だった。 もちろん
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

GK育成にはストライカー育成不可欠

 いまから22年前の欧州選手権。スペインとの対決を控えた地元イングランドのタブロイド紙がこんなブラックジョークを1面に掲げていた。「スペインでは美人のことを何というか知っているか? 外国人って言うんだ
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

宴がおわり……逆襲なるか セリエAとG大阪

 W杯が終わり10日がたった。宴の余韻に浸るまもなく、世界各国では新たなシーズンへ向けての動きが激化している。 中でも目を引くのはイタリアの動きである。ここ数年、ポストシーズンの話題はプレミアの上位陣
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「継続か転換か」一人の男が生んだ世界の潮流

 さあ、宴(うたげ)の始まりである。 率直にいって、現代のW杯は依然世界最大の大会ではあるものの、最高の大会ではもはやない。最高の技術、最高の戦術、最高の試合を見たいのであれば、W杯よりも欧州CLの方
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

もし日本の選手が相手にケガをさせたら

 妻が憤慨している。「あれ、ひどいわよね」 確かにひどい。というか、大事に至らなくて本当によかった。 人間、覚悟や用意をした上での衝撃であれば、かなりのレベルまで耐えられるそうだが、無防備な状態となる
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

イニエスタ神戸入りならジーコ以来の衝撃

 ぶったまげた。イニエスタ? 年俸30億円超? もし本当ならば、ジーコが住友金属(現鹿島)に入団したとき以来の衝撃である。いや、あのときのジーコが一度現役を退いていたことを考えれば、今回の方がインパク
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

最終メンバー発表 劇的かつ意外性の予感

 元日本代表監督のトルシエが仏メディアの取材に対し、ハリルホジッチ監督が日本でやろうとしたことは、バルサの選手に「守備をしろ、デュエルで勝てる集団をつくれと言っているようなもの」と答えたそうだ。 なる
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“彼”が入るならば、西野JAPANは面白い

 細かいことを言えば、順番が逆だったかなという気はする。 時間を必要とするチームづくりをしてきたが、どうも結果が出ない。ならば即効性、即興性に秀でたタイプの監督にすげ替える、というのならばわかる。たと
続きを読む