ページのトップへ

Tag archives for Jリーグ

金子達仁「春夏シュート」

気合が違う今週末の2つのダービー

 先週の本欄でJ1下位グループの大混戦を「降格争い」と書いたら、校閲のチェックが入った。「争っているのは降格ではなく残留なので、残留争いと表現するのが正しいのでは?」 参りました。というか、これは恥ず
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

勝利に持っていける存在感を。東口が追う理想

 最後の最後まで集中を切らさない東口順昭がいた。 残留争いの真っただ中にあるガンバ大阪は9月29日、ホームに首位のサンフレッチェ広島を迎えた。日本代表の守護神は、鬼神のごとくゴール前に立ちはだかった。
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第259回 「トーク」 ~愛媛FCサポーターによるファンミーティング~

(写真:イベント開催にあたり、鮮やかな告知チラシを作成していただいた)「愛媛FCがあって良かった!」 9月2日(日)、愛媛ゴール裏netと愛媛FCサポート連絡会、そして私達ラランジャ トルシーダが主
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

名門だらけのJ残留争い 大いに愉しもう

 広島か、川崎Fか。J1の優勝争いはいよいよ佳境に入ってきたが、それ以上に目が離せないというか、えらいこっちゃな状況になっているのが残留争いである。 最下位を“独走”しかけていた長崎が、ここにきて番狂
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第200回 代理人としての評価 ~稲川朝弘Vol.9~

 1997年のシーズン前、稲川朝弘はブラジル人ミッドフィールダーのリカルジーニョを名古屋グランパスのキャンプが行われているオーストラリアに送った。 この頃から稲川は、Jリーグ各クラブの強化担当者との繋
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

イニエスタに学ぶ「賢く走る」

「賢く走る」とは何か。 アンドレス・イニエスタを見ていると、それがよくわかる。 決して走っていないわけではなく、かと言って終盤になってもヘトヘトという感じはまったく受けない。動きにメリハリがあり、最後
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

好調名古屋支える“5割増し”レフティー前田

 以前、プロ野球OBの方にうかがって印象に残っている言葉がある。 サウスポーは5キロ増し。 左ピッチャーの投げる直球は、右投げの投手が投げるものよりも時速5キロほど速く感じられるのだという。つまり、サ
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第139回 カタログショッピングでは通用しない

 W杯が終わり、Jリーグが再開して、約1カ月が経過しました。注目はヴィッセル神戸に加入したMFアンドレス・イニエスタ選手でしょう。早くも神戸にとって欠かせない存在となっていますね。 イニエスタがスタメ
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第136回 サッカー少年の夢がやってきた(アンドレス・イニエスタ)

 足を手のように自由自在に操れたら、どれだけ楽しいだろう。サッカーを始めた少年なら、誰もが思うことだ。 だが、これから紹介するアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)は、手でもここまではできないと思え
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

やっぱり凄い“神戸のイニエスタ”

 イニエスタの凄さに驚かされている……と書くと、「何をいまさら!」と憤慨される方がいるかもしれない。凄い実績。凄い年俸。凄くて当たり前ではないか、と。 いや、そう言われてしまえばまさにその通り。という
続きを読む