タイアップコーナー

この人と飲みたい 添田豪
ゼンソク人間学 高山善廣
リオの風 松平健太
明日へのテクノロジー
一流のミカタ
障害者スポーツはすばらしい!挑戦者たち
二宮清純のスポーツ・ラボ
ザバス 株式会社 明治

おすすめ

新規スタッフ募集
Sportsプレミア
ニノスポ
ニノスポ
二宮清純のスポーツインサイドアウト

コラム・トピックス
検索
| RSS |
投稿日時: 2015-02-06 17:00:00

 2月4日、マディソン・スクウェア・ガーデン(MSG)で次期防衛戦の発表会見に臨んだWBA、IBF、WBO世界ヘビー級王者ウラディミール・クリチコ(ウクライナ)は、周囲の誰もが驚くほどに上機嫌だった。壇上では常に笑顔を浮かべ、ついにはフランク・シナトラの有名曲「ニューヨーク・ニューヨーク」の歌詞まで口をついて出たほど。
「“ニューヨークでやれるなら、どこでもやっていける”。この場所で再び戦うことができてとても幸せだ」 
(写真:いつも冷静なクリチコだが、ジェニングス戦での会見時は極めて饒舌だった Photo By Kotaro Ohashi)


投稿日時: 2015-01-23 21:00:00

 アメリカでは近年、ケーブルテレビ限定のコンテンツとなっていたボクシングが、地上波に戻ってくる。1月14日、ニューヨークのNBCオフィスビルにおいて、新テレビシリーズ「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」の開始が発表された。
(写真:新ヘビー級王者ワイルダー(右)は新シリーズの目玉となるか Photo by Kotaro Ohashi)


投稿日時: 2015-01-09 19:31:32

 昨今のニューヨーク・スポーツ界が“暗黒の時代”を迎えているのは否定できない事実なのだろう。
 MLBのヤンキース、メッツはともに過去2年連続でプレーオフを逃し(メッツは8年連続)、NFLのジャイアンツ、ジェッツも今季の成績はどちらも負け越しで終わった。シーズン中盤を迎えたNBAでもニックス、ネッツが勝率5割以下で低迷し、プレーオフ上位進出はあり得そうもない。
(写真:復帰するハービーの右肩に、ウィルポン・オーナー、メッツファンの期待は注がれる Photo By Gemini Keez)


投稿日時: 2014-12-19 23:00:00

 2014年は歴史に残るようなビッグファイトは行なわれず、ボクシング界全体がやや盛り上がりに欠けた感は否めなかった。現役最強を欲しいままにするフロイド・メイウェザーも、マルコス・マイダナとの2度の対戦では衰えを隠し切れなかった。ただ、そんな1年の中でも、特筆すべき実績を残した王者、知名度を一気にアップさせたライジングスターは存在する。
(写真:ライトヘビー級のデストロイヤー、コバレフは全階級でも有数の実力者と目されるようになった)


投稿日時: 2014-12-05 23:00:00

「大半の読者はほとんどブルックリン・ネッツに興味がない。ネッツには好選手はいるけど、一般の関心を呼べるスターがいない。唯一面白いのはケビン・ガーネットくらいだが、最近はあまりメディアと話さないからね」
 NBAの2014-15シーズンが始まって約1カ月の11月下旬のこと――。ネッツの報道を減らす方向だというある大手メディアの記者が、筆者にそう語ってくれた。その彼は、同じニューヨーク市内でも比べものにならないほどに話題豊富なニックスの番記者に転向するという。
(写真:チームの顔役が期待されたデロン・ウィリアムスもかつての輝きを失ったままだ Photo By Gemini Keez)


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 40 »
新着コラム
最新トピックス
(C) Sports Communications.All Rights Reserved.