タイアップコーナー

この人と飲みたい 添田豪
ゼンソク人間学 高山善廣
リオの風 山根恵里奈
明日へのテクノロジー
一流のミカタ
障害者スポーツはすばらしい!挑戦者たち
二宮清純のスポーツ・ラボ
ザバス 株式会社 明治

おすすめ

新規スタッフ募集
Sportsプレミア
ニノスポ
ニノスポ
二宮清純のスポーツインサイドアウト

コラム・トピックス
検索
| RSS |
投稿日時: 2015-06-15 21:30:00

 15日、日本陸上競技連盟は26日から新潟で開催される「第99回日本陸上競技選手権」において、男子ハンマー投げにエントリーしていた2004年アテネ五輪金、12年ロンドン五輪銅メダリストの室伏広治(ミズノ)の欠場を発表した。これにより、1995年から続けていた連続優勝が20で途切れた。室伏は出場辞退の理由に<後輩たちに大きく伸びてもらいたいという想いから、自らがジャンプ台の役割になれればと日本選手権に出場してきましたが、昨年20連覇を達成し、その役割は果たしたと思っております。1992年から出場してきましたが、いつまでも自分が出場し続ける事によって後輩が育たないとも感じています>とコメントを寄せた。今大会は世界選手権(8月・北京)の選考会を兼ねている。室伏は日本選手権の欠場により、北京行きも断念する見通しだ。


投稿日時: 2015-06-03 18:00:00

 世界最速のウォーカーが日本にいることをご存知か。今年3月、世界選手権の代表選考を兼ねた全日本競歩能美大会の男子20キロ競歩で鈴木雄介(富士通)が1時間16分36秒の世界新で優勝した。陸上競技の日本人男子では半世紀ぶりの世界記録樹立。一躍、注目が集まった。鈴木は8月に控える世界選手権(北京)で金メダルを狙う。“世界最速”の称号を手にした日本陸上界期待の星に、二宮清純が北京からリオデジャネイロ五輪、その先への思いを訊いた。


投稿日時: 2015-06-03 03:10:00

 テニスのグランドスラム大会、全仏オープンは2日、男子シングルス準々決勝が行われ、世界ランキング5位の錦織圭(日清食品)は、同15位でジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)にフルセットの末に敗れ、日本人では佐藤次郎(1931年、33年)以来となるベスト4入りを逃した。地元選手相手で完全アウェーの中での試合となった錦織は、第1、第2セットを連続で落とす。第3、第4セットは逆に連取して最終セットに持ち込んだが力尽きた。


投稿日時: 2015-06-02 21:13:28

 2日、日本バスケットボール協会(JBA)の改革を主導する「JAPAN 2024 TASKFORCE」の第6回会議が都内で行われた。JBAの制裁解除を決議する6月の国際バスケットボール連盟(FIBA)セントラルボードが8月に延期。「JAPAN 2024 TASKFORCE」のコーチェアマンを務めるFIBAのインゴ・ヴァイス財務部長は、6月19日のエグゼクティブコミッティーでは女子U-16代表、ユニバーシアード代表の国際大会出場と代表チームのがリオデジャネイロ五輪予選に向けた活動が認められる見通しであることを明かした。全面解除の可否は開催地を東京に変更した8月のセントラルボードで決まる。また「JAPAN 2024 TASKFORCE」は来年10月開幕予定の男子新リーグについては、入会の申し込みがあった全47クラブ中43クラブの入会を承認した。


投稿日時: 2015-05-26 21:10:56

 26日、日本障がい者スポーツ協会(JPSA)は都内で創立50周年記念式典を行った。式典には2020年東京五輪・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長らスポーツ界、政財界などから約300人が出席した。JPSAの鳥原光憲会長は関係者各位に感謝の意を述べ、「障がい者スポーツ50年の歴史をしっかりと受け継ぐとともに、時代の変化に的確に対応し、新たな発展を成し遂げていく責任があります」と抱負を語った。
(写真:新たに発表されたコミュニケーションマークを中心にポーズをとる鳥原会長<右上>とパラリンピアンたち)


« 1 (2) 3 4 5 ... 173 »
新着コラム
最新トピックス
(C) Sports Communications.All Rights Reserved.