タイアップコーナー

Sportsプレミア
この人と飲みたい 青島健太
ゼンソク人間学 高田裕士
明日へのテクノロジー
一流のミカタ
障害者スポーツはすばらしい!挑戦者たち
二宮清純のスポーツ・ラボ
ザバス 株式会社 明治
土井雪広が語る水の力

おすすめ

煌めきinSochi

ソチに煌めく!

ニノスポ
ニノスポ

コラム・トピックス
検索
| RSS |
投稿日時: 2014-02-13 19:58:00

 四国アイランドリーグPlusは、2014シーズンの各球団のホーム開幕戦の日程を発表した。10年目の節目となる今季の開幕は4月5日(土)。四国4球団によるリーグ戦で前後期制を採用し、各チーム12試合ずつの総当たり制による計36試合で、前後期の優勝チームを決定する。それぞれの優勝チームが年間王者の座をかけるリーグチャンピオンシップは9月下旬の予定だ。また福岡ソフトバンク3軍との交流戦も引き続き行われ、前後期に4試合ずつ実施する。全日程の詳細は2月下旬発表予定となっている。


投稿日時: 2013-11-21 18:14:00

 千葉ロッテは21日、四国アイランドリーグPlus愛媛の金森敬之投手と育成選手契約を結んだことを発表した。金森は昨季まで北海道日本ハムに9年間在籍しており、1年でNPB復帰を果たした。日本の独立リーグを経由してNPBに戻ったケースは山田秋親(アイランドリーグ福岡−ロッテ)、正田樹(BCリーグ新潟−東京ヤクルト)、クリス・カーター(BCリーグ石川−埼玉西武)に続き、4例目。金森は今季、アイランドリーグで35試合に登板し、1勝3敗2セーブ、防御率2.83の成績を残している。
(写真:愛媛で右ヒジ手術からの復活をアピールした)


投稿日時: 2013-11-15 23:50:00

 四国アイランドリーグPlusは、11月4日から13日まで高知で実施されていた「Winter League 2013」で4球団から各2名ずつ、計8名の獲得希望があったと発表した。今回のウインターリーグでは日本はもとより、海外からも9選手が参加。ここにアイランドリーグ在籍の選手も加わって46選手が期間中に8試合(1試合は雨天中止)を実施した。全日程終了後、各球団が獲得希望選手を提出し、重複した選手に関しては抽選で交渉権獲得を決定した。今後は各球団との入団交渉を経て、合意すれば契約を結ぶ。


投稿日時: 2013-11-14 23:02:18

 四国アイランドリーグPlusは2013年シーズンの年間MVPとベストナイン、後期MVPなどを発表した。
 年間MVPは2年ぶりの年間優勝を達成した徳島インディゴソックスから、リーグ2位の打率.332をマークし、外野守備でも貢献した大谷真徳に決定。後期MVPは優勝した徳島で7勝をあげた岩根成海が選ばれた。ベストナインには先のドラフト会議で中日から2位指名を受けた又吉克樹(香川、投手)、オリックスから育成指名された東弘明(徳島、遊撃手)らが選出された。
(写真:大谷はリーグチャンピオンシップでも活躍し、MVPを獲得した)


投稿日時: 2013-11-13 12:01:00

 9シーズン目を終えた四国アイランドリーグPlusから、今年は2選手が10月のドラフト会議で指名を受け、NPB行きの夢を叶えた。中日2位の又吉克樹(香川)と、オリックス育成1位の東(あずま)弘明(徳島)である。東は高卒で徳島入りし、今年が4年目。リーグ在籍1、2年で指名されたケースが多いなか、四国でじっくりと育てられ、NPB選手に成長した。今回はその道のりを紹介する。
(写真:オリックスからは、守備と「ここ一番での集中力、勝負強さ」を買われた)


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 146 »
新着コラム
最新トピックス
(C) Sports Communications.All Rights Reserved.