タイアップコーナー

Sportsプレミア
この人と飲みたい 仁志敏久
ゼンソク人間学 大山加奈
明日へのテクノロジー
一流のミカタ
障害者スポーツはすばらしい!挑戦者たち
二宮清純のスポーツ・ラボ
ザバス 株式会社 明治

おすすめ

ニノスポ
ニノスポ
二宮清純のスポーツインサイドアウト

コラム・トピックス
検索
| RSS |
投稿日時: 2014-10-20 21:30:46

 20日、プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第6戦がヤフオクドームで行われ、福岡ソフトバンクが北海道日本ハムを4−1で下し、日本シリーズ進出を決めた。ソフトバンクは4回裏に内川聖一と吉村裕基のタイムリーで2点を先制。5回は細川亨のソロホームランが生まれ、8回には李大浩の適時打でリードを広げた。守っては先発の大隣憲司が7回を無失点。その後を五十嵐亮太、デニス・サファテとつなぎ、日本ハムの反撃を1点でしのいだ。CSのMVPには、ソフトバンクの勝ちゲームすべてでタイムリーを放った吉村が選ばれた。

◇ファイナルステージ第6戦
 大隣、7回6安打無失点の力投(ソフトバンク4勝3敗、ヤフオクドーム)
北海道日本ハム   1 = 000000001
福岡ソフトバンク   4 = 00021001×
勝利投手 大隣(1勝0敗)
敗戦投手 上沢(0勝1敗)
本塁打  (ソ)細川1号ソロ


投稿日時: 2014-10-19 17:28:09

 19日、プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第5戦がヤフオクドームで行なわれ、北海道日本ハムが延長戦を制し、対戦成績を3勝3敗(ソフトバンクのアドバンテージ1勝含む)として決着は最終第6戦にもつれこんだ。ソフトバンクは2回、日本ハム先発の大谷翔平を攻略して4点を先制。しかし、日本ハムは7回に大野奨太、西川遥輝の連続長打で1点差に詰め寄ると、8回には中田翔のソロで試合を振り出しに戻す。延長戦に突入したゲームは11回、中島卓也のタイムリーで勝ち越し。4時間を超える熱戦を制した。

◇ファイナルステージ第5戦
 大野、4安打&好リード(日本ハム3勝3敗、ヤフオクドーム)
北海道日本ハム      6 = 000000310 02
福岡ソフトバンク      4 = 040000000 00 (延長11回)
勝利投手 鍵谷(2勝0敗)
敗戦投手 サファテ(0勝1敗1S)
セーブ   増井(1S)
本塁打  (日)中田4号ソロ


投稿日時: 2014-10-18 21:44:57

 17日、プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが第4戦が行われ、阪神が巨人に8−2で快勝した。阪神は初回にマット・マートン、福留孝介の連続ホームランで4点を先制すると、2回には西岡剛の2ランが飛び出した。先発の能見篤史は亀井善行に2試合連続アーチを浴びるなどで2点を返されたが、6回からの継投で、巨人を振り切った。阪神は4連勝でCS初制覇。9年ぶりの日本シリーズ進出を決め、25日からパ・リーグのCS王者と対戦する。

◇ファイナルステージ第4戦
 ポストシーズン、引き分けはさんで5連勝(阪神4勝1敗、東京ドーム)
阪神   8 = 420000200
巨人   4 = 011000002
勝利投手 能見(1勝0敗)
敗戦投手 小山(0勝1敗)
本塁打  (阪)マートン1号3ラン、福留1号ソロ、西岡1号2ラン
      (巨)亀井2号ソロ、セペダ1号ソロ、坂本1号ソロ


投稿日時: 2014-10-18 17:56:31

 18日、プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第4戦がヤフオクドームで行なわれ、福岡ソフトバンクが勝利し、対戦成績を3勝2敗(ソフトバンクのアドバンテージ1勝含む)として日本シリーズ進出に王手をかけた。ソフトバンクは初回、柳田悠岐の先頭打者アーチで先制すると、同点に追いつかれた2回には吉村裕基のタイムリーで勝ち越し。3回も松田宣浩の2点打でリードを広げ、終盤にも追加点をあげた。

◇ファイナルステージ第4戦
 松田、4安打2打点の大当たり(ソフトバンク3勝2敗、ヤフオクドーム)
北海道日本ハム      2 = 010010000
福岡ソフトバンク      5 = 11200010×
勝利投手 中田(1勝0敗)
敗戦投手 木佐貫(0勝1敗)
セーブ   サファテ(1S)
本塁打  (ソ)柳田1号ソロ


投稿日時: 2014-10-17 21:46:49

 17日、プロ野球セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージが第3戦が行われ、阪神が逆転勝ちを収めた。連敗中の巨人は初回に阿部慎之助のタイムリーで先制し、3回には亀井善行のホームランで1点を追加した。対する阪神は6回にマウロ・ゴメスの適時打で1点を返すと、代打・福留孝介の一打で追いついた。勢いに乗る阪神は、7回にゴメスが2点タイムリーで勝ち越した。あとは好調のリリーフ陣が巨人打線に反撃を許さなかった。阪神は3連勝、9年ぶりの日本シリーズ進出へ向け、王手をかけた。

◇ファイナルステージ第3戦
 呉昇桓、3連投もパーフェクトリリーフ(阪神3勝1敗、東京ドーム)
阪神   4 = 000002200
巨人   2 = 101000000
勝利投手 安藤(1勝0敗)
敗戦投手 山口(0勝1敗)
セーブ   呉昇桓(3S)
本塁打  (巨)亀井1号ソロ


(1) 2 3 4 ... 157 »
新着コラム
最新トピックス
(C) Sports Communications.All Rights Reserved.