タイアップコーナー

Sportsプレミア
この人と飲みたい 岩崎恭子
ゼンソク人間学 大山加奈
明日へのテクノロジー
一流のミカタ
障害者スポーツはすばらしい!挑戦者たち
二宮清純のスポーツ・ラボ
ザバス 株式会社 明治

おすすめ

ニノスポ
ニノスポ
二宮清純のスポーツインサイドアウト

コラム・トピックス
検索
| RSS |
投稿日時: 2014-09-11 12:00:00

 18年ぶりのリーグ優勝へ、オリックスを牽引するのがエースの金子千尋と西勇輝の両右腕だ。ここまで、ともにリーグトップの12勝をあげている。なかでも球団記録となる開幕8連勝をあげ、チームに勢いをもたらせたのが6年目の西である。若きエースと称されることも増えてきた23歳が考える理想のピッチャー像はどんなものか。二宮清純がインタビューした。
(写真:「間延びすると野手も攻撃につながらない」とリズム良く投げることを意識している)


投稿日時: 2014-09-07 17:06:43

 宮崎で開かれていた第6回女子野球ワールドカップが7日、サンマリンスタジアム宮崎で決勝を迎え、日本代表が米国代表を3−0で下し、第3回(2008年)の愛媛・松山大会から4連覇を達成した。日本はこの大会、1次ラウンドでは豪州代表を14ー0、香港代表を19−0、ベネズエラ代表を14−0と3戦連続コールド勝ち。2次ラウンドではカナダ代表を12−2、米国代表を1−0で破って決勝に進出した。決勝でも米国との再戦を制し、自国開催のW杯を全勝優勝する最高の成績を残した。


投稿日時: 2014-09-02 13:29:39

 愛媛・宇和島東高、済美高で指揮を執り、両校を選抜高校野球で初出場初優勝に導いた上甲正典監督が2日、胆管ガンのため、死去した。67歳だった。愛媛県三間町(現宇和島市)出身の上甲監督は薬局経営の傍ら、1976年に母校の宇和島東監督に就任。87年夏に同校を初の甲子園に導くと、翌88年春には“牛鬼打線”と呼ばれる強力打撃陣をつくりあげ、初出場初優勝を達成した。01年に新しく創部された済美高の野球部に監督として招かれると、短期間でチームを強化し、04年春には再び初出場初優勝の偉業を成し遂げた。同年夏には春夏連覇を逃すも準優勝。13年春にも準優勝を収めた。甲子園には計17回出場(宇和島東11回、済美6回)して25勝15敗の成績を残し、野球王国・愛媛を代表する指導者だった。


投稿日時: 2014-08-27 23:03:22

 昨年、出場77試合ながら16本のホームランをマークし、ブレイクしたのが横浜DeNA・梶谷隆幸だ。現在、“トリプルスリー”の有力候補として注目されている。2007年に走攻守そろった逸材としてドラフト1位で入団し、期待を寄せられながら、12年までは鳴かず飛ばずだった。なぜ彼は突然、開花したのか。その理由を、編集長・二宮清純が訊いた。


投稿日時: 2014-08-25 15:09:38

8月25日(月)

◇決勝
 エース福島、2戦連続完投
三重      3 = 020010000
大阪桐蔭   4 = 01100020×


(1) 2 3 4 ... 153 »
新着コラム
最新トピックス
(C) Sports Communications.All Rights Reserved.