ページのトップへ

田崎健太「国境なきフットボール」

第2回 「神様ジーコの憂鬱」(後編)

 予定の1時間はすでに過ぎていた。フェネルバフチェのスタジアムの中にある会議室で、ジーコはクラブの会長たちと会っていた。 昨日、フェネルバフチェは格下に敗れている。会談の内容は厳しいことが想像できた。
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第1回 「神様ジーコの憂鬱」(前編)

 2007年2月、トルコ・イスタンブール。タクシーから見える街並みは、僕の想像とは全く違っていた。 トルコの商業都市であるイスタンブールはアジアと欧州の文化が交わる場所と呼ばれている。アジア的な混沌と
続きを読む