ページのトップへ

鹿島、将来見据えたセレーゾ監督再登板

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 鹿島アントラーズにトニーニョ・セレーゾ監督が戻ってきた。 現役時代、ジーコらとともにブラジル代表で「黄金のカルテット」として名を馳せたセレーゾは2000年から鹿島の監督に就任し、就任1年目でリーグ、
続きを読む

杭州緑城・岡田武史、2年目への決意

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

「こういう日中関係のときだからこそ、俺が頑張んなきゃと思っている。日本人と中国人がグラスルーツのレベルでは信頼してやれているんだという姿を俺は見せたい」 尖閣問題で日本と中国の関係が緊迫しているなか、
続きを読む

“天才”柿谷曜一朗、真の開花へ

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 2013年の日本サッカー界において、ブレイクしそうな若手選手で特に期待しているのが、セレッソ大阪のMF柿谷曜一朗である。3日には23歳の誕生日を迎えた。09年より期限付き移籍していたJ2の徳島ヴォル
続きを読む

遠藤保仁の“切り替え力”

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 勝者にはなれなかった。だが、遠藤保仁の意地を、十分に感じ取ることができた。 2013年元日、天皇杯決勝。J2に降格した関西の名門ガンバ大阪は柏レイソルを相手に押し気味に試合を進めたものの、0-1で敗
続きを読む

川口能活、反撃の2013年

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 今年3月に右アキレス腱断裂の大ケガを負い、リハビリに励んでいた川口能活(磐田)が公式戦のピッチに戻ってきた。 12月15日、天皇杯4回戦。鹿島アントラーズを相手に3失点を喫して敗れたが、シュートを横
続きを読む

大前元紀、“尻”上がりのサッカー人生へ

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 また有能な若武者が、ドイツへと渡る。 清水エスパルスのエースに成長した22歳のFW大前元紀が、来年1月にドイツ1部のフォルトゥナ・デュッセルドルフに完全移籍することが発表された。 大前は今季13得点
続きを読む

混迷極まるJ1残留争い

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 2012年のJ1が佳境を迎えている。 残り3節となり、優勝争いは首位・サンフレッチェ広島(勝ち点58)、2位・ベガルタ仙台(同56)に絞られた。次節で勝ち点差が広がると広島は優勝に大きく前進するが、
続きを読む

セルジオ越後、愛ゆえの辛口

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 辛口な論調で知られるサッカー解説者・セルジオ越後氏の来日40周年を祝うパーティーが過日、都内のホテルで盛大に行なわれた。日本サッカー協会の小倉純二名誉会長をはじめとするサッカー関係者を中心に、各界か
続きを読む

長友、完敗の中で得た収穫

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 欧州遠征は1勝1敗。フランスから5度目の対戦にして初めて勝利を挙げ、2006年ドイツW杯以来となるブラジル戦には0-4で大敗した。アルベルト・ザッケローニ監督が「こういった経験が必要」と感
続きを読む

インザーギに近づく佐藤寿人

二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

 首位を走るサンフレッチェ広島をけん引しているのが、エース佐藤寿人である。 第27節のサガン鳥栖戦でもPKを含む2ゴールを挙げて早くも20ゴールの大台に乗せた。得点王争いはブッちぎりのトップ
続きを読む