日本サッカー協会は1日、「2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選兼AFCアジアカップUAE2019予選」のシリア代表戦(10月8日、マスカット)と親善試合のイラン代表戦(13日、テヘラン)に出場する日本代表23人を発表した。FW南野拓実(ザルツブルク)がA代表に初選出されたほか、DF塩谷司(サンフレッチェ広島)、MF柏木陽介(浦和レッズ)、MF清武弘嗣(ハノーファー96)が復帰を果たした。また、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がDF米倉恒貴(ガンバ大阪)のことを「闘う人。デュエルにいける人」と期待値の高さが垣間見れた。



【日本代表メンバー】

GK

東口順昭(ガンバ大阪)

西川周作(浦和レッズ)

六反勇治(ベガルタ仙台)

 

DF

丹羽大輝(ガンバ大阪)

長友佑都(インテル・ミラノ)

槙野智章(浦和レッズ)

森重真人(FC東京)

米倉恒貴(ガンバ大阪)

吉田麻也(サウサンプトン)

塩谷司(サンフレッチェ広島)

酒井高徳(ハンブルガーSV)

 

MF

長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)

柏木陽介(浦和レッズ)

香川真司(ボルシア・ドルトムント)

清武弘嗣(ハノーファー96)

山口蛍(セレッソ大阪)

柴崎岳(鹿島アントラーズ)

 

FW

岡崎慎司(レスターシティー)

本田圭佑(ACミラン)

原口元気(ヘルタ・ベルリン)

宇佐美貴史(ガンバ大阪)

武藤嘉紀(1.FSVマインツ05)

南野拓実(ザルツブルク)