ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

第691回 FIFAには暴露合戦の“荒療治”必要か

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

罪なき者、石を持て打て――。姦通の罪で捕まり、石打ちの刑に処されそうな女性を前に、イエスが口にした言葉だ。あなた方は皆、清廉潔白なのか。誰が彼女を裁けよう。新約聖書の有名な一節である。イエスの慈悲深さ
続きを読む

第690回 「スポーツ」と「パラスポーツ」区別しない未来を

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 パラリンピックが下半身不随を意味するパラプレジア(paraplegia)とオリンピックの合成語であることは、今では広く知られている。 パラリンピックの起源はユダヤ系ドイツ人医師ルードヴィッヒ・グット
続きを読む

第689回 「誤審」を救った大杉勝男のユーモア

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 コミッショナーが間違いを認め、正式に謝罪したことで「誤審」ではなく誤審になってしまった。 事が起きたのは12日の阪神―広島20回戦(甲子園)。2対2で迎えた12回表に広島・田中広輔が放った打球はセン
続きを読む

第688回 撤回エンブレムになかった復興の思い

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 オリンピック・パラリンピックの公式エンブレムは、その大会の精神を象徴するものでなければならない。まるで太陽のように力強い深紅の円の下に描かれた金色の五つの輪。日本のグラフィックデザイナーの草分けと言
続きを読む

第687回 広島に初Vもたらした「奇妙な信頼関係」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 プロ野球の世界において、球団と衝突してシーズン中に辞任した監督が後任人事に口を挟むことは、まずありえない。ところが、この御仁は良かれと思う人物を球団に推薦し、実際、そのとおりになったのだ。何とも不思
続きを読む

第686回 車いすテニス・眞田「現状打破」へ大きな賭け

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 パワーショットを売り物にする車いすテニスプレーヤー眞田卓にとって利き腕の肩にメスを入れることは大きな賭けだった。「できれば手術は避けた方がいい」。そう耳打ちする者もいた。 成功率の高い手術とはいえ、
続きを読む

第685回 引退後も楽しみ“オールド・ルーキー”楽天・斎藤隆

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 2002年に米国で大ヒットした映画「オールド・ルーキー」の主人公ジム・モリスは実在の人物である。メジャーリーグのデビルレイズで99、00年と2年間、左のリリーフ投手としてプレー。計15イニング投げて
続きを読む

第684回 野球王国・四国と言われた強さはどこへ……

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 野球王国・四国――。残念ながら、今では、もう死語なのだろうか。 夏の甲子園、四国の4校が全て初戦で姿を消した。鳴門(徳島)2対8九州国際大付(福岡)、今治西(愛媛)0対6早稲田実(西東京)、明徳義塾
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新) : 第666回 ボクサーの側に立ってルールの歩み寄りを

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

JBCが、それまで未公認だったWBO、IBFを承認し、加盟したのは昨年4月のことである。これにより、日本もWBA、WBCと合わせて“4団体時代”に突入した。既にIBFでは高山勝成、亀田大毅、WBOでは
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新) : 第683回 冬季五輪へ北京に示してほしい「夏の反省」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

北京とアルマトイでは、相撲にたとえていえば、都市力には横綱と前頭くらいの差がある。しかし、投票の結果は44対40。アルマトイの善戦ぶりが目を引いた。わずか4票差で2022年冬季五輪開催都市が中国の北京
続きを読む

第683回 冬季五輪へ北京に示してほしい「夏の反省」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 北京とアルマトイでは、相撲にたとえていえば、都市力には横綱と前頭くらいの差がある。しかし、投票の結果は44対40。アルマトイの善戦ぶりが目を引いた。 わずか4票差で2022年冬季五輪開催都市が中国の
続きを読む