ページのトップへ

近藤隆夫「INSIDE格闘技」 - Page 2

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第177回 『K-1』が鮮やかに復活! 〜11.3「K-1 WORLD GP IN JAPAN」を観た後で〜

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

『K-1』、日本で復活! そう感じるに十分な熱いイベントだった。 11月3日、東京・代々木第二体育館で開催された『K-1 WORLD GP 2014 IN JAPAN』のことである。(写真:4000人
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第176回 次にローマン・ゴンサレスに挑む日本人は誰か?

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 試合を観終えて、これほど清々しい気分になったのは久しぶりだ。勝敗を越えて多くの人の心を揺さぶったに違いない。9月5日、東京・代々木第二体育館で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ、八重樫東(大橋
続きを読む

第175回 またもや勝負弱さを露呈した石井慧 〜8.23両国、ミルコ×石井戦を観た後で〜

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 石井慧は、ステップアップする上で大切な一戦に勝つことができなかった。 8月23日、両国国技館での『INOKI GENOME FIGHT2』でミルコ・クロコップに額をヒジで切られてTKO負け、昨年大晦
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第174回 ジム移籍断念……亀田3兄弟が選ぶべき道

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

「亀田興毅が窮地に立たされた」と報じられている。 前回のコラムで「亀田興毅が、日本で試合を行えない状況を打破すべく、UNITED BOXING GYMへの移籍を決断した」との内容を書いた。これにより、
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第173回 “最強”ローマン・ゴンサレスを迎え討つ八重樫に“策”はあるか

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 ここ数年、ボクシング界は秋口から年末に向けて熱さを増していくようになった。大晦日にビッグイベントが開催され、複数の世界タイトルマッチが行われる。その模様が地上波でテレビ放映され、お茶の間のファンに届
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第172回 日本での総合格闘技デビュー間近! クロン・グレイシーが父ヒクソンを語る

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 ヒクソン・グレイシーの息子クロン・グレイシーの総合格闘技デビュー戦は、日本で行われることに決まった。 日時、対戦相手などの詳細は未定だが、その舞台は今秋、関東圏で開催される新イベント『REAL FI
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第171回 記憶に残る世界王者を求む……井岡一翔はどうか?

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 先日、ある雑誌(ムック)の企画で、日本プロボクシングの名勝負を選んだ。 小学生の頃からリング上での闘いを見始めて40年。幾多の名勝負を目にしてきたから、選定には少々悩んだ。でも、心を震わされた試合は
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第170回 亀田興毅の引退は近い

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

「引退します」 そんなニュアンスの内容を4月1日に亀田興毅がブログに書きこんだ。 その約10時間後に再度、ブログをアップし、「今日はエイプリルフールやから」と、引退表明は嘘であったとしたが、あまり笑え
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第169回 格闘技人気再燃への期待! 〜『INOKI GENOME FIGHT1』を注視せよ!〜

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 さいたまスーパーアリーナ、横浜アリーナへ行く機会が、ほとんどなくなった。『K-1』、そして『PRIDE』、また『PRIDE』を継ぐ形で開催されていた『DREAM』『戦極』といった格闘技のビッグイベン
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第168回 「日本ボクシング黄金期」だからこそ考えるべきこと

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

「最近は、世界チャンピオンという言葉に重みがなくなってしまったなぁ」 もう既に退社しているが、以前はスポーツ新聞でボクシング取材を担当していた先輩ライターが、私にそう言った。(写真:昨年の大晦日に2度
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第167回 山中vs.亀田和、内山vs.三浦……日本人同士の世界王座統一戦、早期実現を!

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

 心を揺さぶられる熱い闘いだった。大晦日にはヘビーなほどに――。 東京・大田区総合体育館で行われたWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、内山高志vs.金子大樹のことだ。(写真:内山のパンチを何度
続きを読む