ページのトップへ

Tag archives for マイナースポーツ - Page 4

マイナースポーツのヒーローたち

小橋勇利(自転車ロードレース)<後編>「日本人初のツール・ド・フランス制覇へ」

二宮: 高2の夏、いよいよ本場のヨーロッパでのレースに参戦します。肌で実感した世界のレベルは?小橋: 確かに日本とは全くレベルは違いましたが、意外と“いけるかもしれない”と感じたレースになりました。最
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

小橋勇利(自転車ロードレース)<前編>「“奇跡の優勝”で見つけた長所」

 昨年実施された第2回「マルハンワールドチャレンジャーズ」では、第1回を上回る657名(チーム)のアスリートから応募があった。書類選考を経て、14名(チーム)が8月に都内で開催された最終オーディション
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

小原聡将(ジェットスキー)「世界で水を斬る若きサムライ」

 ブブブブン、ブンブン、ブーンブーン、グイーーーーン! 静かな岸辺に響き渡るモーター音が心地よい。白地のマシンが水面を滑ると、その後を追いかけるように、水しぶきが天高く舞い上がる。太陽に照らされた水滴
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

黒須成美(近代五種)<後編>「200万円がなければ競技は続けられなかった」

二宮: 黒須さんはまだ21歳ですから、次のリオデジャネイロはもちろん、東京が招致に乗り出している2020年の五輪に出ることも年齢的には可能ですよね。黒須: はい。私も3回くらいは五輪に出られればいいな
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

黒須成美(近代五種)<前編>「五輪の落馬から得た“収穫”」

 第1回の「マルハンワールドチャレンジャーズ」から、この夏のロンドン五輪では3選手が出場した。その中で日本人女子では初めて近代五種で大舞台に立ったのが黒須成美だ。近代五種はフェンシング、水泳、馬術(障
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

西田宗城(車いすランナー)<後編>「走り始めたRoad to Rio」

「うわぁ、めちゃくちゃ、かっこえぇなぁ」 ある日、何気なくテレビをつけると、ひとりの車いすランナーが気持ちよさそうに風を斬って走っていた。両腕には隆々とした筋肉がついていた。その姿に西田はひと目で憧れ
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

西田宗城(車いすランナー)<前編>「背中を押してくれた“World Challengers”」

「このままでえぇんやろか……」 ちょうど1年前、西田宗城はひとしきり悩みを抱えていた。車いす陸上を始めて6年。はじめは趣味の域であったが、徐々に力をつけてきた西田は2010年9月からは「パラリンピック
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

平井美鈴(フリーダイビング)<後編>「目指すは水深100メートルの世界」

「Crying Queen(クライング・クイーン)」――6年前のとある時期、平井美鈴は所属する「東京フリーダイビング倶楽部」のメンバーたちにそう呼ばれていた。きっかけは2006年12月にエジプトで行な
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

平井美鈴(フリーダイビング)<前編>「重なり合った“偶然”」

「うわぁ、かっこいいなぁ。私もやってみたい……」――平井美鈴は目の前の映像に目を奪われていた。海外の大会PR用に製作されたフリーダイビングのビデオに映し出されていたのは、それまで見たことのなかった色鮮
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

闘魔(キックボクシング)「魔裟斗のようなスターに」

「チャンピオンになったら人生変わる。クラブで女の子をナンパしまくって、ファイトマネーもめちゃくちゃもらえるものだと思っていたんスよ」“モテたい”願望でキックボクシングを始めた金髪の若者は、プロデビュー
続きを読む
マイナースポーツのヒーローたち

大西富士子(ウインドサーフィン)「日本人初の世界女王を目指して」

 水面を颯爽と滑る姿に衝撃を受けた。時速60キロは出ていただろうか。モーターはなく、オールなどの人力でもない。動力はセイル(帆)に風を受けて生じる揚力と波の斜面を下る推進力のみ。大西富士子が行っている
続きを読む