東北楽天の星野仙一シニアアドバイザー(SA)は、中日、阪神、楽天と3つのチームで監督を務め、いずれの球団もリーグ優勝に導いた実績を持つ。監督通算1181勝はNPB歴代10位。2008年には北京オリンピック日本代表の指揮を執った。星野SAは現役時代からボランティア活動に熱心で、地元・岡山の福祉施設への慰問を続けている。肢体不自由児のティーボールを奨励し、障がい者スポーツにも尽力する。プロ野球の監督として、4度のリーグ優勝、1度の日本一に導いた闘将が、勝利へのこだわりと障がい者スポーツについて語った。
二宮: 5年後には、2020年のオリンピック・パラリンピックが日本で開催されます。前回の1964年のオリンピック・パラリンピックはどんなことが記憶に残っていますか?

星野: 当時、僕は高校3年生でした。あの時は「行きたい人」と、クラスで観戦希望者を募った。僕も手を挙げたんですが、希望者が多く抽選になったんですよ。

伊藤: 当選すれば、連れて行ってもらえたんですか?

星野: ええ。何の競技だったかは覚えていませんが、とにかく行ける権利はありました。岡山に住んでいた僕は東京に行ったことがなかったので、行ってみたかった。それで、おふくろに聞くと、「行っていいわよ」と認めてくれた。結局、抽選には外れてしまいまして、テレビで見ました。やはり僕は球技が好きなものですから、 “東洋の魔女”の女子バレーボールなどを見ていました。“オリンピックとは、こういうものなんだ”と憧れましたね。

二宮: まさか、その頃には、ご自身が野球の監督でオリンピックに出られるとは思っていなかったでしょうね。

星野: 想像もしていなかったですね。僕はプロ野球選手になるということだけ、小さい頃からイメージしていました。ファンだった阪神タイガースに入り、コーチ、監督をすると。子供ながらに自分でビジョンを立てていましたね。

二宮: プロ野球選手になるという夢を叶えた後、野球の日本代表監督として、北京オリンピックに出場。小学生の時に憧れた舞台にも立ちました。その時にパラリンピックの試合はご覧になりましたか?

星野: 正直、スタジアム観戦に行くまでの余裕はなかった。ただテレビでは見させていただきました。車いすテニスなどを見て、“ものすごく上半身の力がいる。かなり鍛えているんだろうな”と感心しました。一方で僕たちも“もっと鍛えないとダメだな”と刺激をもらえましたね。

伊藤: なるほど。同じアスリートとして、見習う点や勉強になる点があるわけですね。

星野: そうなんです。純粋に応援するというよりは、プレーを見ながら、“どうやって鍛えているんだろう”“モチベーションの維持はどのようにしているんだろう”とかと、どうしても僕は自分たちに置き換えて見てしまいますね。

 このつづきは>>「挑戦者たち」〜二宮清純の視点〜 でお楽しみください!
◎バックナンバーはこちらから