北京、ロンドンと2大会連続でパラリンピックに出場し、ロンドン大会では2つのメダルを手にした水泳日本代表の木村敬一選手。昨年、パラリンピック3大会(アテネ、北京、ロンドン)で金1個を含む計5個のメダルを獲得した鈴木孝幸選手から水泳チームのキャプテンを引き継いだ。10月のアジアパラ競技大会では4種目を制し、エントリーした全6種目で表彰台に上がる大活躍を見せた。24歳の木村選手は現在、日本パラリンピアンズ協会の理事も務めている。名実ともに日本のパラスポーツ界を引っ張る若きリーダーが見据える未来とは――。
伊藤: 木村敬一選手は昨年10月に韓国・仁川で開催されたアジアパラ競技大会で4冠を達成しました。1年後に迫っているリオデジャネイロパラリンピックに向けても、大きな自信を得たんじゃないでしょうか。

木村: そうですね。パラリンピックの中間年ということで、ロンドンパラリンピックからの2年で自分の実力がどの程度ついているのか図る格好の機会でした。結果、メダルを沢山獲ることができ、どの種目とも順当に力がついているのかな、という好感触を掴めました。

二宮: 50メートル自由形、100メートル自由形、100メートル平泳ぎ、100メートルバタフライの4種目で金メダルを獲得し、200メートル個人メドレーが銀で、100メートル背泳ぎが銅と、どの種目でもレベルが高いことを証明しました。ご自身の中では、得意な種目と苦手な種目はありますか?

木村: 一番得意なのは、ロンドンでも銀メダルを手にした平泳ぎ(100メートル)です。銅メダルを獲得したバタフライ(100メートル)にも、平泳ぎと同じぐらい力を入れています。逆に苦手としているのは、背泳ぎですね。

二宮: とはいえ、苦手と言われる背泳ぎが含まれる個人メドレーでは銀、背泳ぎでも銅メダルを獲得しました。これだけマルチに結果を出そうと思ったら、トレーニングも多岐にわたります。筋力トレーニングにしても、それぞれの種目で重要になってくる箇所を鍛えないといけません。

木村: ええ。4種目に対応するため、幅広くやっていましたね。ただ今後はリオのパラリンピックに向けてというところになってきます。実際、大会で優勝を狙える種目は全部ではないですから、得意種目である平泳ぎとバタフライを重点的に強化していこうと思っています。

 このつづきは>>「挑戦者たち」〜二宮清純の視点〜 でお楽しみください! 現在は清水建設株式会社の宮本洋一社長のインタビュー動画も更新中です。
◎バックナンバーはこちらから