19日、WA(世界陸上競技連盟)のコンチネンタルツアー「セイコーゴールデングランプリ」(ゴールデンGP)が東京・国立競技場で行われた。女子やり投げは、昨年の世界選手権優勝の北口榛花(JAL)が63m45で優勝。男子110mハードルは村竹ラシッド(JAL)が13秒22で、同100mは栁田大輝(東洋大学2年)が10秒21で制した。女子1500mは田中希実(New Balance)が4分7秒39で日本人トップの4位、同100mハードルは田中佑美(富士通)が12秒90で2位に入った。