ページのトップへ

白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第114回 SCスタッフの白球コラム「ドラフトくじ運の悲喜こもごも」

 今年のプロ野球のドラフト会議は、開幕が約3カ月遅れた影響でシーズン中の10月26日に行われました。大学球界屈指のスラッガーとして注目を集めた近大・佐藤輝明選手は阪神、巨人、福岡ソフトバンク、オリック
続きを読む
野球

デスパイネ、シリーズタイの6打点。ソフトバンク連勝! ~2020プロ野球日本シリーズ~

 22日、プロ野球の日本シリーズ第2戦が京セラドーム大阪で行われ、福岡ソフトバンクが快勝、対戦成績を2勝とした。ソフトバンクが石川柊太、巨人が今村信貴の先発で始まったこの試合、先手をとったのはソフトバ
続きを読む
野球

ソフトバンクが先勝。千賀が巨人打線を7回3安打ゼロ封 ~2020プロ野球日本シリーズ~

 21日、プロ野球の日本シリーズ第1戦が京セラドーム大阪で行われ、福岡ソフトバンクが巨人に5対1で勝利した。ソフトバンク千賀滉大、巨人・菅野智之の先発で始まったこの試合、ソフトバンクは2回に栗原陵矢の
続きを読む
カープ・アイ

西本恵「カープの考古学」第32回 カープ誕生における世界情勢番外編 原爆投下飛行士が寄贈!? ハナミズキの真実

 シリーズでお伝えしてきた「カープ誕生における世界情勢編」。前回はオールドアメリカの音楽界をけん引した歌姫ヘレン・トロウベルから贈られたバラの花のことを記したが、この取材で数多くの資料にあたる中、筆者
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第709回 巨人・原監督、1勝11敗のクジ運

 巨人・原辰徳監督のクジ運の悪さが話題になっている。10月26日に行われたドラフト会議、巨人は近大の野手・佐藤輝明を1位で指名したが、4球団が競合した結果、阪神が交渉権を獲得した。 これで原のクジ引き
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「伝統の一戦」滅びるぞ…ドイツのように

 勝った方が優勝、という状況で迎えた8日の早慶戦は、これぞ伝統の一戦! というべき凄い試合だった。 4回に逆転した慶応は、1点のリードを守ったまま、9回表を迎えた。イニングまたぎのエース木沢は、この回
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

小野仁(白寿生科学研究所人材開拓課)第113回「ドラフトの思い出~高校時代・未熟者の選択」

 皆様、2カ月ぶり振りの小野でございます。依然として続くコロナ禍ですが、いかがお過ごしでしょうか。仕事で車移動するケースが多くありますが、近頃は「GOTOトラベルキャンペーン」の効果なのでしょうか、土
続きを読む
カープ・アイ

二宮清純「“侍・前田智徳”を生んだ村上孝雄のスカウト人生」(前編)

 村上孝雄と聞いてもピンとこない。オールドファンには宮川孝雄である。代打の宮川――。これほど勝負強いバッターは他にいなかった。 そして、この勝負強さが、後のスカウト活動に生きたのではないか。私はそう考
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第975回 見てみたい 足のスペシャリスト軍団

 米国のノンフィクション作家マイケル・ルイスがアスレチックスのGMビリー・ビーンを主人公に弱小球団の強化戦略と成功を描いた『マネー・ボール』は2003年に発売されるや、たちまちのうちに世界的なベストセ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第708回 変化球で打者翻弄 ダルビッシュ劇場

 日本人初のサイ・ヤング賞が有力視されるダルビッシュ有(カブス)はボールに魔法をかけることのできるマジシャンである。 フォーシームを含め、11種類の球種を持つと言われる。まるで腕のいい大工の工具箱をの
続きを読む