ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

第943回 1年延期五輪「完全な形」でオリンピズム体現を

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

「もし1000万人以上の人々が次の数十年で亡くなるような災害があるとすれば、それは戦争というよりは、むしろ感染性の高いウイルスが原因の可能性が大いにある。ミサイルではなく微生物なのだ」。ビル・ゲイツが
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第942回 東京パラを「高齢化で危険な日本の住宅」見直す契機に

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 1964年の東京パラリンピックをボランティアとして支えた元通訳たちでつくる「64語学奉仕団のレガシーを伝える会」の吉田紗栄子代表理事は、大学院修了後、建築家となり、バリアフリー施設や住宅を数多く手が
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第941回 重圧に勝てるか令和のシンデレラ一山

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 重い告白だった。「会う人ごとに“金メダルを期待します”と言われ、これまで感じたことのないプレッシャーを感じてしまった。自分は何ひとつ変わっていないのに、周りの私を見る目が変わってしまった。それを受け
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第940回 コロナで人種差別…「観戦リスク」も深刻な問題

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 RBライプツィヒはブンデスリーガ1部に所属する18クラブの中で、2つしかない旧東ドイツに本拠を置くクラブのひとつである。 またライプツィヒは1900年にドイツサッカー連盟が創設された場所であり、19
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第939回 災害大国・日本の盲点だった「感染症対策」

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 日産スタジアムの近くには東京都町田市の泉を源流とする鶴見川という一級河川が流れており、かつては洪水や氾濫を繰り返すことから“暴れ川”と恐れられていた。  今月19日、気象庁が「東日本台風」と命名した
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第938回 今季ペナントレース「ノムラの戦い」参考に

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 今季のプロ野球は東京五輪による中断のため、開幕が例年より1週間以上早い。両リーグとも7月18日に一度中断し、球宴と五輪をはさみ、五輪終了後の8月14日に再開する。 プロ野球のレギュラーシーズンが1カ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第937回 ID野球の創始者・野村克也さん逝く サッチーとの”婦唱夫随”で名将の道へ

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 生前、野村克也さんへの長めの取材はホテルニューオータニの会議室で行うことが多かった。約束の取材時間が終わりに近づくと決まって沙知代さんが現れた。高級な香水の匂いで彼女が到着したのがわかった。猛女のイ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第936回 健常者と障がい者の混在 車いすバスケが理想

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 IPC(国際パラリンピック委員会)が強権的なのか、IWBF(国際車いすバスケットボール連盟)が独善的なのか――。 IPCは先月末、IWBFに対し、クラス分けの基準を独自に設定するのは国際基準に反する
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第935回 センバツ商業高校”復活旋風”に期待

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 センバツは大正13年(1924)年に始まり、第1回大会の優勝校は香川の高松商。同校は第2回大会でも決勝に進んだが、隣県の愛媛・松山商に惜敗し、連覇を阻まれた。 高松商、松山商に高知商、徳島商を加えた
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第934回 高木守道さん 己を知り錬磨を重ねた”名人芸”

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 17日に急性心不全のため78歳で死去した高木守道さんが得意としていたバックトスは、長嶋茂雄さんの逆シングルからの“右手ひらひら送球”と並んで、草野球の華だった。田んぼや原っぱでよく真似をした。成功し
続きを読む