ページのトップへ

二宮清純「唯我独論」

第1157回 スムーズな部活の地域移行へ厳格な業者選定を

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 批判の矛先が間違っていやしまいか。それが最初に抱いた率直な感想である。こうした不祥事が原因で、部活の地域移行、指導者の民間委託への流れが停滞してしまえば、何のための部活改革だったかとなりかねない。 
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1156回 ダルの原点「遊び心」こそ向上心 最大の原動力

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 MLBで、ノーヒッターを史上最多の7度も達成しているノーラン・ライアンが、レンジャーズ時代の投手コーチ、トム・ハウスとの共著で『ノーラン・ライアンのピッチャーズ・バイブル』を上梓したのは1991年4
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1155回 昭和育ち「令和の指導者」清川栄治の旅の続き見たかった

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 登板した438試合は全てリリーフ。野村克也風に言えば「生涯一救援投手」だ。 主に“左殺し”の中継ぎとして一時代を築いた清川栄治(西武投手育成アドバイザー)が悪性腫瘍のため死去した。62歳だった。「清
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1154回 ライバルをも輝かせる「天才」猪木氏のセンス

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 外国人プロレスラーが叙勲で旭日双光章を受章するのは、2017年のザ・デストロイヤー、21年のミル・マスカラスに続いて3人目だ。カナダに住むタイガー・ジェット・シン(本名ジャグジット・シン・ハンス)に
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1153回 技術革新はいつの日も“バリアーを超えたい”という思いから

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 障がい者の存在を抜きにして、テクノロジーの進歩の歴史を語ることはできない。たとえば電話。これを1876年に特許出願したアレクサンダー・グラハム・ベルは、今も音量の単位を示すデシベルに、その名を残して
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1152回 バリアフリー謳うパラ競泳に多様性の欠如

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 パリパラリンピックの競泳で2大会連続の金メダルを目指す木村敬一は、ダビデ像のような壮麗な肉体美を誇る。1日5回の食事とハードな筋トレで、彫像のような肉体をつくり上げた。 腕はポパイと腕相撲をしても負
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1151回 一平氏掲載教科書見直し 違法賭博の恐ろしさ伝えて

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 タイミングがいいのか、悪いのか…。ドジャース大谷翔平の通訳・水原一平氏の違法スポーツ賭博問題が日本で報じられた翌日の3月22日、文部科学省は2025年度から中学で使用される教科書の検定結果を公表した
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1150回 韓国スポーツにも少子化の影響如実

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 これ以上の適任者はいない。ソウルでパドレスとドジャースが対戦するMLBの開幕戦。始球式のマウンドには、かつて両チームに在籍し、アジア出身投手としてはMLB最多となる通算124勝をあげたパク・チャンホ
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1149回 過去の宝にも光当てるドジャース大谷効果

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 大谷翔平には、未来を切り拓くだけではなく、過去の宝を発掘する力もあるようだ。旧知の古書店の店主と話していて、不意にそんな思いにとらわれた。 店主によると大谷がエンゼルスからドジャースに移籍したのを機
続きを読む
二宮清純「唯我独論」

第1148回 “低反発バット”ゆえの工夫こそ高校野球の本道

二宮清純「唯我独論」(水曜日更新)

 今月18日に開幕するセンバツは、ロースコアのゲームが増えると見られている。高野連は2年前、打球による受傷事故防止を目的に“低反発バット”の導入を決めた。移行期間を経て今春から新基準の金属バットに統一
続きを読む