ページのトップへ

二宮清純「スポーツのツボ」

第217回 スリルが醍醐味 アジア最終予選

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 最悪の状況は脱したが、まだまだ予断を許さない。 今年11月に開幕するサッカーW杯カタール大会。アジア最終予選グループBで、日本は2位につけている。 1位 サウジアラビア5勝1分け、勝ち点16 2位 
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第216回 得点、警告ともにJ最多。稀代の選手は経験をどう伝えるのか(大久保嘉人)

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

「今までの経験を伝えなきゃいけないが、ライセンスがゼロなんで……」 21年11月、引退記者会見の席で、こう語ったのは元日本代表のFW大久保嘉人である。 プロ野球の監督になるのに、ライセンスは必要ない。
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第215回 栗山ジャパン誕生 愛弟子と世界一へ

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 3大会ぶりの「世界一奪回」を目標に、侍ジャパン(野球日本代表)新監督の座に北海道日本ハム前監督の栗山英樹が就いた。「日本野球のために結束し、2023年WBCで優勝できるよう全力を尽くしたい」 野球の
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第214回 世界一のロックを目指す日本代表の秘密兵器(ワーナー・ディアンズ)

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 ラグビーにおいて、ラインアウトの成功率は勝負を占う上で大きなカギを握る。 2019年W杯日本大会における日本代表の成功率は1次リーグで9割を超えた。それが格上のアイルランド代表、スコットランド代表を
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第214回 北京五輪の深謀 デジタル人民元

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 近代五輪は1896年の第1回アテネ大会以来、基本的にうるう年に開催されてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大により2020年に予定されていた東京夏季五輪は、1年後の21年に開催された。 冬季五輪も9
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第213回 困難極まるW杯予選の切り札(田中碧)

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 2022年サッカーW杯カタール大会への道のりは、当初の予想より、はるかに厳しいものとなっている。 日本代表は4戦を終え、2勝2敗の勝ち点6。グループBの4位だ。1位はサウジアラビア(勝ち点12)、2
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第212回 大横綱の孤独(白鵬)

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 大相撲で史上最多となる45回の幕内最高優勝を誇る第69代横綱・白鵬が秋場所後に引退した。 本人によると、21年間の力士生活に終止符を打とうと決めたのは、今年7月の名古屋場所10日目だという。10連勝
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第211回 アイドルレスラー風間ルミ急死

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

<痛みは薬でおさまっているけど、今回はかなりの月経過多で貧血。買物に行こうとしたんだけど、クラクラして動けない>(8月31日・自身のツイッターより) アイドル顔負けの容貌を誇った元女子プロレスラーで、
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第210回 紆余曲折を経て、ルマン初優勝の栄誉に輝く

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 ルマン24時間レースは、F1のモナコGP、米国インディアナポリス500と並ぶ世界三大自動車レースのひとつである。 そのレースでトヨタに乗る小林可夢偉(小林/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス組
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第209回 サッカー界を揺るがした世紀の移籍劇(リオネル・メッシ)

二宮清純「スポーツのツボ」(第2、4火曜更新)

 東京五輪開催期間中の8月6日、サッカー界に衝撃が走った。ブラジルがスペインを降し、2大会連続2度目の五輪制覇を果たしたのは、その翌日である。 サッカースペインリーグ(ラ・リーガ)1部の強豪・FCバル
続きを読む