ページのトップへ

二宮清純「プロ野球の時間」

第718回 投手出身監督の利点と弱点

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 昨年オフ、横浜DeNA生え抜きの三浦大輔2軍監督が監督に就任したことにより、セ・リーグの監督は中日・与田剛、広島・佐々岡真司、東京ヤクルト・高津臣吾を含め、6人中4人が投手出身となった。<この原稿は
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第717回 昭和のプロ野球を代表する個性派(安田猛)

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。最近では、あまり見聞きしなくなったフレーズだ。要するにその手のピッチャーが少なくなったということだろう。<この原稿は2021年3月14日号『サンデー毎日』に掲載された
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第716回 王貞治とアーロンの動体視力

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 通算ホームラン868本の王貞治は、キャンプで大切にしているルーティンがあった。ブルペンでの“目慣らし”である。 V9時代、堀内恒夫や高橋一三といったエース級がブルペンで投球練習を始めると、自らもブル
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第715回 野球の伝道師よ、永遠なれ!(トミー・ラソーダ)

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 93歳での旅立ちだから、日本風に言えば大往生だろう。 ロサンゼルス・ドジャースで21シーズンにわたって監督を務めたトミー・ラソーダが1月7日(日本時間8日)、心臓発作によりロサンゼルス近郊の病院で息
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第714回 「備えあれば憂いなし」の新人たち

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 広島でキャッチャーとして3度のベストナインに輝く達川光男は高校時代、広島商の選手として高3の春と夏、2度甲子園に出場している。春は準優勝、夏は優勝。同期には作新学院(栃木)の江川卓がいた。 江川擁す
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第713回 格差是正に向けて投じた球の行方は……

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 ここ10年の日本シリーズの戦績はパ・リーグの9勝に対し、セ・リーグは1勝。2019年、20年と2年連続で巨人が福岡ソフトバンクに4連敗を喫したことにより、広がる一方の“リーグ間格差”に注目が集まって
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第712回 「魂を打て!」榎本喜八という男

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 巨人・坂本勇人が31歳10カ月、NPB史上2番目の年少記録で2000本安打を達成したことにより、ひとりのレジェンドに注目が集まっている。 最年少記録保持者は誰か。それは31歳7カ月で大台に到達した榎
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第711回 ハマの歓喜に向け 番長、いざ出陣!

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

「プロ野球の監督は大臣になるより難しいんや」 この2月に84歳で他界した野村克也は、口ぐせのように、そう語っていた。 ちなみに菅義偉内閣の大臣は、菅総理含めて21人。12人しかいないプロ野球(NPB)
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第710回 ベテランの付加価値とは

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ野球シーズンも終わりに近づくと、スポーツメディアの話題はベテラン選手たちの去就に移る。 大物としては福岡ソフトバンクの内川聖一、阪神の福留孝介が戦力外通告を受けたものの、現役続行を明言している。
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第709回 巨人・原監督、1勝11敗のクジ運

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 巨人・原辰徳監督のクジ運の悪さが話題になっている。10月26日に行われたドラフト会議、巨人は近大の野手・佐藤輝明を1位で指名したが、4球団が競合した結果、阪神が交渉権を獲得した。 これで原のクジ引き
続きを読む