ページのトップへ

二宮清純「プロ野球の時間」

第673回 もう1つのプロ野球を仕切る男

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 北陸・信越から北関東、東北、近畿を地盤とする「ベースボールチャレンジリーグ(BCリーグ)」は、日本で最大のプロ野球独立リーグである。 2007年に四国アイランドリーグ(現・四国アイランドリーグPlu
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第672回 王貞治も驚愕、イチローの「準備力」

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

「最低でも50歳までは現役」 こう言い続けてきたイチローだが、45歳5カ月で現役生活にピリオドを打った。 日米通算4367安打。単純比較はできないが、これはピート・ローズのメジャーリーグ記録4256安
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第671回 日照りをうるおす恵みの左腕(床田寛樹)

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 今シーズン、リーグ4連覇を目指す広島にも泣き所はある。日本人の先発サウスポーが育ってこないのだ。昨シーズンも先発で勝ち星をあげた日本人左腕は、高橋昂也ひとりだけだった。それも、わずか1勝である。ここ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第670回 復帰した名コーチ 勝利への「兵法書」

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 ノックをするのもしんどいようではプロ野球のコーチは務まらない。少ないコーチでチームを切り盛りする独立リーグにおいて、ひとりでもコーチが欠ければ、試合にも支障をきたす。 四国アイランドリーグPlusの
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第669回 プロ野球支える内助の功の伝説

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ野球選手はキャンプの1カ月間、まるまる家を空ける。シーズンが開幕してからは旅から旅への毎日だ。 家庭を切り盛りするのは奥さんだ。「銃後の護り」といえば、表現が古すぎるか。 監督時代、選手夫人に対
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第668回 筒香が告発!「勝利至上主義」の弊害

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ野球の現役選手が日本外国特派員協会で記者会見するのは異例である。 その席で「侍ジャパン」の4番、横浜DeNAの筒香嘉智は少年野球や高校野球の現場での「勝利至上主義」の弊害を指摘した。 アマチュア
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第667回 モチベーションに点火せよ(長野久義)

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 2月からスタートするスプリングトレーニング(春季キャンプ)を前にロサンゼルスで自主トレに励んでいた長野久義にすれば、寝込みを襲われたような心境だったのではないか。 FAで丸佳浩を巨人にさらわれた広島
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第666回 吉田輝星に18番 ポスト桑田・松坂

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 昨夏の甲子園を沸かせ、北海道日本ハムからドラフト1位指名を受けて入団した吉田輝星(金足農)の背番号が「18」に決定した。プロ野球におけるエースナンバーだ。 本人は「びっくりした。背番号に負けないピッ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第665回 日本シリーズの借りをいつ返す(緒方孝市)

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 球団史上初となる3連覇を達成したのだから、実績の上では「名将」である。しかしながら、広島・緒方孝市監督の評価はそこまで高くない。ポストシーズンゲームで惨敗が続いているからだ。 2016年の日本シリー
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第664回 大谷翔平、新人王は「物語」の始まり

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 ツーウェイ・プレイヤー(二刀流)の衝撃の大きさが投票結果に表れている。  MLBア・リーグの新人王に大谷翔平(エンゼルス)が選ばれた。当初はヤンキースの内野手ミゲル・アンドゥハーと接戦になると見られ
続きを読む