ページのトップへ

二宮清純「プロ野球の時間」

第790回 阪神史上最多勝利は“伊予の古狸”

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 阪神は4月17日、甲子園で巨人に2対0で勝利。岡田彰布監督は阪神の監督として通算485勝目をあげ、吉田義男の484勝を抜き、単独2位に浮上した。歴代1位は1962年、64年と2回、チームをリーグ優勝
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第789回 騙されかけた“伝説の大投手”

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 日本円で6億8000万円以上(報道初期の金額)の大金を、大谷翔平本人の同意なしに、どうやって送金できたのか。その経緯については、未だに明らかになっていないが、水原一平通訳による“違法賭博問題”が大谷
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第788回 日ハム新庄剛志、勝負のシーズン

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 今季のファイターズは侮れない。3年目の新庄剛志監督は「これで勝てなかったら僕の責任。最低でもプレーオフ、クライマックス(に出場する)」と、球団が開催したスペシャルパーティーで大見得を切った。<この原
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第787回 大谷翔平、脚でも魅せます!

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 今シーズンは打者1本に専念するドジャース大谷翔平に、「40―40」(40盗塁・40本塁打)の期待がかかる。<この原稿は2024年4月1日号『週刊大衆』に掲載されたものです> その驚異的な飛距離に注目
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第786回 「抑え転向」則本昂大と津田恒実

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ通算11年で114勝をあげている東北楽天の則本昂大が、今季からクローザーに転向する。長きに渡って、チームの抑えを任されてきた松井裕樹がパドレスに移籍したことでお鉢が回ってきた。<この原稿は202
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第785回 岡田阪神、連覇の先にあるもの

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

「今年は『アレ』を言わずに、連覇。連覇を第一目標に戦っていきたいと思います」<この原稿は2024年3月4日号『週刊大衆』に掲載されたものです> キャンプインするにあたり阪神・岡田彰布監督は、球団史上初
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第784回 掛布雅之と殿堂 ありし日の輝き

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 日米通算203勝の黒田博樹、NPB史上最多3021試合出場の谷繁元信の野球殿堂入りを報じる紙面の片隅に、掛布雅之の落選を伝える記事が小さく載っていた。<この原稿は2023年2月16日号『週刊漫画ゴラ
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第783回 ホークス、人的補償巡る“怪”

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 大ベテランの先発投手か、中堅のリリーフ投手か。どちらの選択が正解だったか、それはシーズン後でなければわからない。いや、数年後に判断すべきものかもしれない。いずれにしても、ミソをつけたのは人的補償を行
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第782回 大谷翔平ド軍へ 高額報酬の内実

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 FA権を利用してエンゼルスからドジャースに移籍した大谷翔平の報酬は、10年総額7億ドル(約1015億円)。<この原稿は2024年1月19日号『週刊漫画ゴラク』に掲載されたものです> これを受け、ML
続きを読む
二宮清純「プロ野球の時間」

第781回 原辰徳と岡田彰布 晩年に受けた屈辱

二宮清純「プロ野球の時間」(第1、3火曜更新)

 プロ野球の世界には「格」が存在する。これを無視した采配を振るうと、人間関係に亀裂が走るだけでなく、組織全体の空気も悪くなる。<この原稿は2023年12月15日号『週刊漫画ゴラク』に掲載されたものです
続きを読む