ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

長友のためにも FC東京担当の方、辛め原稿よろしく

 世界で勝つためには、もっと多くのJリーガーが海を渡る必要がある――トルシエがそう言ってから、もう20年近くになる。 事あるごとに賛否両論を巻き起こしてきた彼ではあるが、この発言に関してはほとんど何の
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

求められる「パワハラ」と「指導」の線引き

 知り合ったばかりの時期に、何げなく「W杯って戦争みたいなものでしょ」と口を滑らせたら、ストイコビッチに激怒された。「お前は戦争の何を知っているんだ!?」 その後、彼の生まれ育った街や首都の惨状を目の
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

“セカンドエンジン”を担うのは誰だ

 その実力は本物だった。 今夏、名古屋グランパスに加入したポーランド代表のストライカー、ヤクブ・シュヴィルツォクが9月14日、豊田スタジアムで行なわれた大邱(韓国)とのACL(アジアチャンピオンズリー
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第209回 サッカー界を揺るがした世紀の移籍劇(リオネル・メッシ)

 東京五輪開催期間中の8月6日、サッカー界に衝撃が走った。ブラジルがスペインを降し、2大会連続2度目の五輪制覇を果たしたのは、その翌日である。 サッカースペインリーグ(ラ・リーガ)1部の強豪・FCバル
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

久保は中心か 有望な若手か 新たな秩序への移行期

 連敗は免れた。勝ち点3も獲得した。そのことに安堵した人は少なくないだろうし、実はわたしもその一人だ。だが、一晩明けて改めて考えてみると、結果以外はほとんど得るところのない試合だった、といわざるを得な
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第236回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.22~

 時計の針を少しだけ戻す――。 2004年10月、要田勇一がジェフユナイテッド市原・千葉の“入団テスト”を受けていたときのことだ。 要田をジェフユナイテッド市原・千葉と繋いだ辰己直祐氏は、要田が思った
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、最終予選初勝利 ~カタールW杯アジア最終予選~

 サッカー日本代表(FIFAランキング24位)は8日、カタールワールドカップアジア最終予選第2節で、中国代表(同71位)と中立地カタール・ドーハで対戦し、1対0で勝利した。試合は前半40分、FW大迫勇
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

パラの“サムライブルー魂”に負けぬ戦いを

 フランス代表はプーマで、ブラジル代表は見たこともないブランドだった。つまり、彼らが着ていたユニホームは、A代表が使用するものとは明らかに違っていた。ブラインド・サッカーの話である。 仕方のない面はあ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

森保ジャパンが「建て直し」に必要なこと

 ショッキングな敗戦だった。 誰がこの結果を予想しただろうか。これまでオマーンとは僅差の勝負を展開してきたとはいえ、欧州シーズン開幕直後になる一発目の試合はコンディション的にかなり難しい試合になると考
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、ホームで手痛い黒星発進 ~カタールW杯アジア最終予選~

 サッカー日本代表(FIFAランキング24位)は2日、カタールワールドカップアジア最終予選の初戦で、オマーン代表(同79位)とパナソニックスタジアム吹田で対戦し、0対1で敗れた。試合は後半43分、FW
続きを読む