ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

近藤貫太(慶應義塾大学ソッカー部/愛媛県今治市出身)第4回「安泰のレギュラーを捨てる決意」

 愛媛FCユースに所属していた近藤貫太は高校1年のときから3年間、2種登録選手としてトップチームに帯同していた。クラブとしてもトップチームに上げたいと思うのが自然だろう。しかし、プロの下部組織に属しな
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

はあ、もったいない メキシコ戦 選手交代悪手で自爆

 自爆だな、こりゃ。 ロモのシュートを吉田が頭で弾き出したのが後半10分のこと。それまで、メキシコにチャンスらしいチャンスは一度もなく、これが彼らがつかんだ初めての決定機だった。それまでの55分間は、
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

森保ジャパンに求められる真の「臨機応変」

 自分たちがやりたいことを逆にやられてしまうとダメージは大きくなる。 まさにそんなシーンだった。 森保ジャパンのオーストリア遠征第2戦、強豪メキシコとの国際親善試合(日本時間18日、メルクール・アレナ
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、再三の好機いかせず敗戦 ~親善試合~

 サッカー日本代表は18日(日本時間)、メキシコ代表とオーストリア・グラーツで親善試合を行ない0対2で敗れた。後半18分、FWラウル・ヒメネスに先制点を奪われた。その5分後にはFWイルビング・ロサノに
続きを読む
FORZA SHIKOKU

近藤貫太(慶應義塾大学ソッカー部/愛媛県今治市出身)第3回「剛と柔の融合」

 愛媛FCジュニアユースに所属していた中学3年時から近藤貫太は、1つ上のカテゴリーであるユースの練習にも参加した。全ての者がジュニアユースからユースへと昇格できるわけではない。それでも近藤は「(昇格す
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「伝統の一戦」滅びるぞ…ドイツのように

 勝った方が優勝、という状況で迎えた8日の早慶戦は、これぞ伝統の一戦! というべき凄い試合だった。 4回に逆転した慶応は、1点のリードを守ったまま、9回表を迎えた。イニングまたぎのエース木沢は、この回
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

途中出場の遠藤航が流れをかえる ~オーストリア遠征~

 サッカー日本代表(FIFAランキング27位)は13日、パナマ代表(同77位)とオーストリアで親善試合を行い1対0勝利した。後半16分にMF南野拓実(リバプール)がPKを決めた。日本はこの1点を守り抜
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第226回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.12~

 部屋の受話器を取ると、「おう、俺だ、納谷だ」という、だみ声が聞こえてきた。 まだ日は昇っておらず、窓の外は真っ暗だった。納谷とはいったい誰だ。そんな知り合いがいただろうかと要田勇一は首を傾げた。そも
続きを読む
FORZA SHIKOKU

近藤貫太(慶應義塾大学ソッカー部/愛媛県今治市出身)第2回「飛び級人生」

 近藤貫太の武器であるキック力は幼少期からの特訓の賜物だった。「幼稚園の時に“卒園するまでにボールを蹴って幼稚園の門を越せるようにしてやるぞ”と目標を決めてボールを蹴っていました」と、近藤は明るい表情
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

Jも鬼滅コラボユニお願いしてみては

 ここ数年、「最近一番泣いた映画は?」と聞かれた際の答えは決まっていた。「ボヘミアン・ラプソディ」 クライマックスはウェンブレーでのライブ。紆余曲折を経て「クイーン」に戻ってきたフレディー・マーキュリ
続きを読む