ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

つなぎ倒したGKが示す本田カンボジアの方向性

 サッカー専門誌の駆け出し編集者だった30年ほど前、毎日新聞の名物記者だった荒井義行さんに言われたことがある。「その監督がどんなサッカーを目指しているかは、GKを見りゃあわかるんだ」 ゴールキックをド
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

李忠成がプレミアリーグの“壁”にはね飛ばされた理由 ~稲川朝弘Vol.21~

 サウサンプトン・フットボールクラブはイングランド南部、ハンプシャー州のサウサンプトンを本拠地とするサッカークラブである。 サウサンプトン水道の最北に位置するサウサンプトンはローマ人が開いた港湾都市と
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、白星発進 ~カタールW杯アジア2次予選~

 サッカー日本代表(FIFAランキング33位)は10日、2022年ワールドカップカタール大会アジア2次予選初戦でミャンマー代表(同135位)と対戦し、2対0で勝利した。試合は前半16分、MF中島翔哉(
続きを読む
FORZA SHIKOKU

福本拓海(慶應義塾大学体育会ソッカー部/愛媛県松山市出身)第2回「“団子”には入らず」

 福本拓海は3人兄弟の次男として愛媛県松山市で生まれた。父親・雅則がサッカー経験者だったこともあり、兄弟みんながサッカーを始めるのはごく自然な流れだった。福本は4歳からサッカーを始め、幼稚園に入園する
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

日本ラグビーの未来はW杯での勝利が鍵

 自国開催の世界大会で結果を残す。スポーツがその国に根付き、発展していく上で、これ以上効果的な結果はない。 なぜ日本において、バスケットボールはバレーボールほどには人気を博することができなかったのか。
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

大迫の凱旋ゴールなどで日本が勝利 ~キリンチャレンジカップ~

 サッカー日本代表(FIFAランキング33位)は5日、カシマスタジアムでパラグアイ代表(同39位)と親善試合を行い、2対0で日本代表が勝利した。日本は前半23分、FW大迫勇也(ブレーメン)のゴールで先
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

新海外組に求められる自分のサイクル

 森保ジャパンの海外組が拡大している。 今回の親善試合パラグアイ戦(5日、カシマスタジアム)、カタールW杯2アジア次予選ミャンマー戦(10日、アウェー)に選ばれた日本代表メンバー23人のうち、今夏Jリ
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第268回「大花火」 ~大宮との戦い~

 子供たちが夏休みをエンジョイしていた時節、愛媛FCは好調を維持していた! 7月31日に行われた第25節(対長崎戦)での勝利を皮切りに、第26節(対岡山戦)、第27節(対千葉戦)と勝利し、今季初の3連
続きを読む
FORZA SHIKOKU

福本拓海(慶應義塾大学体育会ソッカー部/愛媛県松山市出身)第1回「松山が生んだワンタッチゴーラー」

 慶應義塾大学体育会ソッカー部は北京五輪サッカー日本代表の指揮を執った反町康治(松本山雅FC監督)や元日本代表FW武藤嘉紀(ニューカッスル)、溝渕雄志(松本山雅FC)らを輩出した名門だが、2017年に
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

トルシエやエディーのやり方はパワハラと非難されただろうか

 重大なミスを犯した選手を監督が殴ったとする。これって、パワハラだろうか。 違う、とわたしは思う。 暴力は、“ハラスメント=嫌がらせ”なんて言葉で片づけられるものではない。当事者がどんな理屈を並べよう
続きを読む