ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

大森遊音(国士舘大学サッカー部/愛媛FCユース出身)第1回「クラシカルなボランチ」 特別編

 サッカーのボランチとはポルトガル語で「車のハンドル」という意味の通り、中央にポジションを取って攻守のかじ取り役を担うポジションだ。敵の攻撃の芽を摘み、パスでチームを動かすのが基本的な役割である。国士
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

無観客でJのプレースタイルは変わるか

 阪神の藤川球児が不調なのは、無観客試合の影響ではないか、というコラムを他紙で読んだ。彼はスタンドの空気を全身に感じながら投げる男。だからではないか、という。 なるほど。 リモートマッチ。野球はサッカ
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

東京五輪、「森保総監督、横内監督」が望ましい

 A代表とU-23代表を率いる森保一監督の「兼任」が難しくなってきた。 コロナ禍によって東京オリンピックが来年に延期となり(7月23日開幕)、A代表も今年3月からカタールワールドカップアジア地区2次予
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第276回「リスタート」 ~オレンジメッセージプロジェクト~

「いよいよ熱狂の日々が戻ってくる!」 5月29日(金)、Jリーグは2月下旬以降中断しているJ1&J2リーグ戦の再開を発表した。また、当面は無観客での試合を行い、段階的に観客を入れるための準備を進めてい
続きを読む
いよぎんレポート

愛媛FCレディース大矢歩、感謝を胸になでしこ1部への挑戦

 今季の愛媛FCレディースは、チーム創設10年目にして初の1部挑戦だ。昨季プレナスなでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)2部で7得点と活躍し、2部優勝&1部昇格に貢献した大矢歩には攻撃の柱としての期
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

観客のいないサッカー……当たりがない

 プロ野球なんか開幕しなきゃよかったんだ……と毒づきまくっていた週末は過去のものとなり、虎さんチームも今年の1勝目をあげた。めでたしめでたし。 無観客試合。リモートマッチ。野球に関していうと、静まり返
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第180回 ブランクを感じさせないプレーで魅了(原口元気)

 新型コロナウイルスのパンデミックにより、世界中のスポーツが延期や中断、中止に追い込まれる中、ドイツのブンデスリーガ(1部と2部)が5月16日、約2カ月ぶりに再開した。 リーグの再開を巡っては賛否が分
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

J再開へ、過酷な夏を乗り切るために

 分かってはいたが、実際に眺めるとかなりきつそうだ。 再開するJリーグの日程である。J1は7月4日から、J2、J3は6月27日から5カ月半かけて消化していく。通常10カ月の日程が半分近く凝縮されるわけ
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第221回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.7~

 1999年3月、要田勇一が東京行きの準備をしていたとき、ヴィッセル神戸でチームメイトだった神野卓哉から連絡があった。 70年生まれの神野は修徳高校から、横浜マリノスの前身となる日産自動車サッカー部に
続きを読む