ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

浦和声出し問題“校則”を変えるのは“生徒”たちの声

 今回はちょっと自信なさげに書きます(笑)。 殺人。近代社会における絶対悪。明治だろうが大正だろうが昭和だろうが平成だろうが、断じて許されることではありません。なので、令和の世を生きるわたしたちが明治
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第247回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.33~

 2007年1月、フクダ電子アリーナでJリーグ合同トライアウトが開催された。このシーズンオフ、11月に続く2度目だった。 長居陸上競技場での第1回終了後、要田勇一を獲得しようというクラブは現れなかった
続きを読む
【特別企画】サッカー日本代表への辛口応援

フリーキックに磨きをかけろ!<前編>

二宮清純: サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会開幕まであと約3カ月。日本代表の現在地や、カタールW杯の展望をサッカー解説者としてお馴染みのセルジオ越後さんと語り合います。よろしくお願いします。
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

谷晃生はW杯メンバーに生き残れるか

 唯一の見せ場で、きっちりとアピールした。 東アジアナンバー1を決めるE-1選手権、最終日の韓国代表戦(7月27日、豊田スタジアム)。国内組で編成された森保ジャパンはライバルを圧倒して3-0で勝利し、
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第300回 「橙色」 ~愛媛プロスポーツ4団体の新たな取り組み~

 6月10日(金)、愛媛FC公式HPにて「DYE DYE ORANGE PROJECT(だいだい オレンジ プロジェクト)」を始動させるとの発表があった。 同プロジェクトは、愛媛FC(サッカー)、愛媛
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

相馬の「考える力」は代表に必要

 香港戦と中国戦は有料の公開試合。評価の対象となるのは韓国戦のみ。そう決めてこの大会を眺めてきた。 それでいながら、中国戦の後はこめかみがヒクつきかけてしまったわたしである。結果は度外視といいながら、
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第184回 W杯メンバー選考の機会としては難しいE-1選手権

 さて、7月はサッカー・E-1選手権がありましたね。森保ジャパンは4大会ぶり2度目の優勝を果たしました。カタールW杯開幕を4カ月後に控えた今、Jリーガーたちにとっては実質、ラストチャンス。E-1選手権
続きを読む
サッカー日本代表ニュース

日本、4年ぶり2度目の東アジア制覇 ~E-1選手権~

 EAFF E-1選手権2022決勝大会の日本代表対韓国代表戦が27日、豊田スタジアムで行われ、日本が3対0で勝利した。これにより日本は4年ぶりに同選手権を制した。試合は後半4分にMF相馬勇紀(名古屋
続きを読む
サッカー

長谷部誠、EL王者として凱旋! ~ブンデスリーガジャパンツアー2022~

 スカパーJSATは26日、22/23ブンデスリーガ開幕&ジャパンツアー2022発表イベントを開催した。イベントにはフランクフルト所属のMF長谷部誠がオンラインで出席した。 スカパーが独占放映権を持つ
続きを読む