ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

Jサポの連帯感が横浜のアジア頂点後押し

 30年前の5月18日、アテネで行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝で、バルセロナはACミランに0-4で敗れた。バルセロナ隆盛の礎を築いたクライフにとっては、“終わりの始まり”とも言うべき衝撃的な惨敗
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

Jリーグの日。もしあのときラモス瑠偉が日本を去っていたら

 5月15日は「Jリーグの日」である。 1993年の同日、チアホーンが鳴り響く東京・国立競技場において「ヴェルディ川崎―横浜マリノス」のオープニングマッチでJリーグが華々しく開幕してはや31年が経つ。
続きを読む
サッカー

F・マリノス、初戦白星! ~AFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦~

 AFCチャンピオンズリーグ決勝第1戦、横浜F・マリノス対アルアインの一戦が11日、日産スタジアムで行なわれ、横浜FMが2対1で逆転勝利を収めた。前半12分、アルアインのFWモハンメド・アルバルーシに
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“マイアミの奇跡“に乗ったA代表 28年前の再現期待

 28年前、日本は28年ぶりの五輪出場を果たした。あのとき、銅メダルを獲得した68年メキシコ五輪のことを、ほとんど江戸時代の出来事のように感じていたわたしには、いまの若い世代にアトランタ五輪の重要性を
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第268回 家の目の前がサッカーグラウンド ~ホルヘ・ヒラノVol.3~

 ホルヘ・ヒラノの祖父、熊本県生まれの平野佐次郎が、ペルー南部、サン・ビセンテ・デ・カニェテの地を踏んだのは第一次世界大戦が終わりに差し掛かっていた1918年のことだ。 カニェテ州の州都、カニェテは首
続きを読む
スポーツ未来塾

第6回「『輝ける社会』への部活改革」聖学院中学・高校部活動取材レポート

 リーフラス株式会社は、全国41都道府県でサッカー、野球、バスケットボールなどのスクール事業を展開し、現在、小中学校の部活指導を41の自治体、累計で約1500校から受託している。2020年からスタート
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

U-23カタールとの一戦がパリへの最大の収穫

 日本の23歳以下代表が、無事にパリ五輪出場権を勝ち取った。まずは、大変な重圧の中、目標を達成したチームに賛辞を贈りたい。 1次リーグで韓国に敗れたことで、一時は予選突破自体を危惧する声もあった。大岩
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

細谷真大に感じた、屈しない工藤壮人のマインド

 パリオリンピックを手繰り寄せたのはエースだった。 ドーハで開催中のU-23アジアカップ、準決勝のU-23イラク代表戦。勝てば五輪出場権を手にできるこの一戦、前半28分に藤田譲瑠チマからのフィードを引
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第320回 「継承」~プリンスリーグ2024四国に挑むU-18~

 昨シーズン、プリンスリーグ2023四国において勝ち点1の差で(リーグ戦)3位という悔しい結果に終わった(2023シーズンの)愛媛FC U-18チーム。 最終戦績は「13勝2敗3引き分け」で勝ち点42
続きを読む