ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

バルサ安部の移籍金に思う“日本人の貧しさ”

 移籍金110万ユーロ(約1億3310万円)で安部裕葵のバルセロナ移籍が決まった。チームの公式サイトによれば、契約期間は4年で、バルサB(実質3部リーグに所属)に在籍中は4000万ユーロ(約50億円)
続きを読む
サッカー

川崎F、強豪チェルシーに勝利! ~Jリーグワールドチャレンジ2019~

「Jリーグワールドチャレンジ2019」の川崎フロンターレ対チェルシーFCの一戦が19日、日産スタジアムで行われ、川崎Fが1対0でチェルシーに勝利した。試合は後半42分に川崎FのFWレアンドロ・ダミアン
続きを読む
サッカー

女子W杯日本初開催へ 第1回招致委員会開催

(写真:招致委員長を務めるJFA田嶋会長。「正々堂々と戦う」と意気込んだ) 19日、FIFA女子ワールドカップ2023日本招致委員会は、JFAハウスで第1回招致委員会を開催した。委員長を務めるJFA
続きを読む
サッカー

西野氏、タイ新監督就任「東南アジアのリーダーにしたい」

(写真:ソムヨット会長<左>と記念撮影に臨む西野氏) サッカーロシアW杯で日本代表監督を務めた西野朗氏が19日、都内で会見を開き、タイ代表監督およびU-23タイ代表監督に就任することを発表した。西野
続きを読む
二宮寿朗「日本代表特捜レポート」

W杯アジア予選に「死の組」はあっても「天国の組」などない

 9月からスタートする2022年カタールワールドカップのアジア2次予選。 7月17日にマレーシアのクアラルンプールで抽選会が行なわれ、日本代表のF組にはキルギス(FIFAランク95位)、タジキスタン(
続きを読む
FORZA SHIKOKU

曽根晃太(明治大学体育会サッカー部/愛媛県喜多郡出身)第3回「父は敏腕仕掛人!?」

 小学時代、ドリブル小僧としてピッチを切り裂きまくったMF曽根晃太。新谷サッカースポーツ少年団(新谷SSS)のコーチが「困ったら晃太にパスを出しなさい」と指示するほど信頼は厚かった。ドリブルという天賦
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

また監督内部昇格……安易すぎる人事ではないか

 退任か、解任か。真相はともかく、磐田の名波監督がその職を離れた。ヘッドコーチだった鈴木秀人が、後任を務めることになった。 またか、と思った。 深刻な不振に陥ったチームが監督のクビをすげ替えるのは、洋
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第210回 李の能力を引き出した監督 ~稲川朝弘Vol.19~

 人との関係は、それぞれの特性もあれど、いつ出会ったかも重要になってくる。その意味で代理人の稲川朝弘にとって、李忠成は特別な選手の1人だ。 柏レイソルで埋もれていた、いわば“3軍”のときに目をつけたと
続きを読む
二宮清純「スポーツのツボ」

第157回 8月のメモリアル戦を見逃すな(フェルナンド・トーレス)

 サッカーJ1・サガン鳥栖の顔ともいえる元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが8月限りで現役生活にピリオドを打つ。「自分のベストのレベルに到達できていないのではないか? という疑問があった。ベスト
続きを読む
FORZA SHIKOKU

曽根晃太(明治大学体育会サッカー部/愛媛県喜多郡出身)第2回「敵陣と進路を“個の力”で切り拓く」

 明治大学体育会サッカー部のMF曽根晃太は愛媛県喜多郡で育った。この町は自然豊かで、田畑も多い。現在は日帰りや短期滞在で都心に住む人々が農業などを体験するグリーンツーリズムを取り入れている。 曽根は育
続きを読む