ページのトップへ

株式会社白寿生科学研究所「体と心の健康を応援する」を企業理念に掲げる白寿生科学研究所とともにお届けする直球あり、変化球ありの野球コラムです。どんな”隠し球”が飛び出すか。第2、第4月曜日更新です。

白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第86回 SCスタッフの白球コラム「U18野球W杯。球界OBも指摘、急造守備の難しさ」

 8月30日から9月8日まで韓国で開催されていたWBSC U-18野球ワールドカップ。高校日本代表は5位に終わってしまいました。今回で6度目の出場ながら、高校日本代表はいまだに優勝がありません。 今大
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

小野仁(白寿生科学研究所人材開拓課)第85回「19年夏の高校野球、星稜と大船渡」

 皆さん、この夏はどのようにお過ごしになられたでしょうか? 猛暑、そして連日の酷暑……。私にとって酷暑の毎日はとても身体にこたえる厳しいものでした。 さて、8月22日に夏の甲子園決勝が行われ、履正社(
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第84回 SCスタッフの白球コラム「敬老の日はスタジアムへ! 実証された高齢者の野球観戦の健康効果」

 夏休み期間中、全国各地の球場は家族連れなど多くの観客でにぎわいを見せました。NPB発表のセ・パ公式戦入場者数データによれば、8月25日までの708試合で入場者数は2179万2101人。1試合平均3万
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

岸川登俊(白寿生科学研究所人材開拓課)第83回「退団して初体験した子供たちの試合観戦」

 皆様、お久しぶりです。2度目の登場、白寿生科学研究所の岸川です。梅雨が明けたかと思ったら連日の猛暑です。梅雨の間は気温が上がらず日照時間も短かったため、野菜の育ちの悪さや値段の高騰が気になっていまし
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第82回 SCスタッフの白球コラム「高校球児を守れ。球数制限以外にも対策は?」

 8月6日から始まる第101回全国高校野球選手権に向け、続々と代表校が名乗りをあげています。甲子園での熱戦に向け気分の盛り上がるこの時期ですが、合わせて話題になるのが「球数制限」についてです。特に今年
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

小野仁(白寿生科学研究所人材開拓課)第81回「自ら体現しつつ教えること、目指せ50歳での140キロ!」

 皆さん、こんにちは。今のような梅雨の時期は不快指数が非常に高くなり、何をするにもまとわりつくような湿度の濃いベタベタ感がイヤなものですね。1年の中でも一番苦手な季節でありますが、皆さんはどの様な工夫
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第80回 SCスタッフの白球コラム「元祖ヘビー級打者が語る”体重と飛距離は比例する”」

 目下、両リーグトップの27本塁打を放ちキング一直線、埼玉西武の山川穂高選手が今季、絶好調です。 山川選手は14年、富士大からドラフト2位で西武に入団し、プロ入り4年目の2017年にブレークしました。
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

岸川登俊(白寿生科学研究所人材開拓課)第79回「選手と裏方、計23年のプロ野球生活から転身」

 皆さん、はじめまして。元プロ野球選手、そして2017年まで巨人でバッティングピッチャーを務めていた岸川登俊です。現在は白寿生科学研究所人材開拓課で働いています。このたび、「白球徒然 ~HAKUJUベ
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

第78回 SCスタッフの白球コラム「高校野球、東北地区北国旋風の理由」

 "令和の怪物"こと佐々木朗希投手(大船渡高・岩手)が話題を集めています。4月には日本代表U-18候補者合宿で高校生最速の163キロをマーク。また5月の練習試合では快速球を封印しながら7回14奪三振の
続きを読む
白球徒然 ~HAKUJUベースボールスペース~

小野仁(白寿生科学研究所人材開拓課)第77回「思い出ぽろぽろ~親父の1周忌を通じて~」

 皆さん、こんにちは。歳をとると月日が経つのが異常に早く感じてしまうと実感している今日この頃の小野仁でございます。お久しぶり! などと言えないほど2カ月という時間はあっという間に思えてなりません。普段
続きを読む