ページのトップへ

ライター

近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第221回 明日、また生きるぞ!「船木誠勝デビュー33周年記念大会」9.30大阪開催

 暑い日が続く。毎日、汗だくだ。 でも、昨年の今頃はそうではなかった。ほとんど外に出ることなく、冷房の効いた仕事部屋に籠り、『プロレスが死んだ日。~ヒクソン・グレイシーvs.髙田延彦20年目の真実~』
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第404回 ジョシュアvs.ワイルダー、スペンスvs.クロフォードは実現するか ~2大ドリームファイト展望~

(写真:ヘビー級統一王者ジョシュアは現在全階級を通じて最も集客力の高い選手になった Photo By Matchroom Sports) 一時は実現が危ぶまれたゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)
続きを読む
松本晋司「愛媛FC、背番号12の視点」

第257回「バモス!」 ~サッカー日本代表戦のパブリックビューイング~

「4年に一度のサッカーとサッカー応援仲間の祭典だ!」 6月、2018FIFAワールドカップ・ロシア大会が開幕した。大会前のテストマッチ(国際親善試合)を含め、本大会での日本代表戦のパブリックビューイン
続きを読む
西田真二「赤ヘル寅さん放浪記」

「チャンスは四国にあり」の看板を背負った2軍交流戦

 前期と後期のインターバルの間、四国アイランドリーグplus選抜を率いて、NPBイースタンリーグと交流戦を行いました。相手は北海道日本ハムと千葉ロッテ。話題のルーキー、清宮幸太郎選手が日本ハムのスタメ
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第93回 パラスポーツ体験会を進化させる

 2020東京パラリンピックに向けて、パラスポーツを多くの人に知ってもらおうと、パラスポーツ体験会が様々なかたちで行われています。主催は自治体、企業、各種団体など、STANDでも設立以来、定期的に行っ
続きを読む
佐野慈紀「ピカイチ球論!」

第161回 ヤクルト、オリックス。交流戦躍進の秘密はブルペン

 プロ野球はセ・パ交流戦が終了し、セ・リーグの東京ヤクルトが最高勝率チームになりました。ヤクルトはこれからペナントレースのダークホースとして注目です。 阪神は混セから脱落? ヤクルトの好調の要因は抑え
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

恐れる選手を勇士に変えた西野監督に脱帽

 一夜明けてもなお、歴史的勝利の余韻が残っている。ロシアが決勝トーナメント進出をほぼ確実にしたことも、セネガルが予想以上に洗練されていたことも、遠いところで起きた自分たちとは無縁の出来事のように思えて
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

「継続か転換か」一人の男が生んだ世界の潮流

 さあ、宴(うたげ)の始まりである。 率直にいって、現代のW杯は依然世界最大の大会ではあるものの、最高の大会ではもはやない。最高の技術、最高の戦術、最高の試合を見たいのであれば、W杯よりも欧州CLの方
続きを読む