ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

初めて出場権かからない予選……批判するつもりない

 今月のスポニチ「我が道」はジーコ。これがすこぶる面白い。 興味深かったのはテレ・サンターナ監督に対する思い。明らかな批判はないものの、そこかしこに不信感や不満が滲んでいた。 そういえば、かつてソクラ
続きを読む
白戸太朗「スポーツ“TRY”アングル」

第217回「なぜ他人のために走るのか」

(写真:オーストラリアのプロロードレースチーム「グリーンエッジ」)「なぜ表彰は個人なのに、チームで戦うんですか?」サイクルロードレース実況中継の仕事をしていた時によく聞かれた質問だ。 ロードレースの
続きを読む
杉浦大介「NY摩天楼通信」

第439回 ヘビー級因縁のリマッチを占う ワイルダーvs.フューリー見どころ

(写真:タイプの違う2人のヘビー級スターは13日の会見でも激しい舌戦を繰り広げた Photo By Scott Kirkland/FOX Sports)2月22日 ラスベガス MGMグランドガーデン
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

緊迫の中東情勢 五輪に影響及ばぬことを祈る

「我々は戦争を求めていない」と述べたトランプ大統領が命じたのは、無人機によるイラン要人の殺害だった。イラクにある米軍基地に向けて弾道ミサイルを発射した後、イランのザリフ外相は「事態のエスカレートや戦争
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第239回 残念だったヒョードルvs.ジャクソン2020年は、いまを生きる男たちの熱き闘いを!

(写真:大晦日に対決した那須川<左>と江幡の戦いには熱がこもっていた。 ⓒRIZIN FF) 両雄の全盛時からは、もう十余年の時間が流れている。PRIDEのリングで輝いていた頃のようなハイレベルなパ
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第216回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.2~

 要田勇一と初めて会ったのは、2001年5月末のことだ。要田の弟・章と知り合った翌週のことだった。 要田兄弟、そして章の大学の友人たちと新宿で食事をしながら軽く飲むことになった。要田は175センチほど
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第111回 「慣れる」と共生社会はつながっていた!

 2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、19年はパラリンピック関連の様々な報道がありました。その中から2つピックアップします。<東京パラリンピック開幕まで25日で1年となるのを前に、共同通信
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

“天才”マラドーナに学ぶ命をかけて戦う姿勢

 知人から「凄いよ」と勧められ、ネットフリックスで公開されている「マラドーナ・イン・メキシコ」というドキュメンタリーを見た。 なるほど、凄い。今年読んだノンフィクションの中では、新潟の早川史哉が自らの
続きを読む
垣原賢人「マル秘ファイター列伝」

藤波辰爾2世のターニングポイント

 振り返って考えてみるとターニングポイントだったと気づくことがある。 プロレスラーにとっての分岐点となる試合は、怪我からの復帰戦だろう。 僕にとっては、デビュー6戦目の試合がそれにあたる。Uインターの
続きを読む