ページのトップへ

金子達仁「春夏シュート」

資金源に暗雲……欧州に“違う日常”が訪れる日

 ANAホールディングスが、21年3月期決算で純損益が過去最大となる5100億円の赤字になる見通しを発表した。 全日空がエラいことになったということは、当然、日本航空も大変だろうし、世界中の同業他社も
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第121回 優しい動物園「ほほえみの会」

 理由はさておき、eスポーツの「ぷよぷよ」はちっとも進まないままなので、前回に引き続き、約30年前のふる~いお話をお届けしましょう。 前回も触れたとおり1991年、石川県で国民体育大会が開催され、その
続きを読む
大野俊三「ZAGUEIROの眼」

第163回 吉田&冨安は史上最高のDFコンビ

 サッカー日本代表が約10カ月ぶりに活動を再開しました。オランダ遠征を行い、カメルーン代表、コートジボワール代表と対戦しました。結果は1勝1分け。身体能力が高い相手に対し、守備陣は奮闘していたように映
続きを読む
鈴木康友「プロ野球セオリー&メモリー」

第15回 パCSの鍵はロッテ美馬にあり

 秋も深まったこの頃、ペナントレースも大詰めです。セ・リーグは巨人の優勝が秒読み、混戦だったパ・リーグも22日時点で、首位・福岡ソフトバンクがマジック6。今季はパ・リーグだけが特別規則(1位対2位、4
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

不祥事以上にフロントが果たすべき責任

 J1の仙台、J2の新潟と不祥事が相次いで発覚し、フロントに対する批判の声が高まっている。 彼らをかばうつもりはない。新潟に関していうならば、事件の発覚と発表の間にタイムラグをつくってしまったのは、明
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪OA枠 守備を重視するなら麻也

 いくら代表戦とはいえ、この状況で勝敗を問題視するのはいささか酷だと思っていた。なので、カメルーンとのパッとしない0-0にも腹は立たなかった。だから、というわけでもないが、この1-0に喜ぶ気持ちもそん
続きを読む
白戸太朗「スポーツ“TRY”アングル」

第226回「新しいオリンピック・パラリンピックを作ろう!」

(写真:五輪シンボルとクーベルタン男爵。彼なら今、どんな発言をするのか…) 1年延期された東京オリンピック・パラリンピック大会。 この夏までは「感染拡大が収束しないのに、開催は難しいのでは」というム
続きを読む
金子達仁「春夏シュート」

五輪世代のアドリブ力を見てみたい

 今だったら大騒ぎだろうなあ。「東京で78年W杯決勝が再現される!」と聞いたので、昼食代を削ってチケット代をひねり出した。会場は後楽園球場。「は?」と思わないこともなかったが、生ケンペス、生ニースケン
続きを読む
近藤隆夫「INSIDE格闘技」

第248回 さようなら、横浜文化体育館。忘れ難きは「カオサイvs.松村」

(写真:関内駅から徒歩5分。収容人数は5000人だ) プロレス、ボクシングのビッグイベントが数多く開催されてきた横浜文化体育館が先月6日、58年の歴史に幕を下ろした。 1962年5月に開館した同体育
続きを読む
田崎健太「国境なきフットボール」

第225回 オシムに愛された男 ~要田勇一Vol.11~

 2002年1月、日本人留学生のコーチでもあった、リチャード・モワールの手配により、要田勇一はデポルティーボ・ラコルーニャのBチームの練習に加わることになった。「(デポルティーボの本拠地であるリアソル
続きを読む