6日(日本時間)、FIFAワールドカップブラジル大会の準々決勝で、オランダがコスタリカをPK戦の末に下し、ベスト4進出を決めた。試合はオランダがコスタリカを押し込む展開。しかし、コスタリカのGKケイラー・ナバスを中心とした固い守りを崩すことができない。オランダにとって今大会初の延長戦も優勢に進めたものの、ゴールを奪えなかった。するとルイス・ファンハール監督は、延長後半終了間際にPK要員としてGKティム・クルルを投入。そのクルルはコスタリカの2人目のキックをセーブし、オランダにリードをもたらす。その後はオランダが4人連続で成功。迎えたコスタリカの5人目のキックを、再びクルルがストップして勝負を決した。オランダは準決勝でアルゼンチンと対戦する。
 ファンハール監督、PK戦への采配的中(サルバドル)
オランダ 0−0 コスタリカ
   PK 4−3)

 GKの試合といえる一戦だった。オランダはコスタリカの守護神・ナバスの好セーブに苦戦し、120分間でゴールを奪えなかった。一方で、オランダのGKヤスパー・シレッセンも時折訪れたピンチを確実に阻止。そして、PK戦直前に投入されたクルルが、指揮官の期待どおりの活躍で勝利へと導いた。

 試合はオランダが押し込む時間帯が続いた。22分、FWロビン・ファンペルシーが右サイドからの折り返しを左足で合わせるも、GKにセーブされる。そのこぼれたボールをMFウェズレイ・スナイデルが拾ってシュートを放ったが、再びナバスにキャッチされた。29分には、FWメンフィス・デパイがPA内左へ抜け出し、左足でニアサイドを狙ったが、これもナバスに右足1本で防がれた。

 39分、PA手前で得たFKをスナイデルが直接狙った。キックはゴール左へと飛んだが、コスタリカの守護神に右手で弾き出され、ゴールを挙げられないまま、試合を折り返した。

 後半もオランダが攻め込み、コスタリカが耐える構図はかわらない。しかし、ナバスに加え、巧みなオフサイドトラップを仕掛ける統制されたコスタリカ守備陣を前に、ゴールを奪えないまま時間が経過していった。後半37分、再びスナイデルがFKで直接ゴールを狙ったものの、これはゴール左ポストに当たってしまった。結局、スコアレスで90分間を終了し、オランダは今大会初の延長戦を戦うことになった。

 延長もオランダはコスタリカゴールを脅かし続けたが、ゴールが遠い。逆に、前がかりになったところをコスタリカにカウンターで仕掛けられた。延長後半12分、FWマルコス・ウレーニャに仕掛けられ、PA内右45度の位置から右足を振り抜かれた。だが、このシュートをシレッセンが足で弾き出すスーパーセーブ。少ない守備機会にもシレッセンは高い集中力を保っていた。

 すると、延長後半アディショナルタイム、ファンハール監督が意外な采配を見せた。PK戦を見据え、シレッセンに代えてクルルを投入。試合はそのままスコアレスで指揮官の読みどおり、PK戦へと突入した。PK戦でファンハール監督の交代策が、見事に的中した。

 オランダは後攻となり、1人目は両チームともに成功した。迎えたコスタリカの2人目はFWブライアン・ルイス。ここでクルルがルイスのゴール右へのキックをストップした。そしてオランダは2人目のFWアリエン・ロッベンがゴール左へ決めて、1本のリードを奪った。その後、3人目、4人目は互いに成功し、スコアは4−3でオランダリードは変わらない。オランダはコスタリカの5人目が失敗もしくは、自チームの5人目が成功すれば勝ち抜けが決まる。コスタリカのマイケル・ウマニャはゴール右を狙ったシュートを、クルルが左手を伸ばして弾き出した瞬間、オランダのベスト4進出が決定した。

 オランダは10年南アフリカW杯に続いて4強入りを果たし、“オレンジ軍団”悲願の世界一にまた前進した。コスタリカ戦で心身ともに疲弊したことは事実だが、総力戦を制したことでチームのまとまりは増したはず。次のアルゼンチン戦も、一枚岩となって戦えれば、ファイナル進出もそう難しくはないだろう。

(鈴木友多)

【オランダ】
GK
ヤスパー・シレッセン
→ティム・クルル(120分+2)
DF
ロン・フラール
ステファン・デ・フライ
ブルーノ・マルティンス・インディ
→クラース・ヤン・フンテラール(105分)
ダレイ・ブリント
MF
ヴェスレイ・スナイデル
ジョルジニオ・ワイナルドゥム
FW
ロビン・ファン・ペルシー
アリエン・ロッベン
ディルク・カイト
メンフィス・デパイ
→イェレマイン・レンス(76分)

【コスタリカ】
GK
ケイラー・ナバス
DF
ジョニー・アコスタ
ジャンカルロ・ゴンサレス
マイケル・ウマニャ
ジュニオール・ディアス
クリスティアン・ガンボア
→デイブ・マイリー(79分)
MF
セルソ・ボルヘス
クリスティアン・ボラーニョス
ジェルツィン・テヘダ
→ホセ・ミゲル・クベロ(97分)
FW
ジョエル・キャンベル
→マルコ・ウレーニャ(66分)
ブライアン・ルイス