ジャパンラグビートップリーグは16日に都内で記者会見を行い、2022年1月開幕の新リーグ名称を「JAPAN RUGBY LEGUE ONE」(ジャパンラグビーリーグワン)とすることを発表した。注目のディビジョン分けは、ディビジョン1(仮称)に前身のトップリーグ16チーム中から12チームが入った。リーグ開幕は来年1月7日に決まった。

 

【JAPAN RUGBY LEAGUE ONE概要】

 

【ディビジョン1】(12チーム) ホストエリア

NECグリーンロケッツ東葛 千葉県我孫子市、柏市、松戸市、流山市、野田市、鎌ケ谷市

NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安 千葉県浦安市および周辺地域(※調整中) 宮城県仙台市(セカンダリーホストエリア)

NTTドコモレッドハリケーンズ大阪

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ 東京都江戸川区、中央区、千葉県市川市、船橋市、千葉市、市原市、成田市

コベルコ神戸スティーラーズ 兵庫県神戸市

埼玉パナソニック ワイルドナイツ 埼玉県

静岡ブルーレヴズ 静岡県

東京サントリーサンゴリアス 東京都、港区、府中市、調布市、三鷹市

東芝ブレイブルーパス東京 東京都、府中市、調布市、三鷹市

トヨタヴェルブリッツ 愛知県豊田市、みよし市、名古屋市

横浜キヤノンイーグルス 神奈川県横浜市 大分県(セカンダリーホストエリア)

リコーブラックラムズ東京 東京都、世田谷区

 

【ディビジョン2】(6チーム)

釜石シーウェイブスRFC 岩手県釜石市

花園近鉄ライナーズ 東大阪市、大阪府

日野レッドドルフィンズ 東京都日野市、八王子および周辺地域(※調整中)

マツダスカイアクティブズ広島 広島県

三重ホンダヒート 三重県

三菱重工相模原ダイナボアーズ 神奈川県、相模原市

 

【ディビジョン3】(6チーム)

九州電力キューデンヴォルテクス 調整中

クリタウォーターガッシュ昭島 東京都昭島市

清水建設江東ブルーシャークス 東京都江東区

中国電力レッドグリオンズ 広島県 中国地方全域(フレンドリーエリア)

豊田自動織機シャトルズ愛知 愛知県

宗像サニックスブルース 福岡県宗像市 福岡県北九州市(セカンダリーホストエリア)

 

※各ディビジョン名は後日発表