ページのトップへ

この人と飲みたい - Page 17

Print本格芋焼酎『木挽BLUE』の雲海酒造がお届けするアスリートと二宮清純の対談コーナーです。雲海酒造のお酒を飲みながら選手の知られざるエピソードをご紹介します。

この人と飲みたい

小椋久美子(元バドミントン選手)<前編>「知られざるバドミントンの奥義」

二宮: お久しぶりです。今日は 「那由多(なゆた)の刻(とき)」を飲みながら、いろいろとお話を伺いたいと思います。小椋さんの飲み方は?小椋: 打ち上げなんかではグイグイと飲みますけど、普段は好きなお酒
続きを読む
この人と飲みたい

猫ひろし(お笑い芸人)<後編>「カンボジア代表でロンドン五輪へ」

二宮: 現在、マラソンブームで市民ランナーが増えていますが、猫さんにとってマラソンの魅力とは?猫: 走っている時って、いろいろと考えられるんですよ。僕はそれが好きですね。二宮: 新しいギャグを考えたり
続きを読む
この人と飲みたい

猫ひろし(お笑い芸人)<前編>「猫の心臓はアスリート並み!」

二宮: 猫ひろしさんは焼酎が好きだと聞きました。どんなタイプの焼酎が好きですか?猫: 芋を中心に何でもいただきます。僕はビールが苦手なので、最初の一杯目から焼酎なんです。二宮: 私はロックで飲むのが好
続きを読む
この人と飲みたい

荻原次晴(スポーツキャスター)<後編>「スキージャンプで最も怖いのは元カノ!?」

二宮: 焼酎をよく飲むようになったきっかけは?荻原: 7、8年前に宮崎にサーフィン旅行に行ったのがきっかけですね。それから、いも焼酎を飲むようになりました。二宮: サーフィンもやるんですか? 運動神経
続きを読む
この人と飲みたい

荻原次晴(スポーツキャスター)<前編>「荻原健司と間違えられて」

二宮: 荻原さんとは昨年11月に埼玉でのフォーラムでお会いして以来ですね。今日は「那由多(なゆた)の刻(とき)」をいただきつつ、語り合いたいと思っています。荻原: 今日はお酒を飲みながら話ができると聞
続きを読む
この人と飲みたい

遠藤憲一(俳優)<後編>「セリフも文章も“捨てる勇気”を」

二宮: 俳優の仕事は地方でのロケも多いでしょう。ご当地のお酒を味わうのも楽しみのひとつなのでは?遠藤: そうですね。実は焼酎が好きになったのも、地方ロケがきっかけなんです。寒冷地で地元の方に勧められて
続きを読む
この人と飲みたい

遠藤憲一(俳優)<前編>「お酒が切り拓いた新境地」

二宮: 今回は存在感のある演技が魅力の遠藤憲一さんをお招きしました。私がインタビュアーを務めるBS朝日の「勝負の瞬間(とき)」でもナレーションを務めていただいています。遠藤: 実はお会いするのは、初め
続きを読む
この人と飲みたい

田尾安志(野球解説者)<後編>「ゴルフにも通じる究極の打撃論」

二宮: 田尾さんは2005年に新規参入の東北楽天で監督を務めました。成績は38勝97敗1分の最下位。初年度のチームだけにいろいろと苦労も多かったのではないでしょうか。そんな時、お酒で癒されたという思い
続きを読む
この人と飲みたい

田尾安志(野球解説者)<前編>「斎藤佑樹への期待と課題」

二宮: 今回は雲海酒造さんの地元でもある宮崎から対談をお届けします。宮崎といえば春はプロ野球のキャンプですね。シーズン開幕も間近ですし、田尾さんとそば焼酎「雲海」をいただきながら、今季の注目選手などを
続きを読む
この人と飲みたい

田中雅美(スポーツコメンテーター)<後編>「アスリート女子会で大盛り上がり!?」

二宮: 田中さんは、将来的に水泳の現場でコーチをしたいという思いはありますか?田中: 私が今目指しているのは、底辺の拡大と言うか、水泳ができない人にも泳ぎを楽しんでもらいたいということなんです。二宮:
続きを読む