ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

河添千秋(日本女子体育大学陸上競技部/愛媛県北宇和郡鬼北町出身)最終回「未来へのステップ」

「高校で陸上を辞めようと思っていたんです」 インタビューの際、河添千秋の口から飛び出したのは、意外な言葉だった。女子三段跳びの高校記録保持者。全国高校総合体育大会(インターハイ)も優勝した。だから更な
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河添千秋(日本女子体育大学陸上競技部/愛媛県北宇和郡鬼北町出身)第3回「きっかけは気分転換!?」

 河添千秋は中学1年で全国制覇を果たしながら、その後伸び悩んでいた。低迷から抜け出すために松山北高校への転校を選んだ。それは簡単な選択ではなかったはずだ。だが彼女は踏み切った。 なぜなら同校陸上部の中
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

心のアドバンテージと引き出しの多さで勝つ(鈴木雄介)<後編>

二宮清純: やはり競歩は膝を痛めやすいのでしょうか。鈴木雄介: そうですね。あのスピードで脚を伸ばしますから、どうしても膝に負担がかかってしまいます。<この原稿は2015年7月号『第三文明』(第三文明
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河添千秋(日本女子体育大学陸上競技部/愛媛県北宇和郡鬼北町出身)第2回「飛躍のための選択」

 愛媛県北宇和郡鬼北町で生まれ育った河添千秋は5歳上の兄、2歳上の姉がいる末っ子だ。2000年の秋分の日に生まれたため、「千秋」と名付けられた。幼少期は3人でよく遊んだ。「田舎なので交通量も少なく、近
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

競歩、「最も過酷なレース」で掴んだW金 ~陸上~

(写真:愛知製鋼の内田隆幸コーチから「基礎を教わった」という2人の金メダリスト<左か山西、鈴木>) 8日、日本陸上競技連盟は都内ホテルで、カタール・ドーハで行われた世界陸上競技選手権大会における日本
続きを読む
FORZA SHIKOKU

河添千秋(日本女子体育大学陸上競技部/愛媛県北宇和郡鬼北町出身)第1回「笑顔で飛び出すジャンパー」

 東京・世田谷区にキャンパスを置く日本女子体育大学は、様々な競技で数々のトップアスリートを世に送り出してきた。前身の二階堂体操塾で言えば、日本人女性初のオリンピックメダリスト・人見絹枝がOGにいる。三
続きを読む
二宮清純「ノンフィクション・シアター・傑作選」

心のアドバンテージと引き出しの多さで勝つ(鈴木雄介)<前編>

 この9月にカタール・ドーハで開催された世界陸上。男子競歩50キロで鈴木雄介(富士通)が金メダルに輝いた。スタート時の気温は30度、湿度80%という悪条件の中、積極的にレースを展開し、フィニッシュした
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

山西、男子20km競歩制覇 日本勢競歩2冠! ~世界陸上ドーハ大会~

 現地時間4日、世界陸上競技選手権がカタール・ドーハで行われ、男子20km競歩で山西利和(愛知製鋼)が1時間26分33秒で制した。男子50km競歩の鈴木雄介(富士通)に続き、日本勢6人目の金メダル。日
続きを読む
スポーツ全般/ノンジャンル

鈴木雄介、男子50km競歩V 東京五輪内定 ~世界陸上ドーハ大会~

 現地時間28日、世界陸上競技選手権がカタール・ドーハで行われ、男子50km競歩は日本記録保持者の鈴木雄介(富士通)が4時間4分20秒で優勝した。日本勢5人目の金メダルを獲得。競歩種目では初の快挙だ。
続きを読む