ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

岩佐壱誠(帝京大学駅伝競走部/徳島県那賀町出身)第3回「一番下からのスピード昇格」

 帝京大学駅伝競走部4年生の岩佐壱誠は中学時代、剣道部に属しながら駅伝大会前に結成される期間限定の部活に招集されていた。中学2年の冬に開催された徳島駅伝16郡市という郡市対抗戦を走った。その走りを見た
続きを読む
FORZA SHIKOKU

岩佐壱誠(帝京大学駅伝競走部/徳島県那賀町出身)第2回「大自然の中を爆走した少年期」

 帝京大学駅伝競走部に所属する4年生の岩佐壱誠は、徳島県那賀町で生まれ育った。この町は高の瀬峡という峡谷や大釜の滝、大轟の滝など景勝地がある。大自然の地に岩佐は生を受けた。 岩佐は予定日より約1カ月も
続きを読む
FORZA SHIKOKU

岩佐壱誠(帝京大学駅伝競走部/徳島県那賀町出身)第1回「未知数で楽しみなランナー」

 帝京大学駅伝競走部は1999年に創部された。部の歴史は浅いが正月の風物詩と言われる箱根駅伝の常連校である。同駅伝での最高順位は第76回大会と第89回大会で記録した総合4位。2005年11月に就任した
続きを読む
FORZA SHIKOKU

藤本愛妃(東京医療保健大学女子バスケットボール部/徳島県徳島市出身)最終回「“納得するまでやり切らないと気が済まない”」

 関東大学選手権大会で準優勝、関東大学リーグ戦と全日本大学選手権大会(インカレ)の2冠を達成した東京医療保健大学女子バスケットボール部。2018年度のシーズンも主役となることが予想された。台湾・台北で
続きを読む
FORZA SHIKOKU

藤本愛妃(東京医療保健大学女子バスケットボール部/徳島県徳島市出身)第4回「熱血コーチとの出会い」

「難しいですね。恩師……恩師です」 東京医療保健大学4年の藤本愛妃が、同大女子バスケットボール部の恩塚亨ヘッドコーチ(HC)について言葉を詰まらせたのには理由がある。恩義はある。だが「恩師」との表現が
続きを読む
FORZA SHIKOKU

藤本愛妃(東京医療保健大学女子バスケットボール部/徳島県徳島市出身)第3回「今に繋がる桜花学園での経験」

 徳島で名を上げた藤本愛妃の元に桜花学園高校からの誘いが届いた。名将・井上眞一監督が率いる桜花学園は全国大会で数々の優勝を手にしている名門中の名門だ。藤本の入学前にその数は50をも超えていた。藤本は中
続きを読む
FORZA SHIKOKU

藤本愛妃(東京医療保健大学女子バスケットボール部/徳島県徳島市出身)第2回「人生を変えた校庭でのシュート」

「スゴイですよね。たった1回のシュートで変わっちゃうなんて……」 東京医療保健大学4年の藤本愛妃が、そう振り返るのは小学2年時である。学校の休み時間、友人に誘われ、校庭でバスケットボールをした。その時
続きを読む
FORZA SHIKOKU

藤本愛妃(東京医療保健大学女子バスケットボール部/徳島県徳島市出身)第1回「走れるセンター」

 日本人で179cm(取材時)というサイズは一般的には高身長だ。だがバスケットボール界に身を置けば、それほどでもない。ましてや彼女が主戦場としているセンターならば尚更だ。彼女とは東京医療保健大学4年の
続きを読む
FORZA SHIKOKU

宇都宮恵理(日本郵政グループ/愛媛県大洲市出身)最終回「手に汗握りながら直訴したあの日」

 2009年、宇都宮恵理は八幡浜高校に入学し、陸上部に入部した。県内屈指の強豪校。最初は中学時代の練習量とのギャップに苦しんだ。 中学ではバレーボール部との兼任だったことと、陸上部を受け持った中岡靖典
続きを読む
FORZA SHIKOKU

宇都宮恵理(日本郵政グループ/愛媛県大洲市出身)第3回「“かけっこを楽しみなさい”」

 中学2年生の時、宇都宮恵理はバレーボール部との兼任で陸上部を選択した。陸上部としての活動は夏から冬までだった。 この時期の1日のスケジュールは多忙だった。朝の7時半から授業前までバレーボールの練習。
続きを読む