ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

三浦愛華(陸上・世界リレー日本代表/愛媛県競技力向上対策本部)第2回「軽い気持ちで始めた競技人生」

 今や陸上の日本代表に名を連ねるほどになった三浦愛華だが、競技を本格的に始めたのは意外にも地元の奈良市立若草中学に入学してからだった。なぜ陸上だったかについては、三浦自身はこう説明する。「チーム競技よ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

三浦愛華(陸上・世界リレー日本代表/愛媛県競技力向上対策本部)第1回「スタート得意のスプリンター」

 女子4×100mリレー日本代表は、バハマ・ナッソーでパリ行き切符を掴めなかった。「個人としても、チームとしても悔しさが残る大会でした」 そう語るのは初日、2日目と第1走者を務めた三浦愛華(愛媛県競技
続きを読む
FORZA SHIKOKU

Karim(LIFULL ALT-RHYTHM/徳島県徳島市出身)最終回「マイペースに進む道」

 日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」の22-23シーズン。Karimこと荒岡カリムが新天地に選んだのはLIFULL ALT-RHYTHM(ライフル アルトリズム)だった。「単純にアルトリの作
続きを読む
FORZA SHIKOKU

Karim(LIFULL ALT-RHYTHM/徳島県徳島市出身)第3回「飛び込んでいった新たなステージ」

 中学2年生にして、「ダンスで生きていく」と決意したKarimこと荒岡カリム。徳島の城北高校に進学した。この頃のライバルは己の胸中に巣食う弱さ。「いろいろなダンサーを見ては刺激を受けていましたが、いつ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

Karim(LIFULL ALT-RHYTHM/徳島県徳島市出身)第2回「ダンスと出会う必然」

 D.LEAGUEのLIFULL ALT-RHYTHM(ライフル アルトリズム)に所属するKarimこと荒岡カリムは2001年5月14日、徳島県徳島市で生まれ育った。モロッコ人の父、日本人の母との間に
続きを読む
FORZA SHIKOKU

Karim(LIFULL ALT-RHYTHM/徳島県徳島市出身)第1回「空気を朗らかにする陽のオーラ」

 日本発のプロダンスリーグ「D.LEAGUE」の23-24シーズンは、残すところROUND.14とチャンピオンシップ(CS)のみとなった。既にCS進出の望みは絶たれているが、独自の世界観をショーケース
続きを読む
FORZA SHIKOKU

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)最終回「正しい判定で勝利すべきチームが勝った」

 名木利幸は複雑なサッカーのルールや仕組みを歯切れの良い言葉に冗談を織り交ぜて説明するのがうまい。副審としての経験と知識、そして彼の人柄がそうさせるのだろう。そんな名木に、科学の力で誤審を防ごうとする
続きを読む
FORZA SHIKOKU

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)第3回「J1、J2、J3の違い」

 名木利幸はこれまで、J1で309、J2で113、J3で3試合、計425試合を副審として見てきた(2017年2月6日現在)。「Jリーグのカテゴリーごとに、DFラインの上げ方、陣形をコンパクトに保つ方法
続きを読む
FORZA SHIKOKU

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)第2回「“審判で何とかやっていきたい”という強い思い」

 高知県の東部に位置する安芸市は冬場でも平均気温が10度近く温暖な気候である。プロ野球・阪神タイガースの2軍キャンプ地としても有名だ。この土地で生まれ育った名木利幸は「この時期は黄色い旗が揺れています
続きを読む
FORZA SHIKOKU

名木利幸(日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー/高知県安芸市出身)第1回「サッカーは、オフサイドがあってナンボ」

  高知県安芸市で生まれ育ち、同県の観光特使を務める名木利幸は、日本を代表するサッカーの名副審である。名木は国際サッカー連盟(FIFA)公認の国際副審で、2009年から相樂亨副審と共に日本サッカー協会
続きを読む