ページのトップへ

FORZA SHIKOKU

西川吉野(東レアローズ/徳島県徳島市出身)最終回「原石が光り輝く前」

 西川吉野は2020年春、金蘭会高校の最上級生として新チームを引っ張る存在となった。“住み慣れた”アウトサイドヒッター(OH)、エースポジションのレフトに戻った。チームキャプテンはリベロの西崎愛菜だっ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西川吉野(東レアローズ/徳島県徳島市出身)第3回「強豪・金蘭会で味わった挫折」

 2017年、富田中学3年の西川吉野は、JOCジュニアオリンピックカップに徳島県選抜のキャプテンとして出場した。最優秀選手賞にあたるJOC・JVAカップに選ばれたことを報じた当時の新聞には、彼女のコメ
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西川吉野(東レアローズ/徳島県徳島市出身)第2回「次代のエースのルーツ」

 西川吉野は2002年の秋、徳島県徳島市で生まれた。母・未央によると、出産予定日は父・義久の出張と重なっており、出産には立ち会えないと思われていた。ところが西川家の次女は、父の帰宅を待つかのように、予
続きを読む
FORZA SHIKOKU

西川吉野(東レアローズ/徳島県徳島市出身)第1回「オールラウンダーの才を持つアタッカー」

 この9月に19歳の誕生日を迎えたばかりの西川吉野は、V.LEAGUEのDivision1の東レアローズに所属する期待のルーキーだ。身長178cmのアウトサイドヒッター(OH)は、今月15日に開幕する
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川新(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)最終回「激戦区に身を置く若者が描く未来予想図」

 2013年、川之江北中学柔道部と川之江柔道会で技を磨いた立川新は、柔道の名門である新田高校に進学した。愛媛県松山市にある新田高校は1938年に創設。多くの部活動が全国大会に出場するマンモス校だ。寮は
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川新(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第3回「幼少期から描いていた夢」

 立川新は川之江柔道会に入門したばかりの頃は3歳の時だった。体が小さく悔しい思いをすることが少なくなかった。負けず嫌いの少年は父・昭宏の課したクライミング、走り込み、足指の筋力強化、パワーアンクルの装
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川新(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第2回「ルーツは幼少期のトレーニング」

 立川新が柔道を始めたのは3歳からである。彼を近所の川之江道場に連れていったのは経験者の父・昭宏だった。(2018年9月の原稿を再掲載しています) 父は入門当時の息子の様子を振り返った。「新が柔道を始
続きを読む
FORZA SHIKOKU

立川新(東海大学柔道部/愛媛県四国中央市出身)第1回「“動”を飲み込む“静”の力」

 日本男子の柔道界において、73キロ級は層が厚い。大野将平(旭化成)はリオデジャネイロオリンピックの金メダリスト。橋本壮市(パーク24)は2017年世界選手権王者である。彼らを筆頭に積極的に技を仕掛け
続きを読む
FORZA SHIKOKU

☆再掲☆宮本葉月(近畿大学水上競技部/高知SC/高知県高知市出身)最終回「“勝ちたい”“上手くなりたい”という欲」

「競技をしていて一番うれしい瞬間は、自分が立てた目標を達成できた時です。試合で優勝した時や自分の目指していた海外遠征の日本代表メンバーに選ばれた時は“今まで頑張ってきて良かった”と思えるんです」 そう
続きを読む
FORZA SHIKOKU

☆再掲☆宮本葉月(近畿大学水上競技部/高知SC/高知県高知市出身)第4回「“3度目の正直”で獲ったインターハイ」

「優勝しか狙っていなかった」 そう宮本葉月(近畿大学水上競技部/高知SC)は2016年夏に出場した日本高等学校選手権大会(インターハイ)を振り返った。(2020年8月の原稿を再掲載しています) 結果は
続きを読む