ページのトップへ

伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第134回 無限の楽しさと可能性。車椅子ソフトボールを初めて見た!

 車椅子ソフトボールの試合に出かけました。車椅子に乗ってプレーするソフトボールで、1チームの人数はソフトボールよりも多い10人(※1)です。出場選手にはクラス分けがあり、持ち点は一人1点から3点。ゲー
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

神保康広(風輪道墨田出張所代表)<後編>「自分らしく生きられる社会へ」

伊藤数子: 車いすメーカーを離れた後も、車いすを販売するお仕事を続けられています。その理由は?神保康広: 僕は昔から“カッコイイ車いすに乗ってみたい”という思いがあり、車いす自体に興味を持っていました
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

神保康広(風輪道墨田出張所代表)<前編>「海外市場に乗り込む」

 車いすバスケットボール日本代表としてパラリンピック4大会に連続出場した神保康広氏は、国内外でパラスポーツと車いすの普及活動に尽力している。国内の車いすメーカーに勤め、これまで数々の競技用車いすを企画
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第133回 パラ終了後の虚しさ? 嘆くことなかれ、動けばいい

 先日、久しぶりに電動車いすサッカーチーム・金沢ベストブラザーズの練習を見学してきました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、これが約3カ月ぶりの練習です。練習中断期間には、運動ができなくなり廃
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

星野晃一郎(ダンクソフト代表取締役社長)<前編>「ボランティアのレガシー」

 株式会社ダンクソフト星野晃一郎代表取締役社長は、今年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会にボランティアとして参加した。同社でボランティア休暇制度を導入するなど社員のボランティア活動も推奨してい
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

東京パラリンピックで見えたもの<後編>「“競争”より“共生”を」

――今回のパラリンピックを取材したことで、改めて気付いたことはありますか?二宮清純: 私は競泳ですね。自由形のレースを見ていると、泳ぎ方が選手それぞれ違うことに、改めて驚きました。我々の認識は自由形と
続きを読む
伊藤数子「パラスポーツの現場から」

第132回 東京パラリンピック終了。いよいよ試されるときに突入!

 パラリンピックの開催期間中、「共生社会」や「多様性」という言葉を多く見聞しました。しかし、パラリンピックが直接、多様性や共生社会を連れてくるかと問われれば、答えはノーです。それを承知しているからこそ
続きを読む
挑戦者たち〜二宮清純の視点〜

東京パラリンピックで見えたもの<前編>「多様性を象徴した大会」

 22競技539種目で熱戦が繰り広げられた東京パラリンピックが閉幕した。今回の「二宮清純の視点」は二宮清純と「挑戦者たち」編集長・伊藤数子によるスペシャル対談。課題に向き合い、未来を展望する。――今大
続きを読む
TOKYOオリパラ便り

日本、最終日は金2銅2 里見は2冠達成、19歳・梶原がWH1制す ~パラバドミントン~

 5日、東京パラリンピックのバドミントン競技最終日が東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。女子ダブルス(車いすWH)決勝は、里見紗李奈&山崎悠麻組(NTT都市開発)が中国ペアを2-1で下した。里
続きを読む
TOKYOオリパラ便り

日本は4種目で表彰台! 里見紗李奈、車いすWH1初代女王 ~パラバドミントン~

 4日、東京パラリンピックのバドミントン競技が東京・国立代々木競技場第一体育館で行われた。女子シングルス(車いすWH1)決勝は里見紗李奈(NTT都市開発)がスジラット・プッカム(タイ)に2-1で逆転勝
続きを読む