6日、先月アメリカ・ネブラスカ大学を卒業したバスケットボール日本代表のSG富永啓生が2023-24シーズン帰国報告会見をディーナゲッツ愛知で行った。会見では目標であるNBA&パリオリンピックへの想いを語った。

 

 

「毎日、バスケットに関わってきた時間が一番の思い出です」
 NJCAA(全米短期大学体育協会)1部のレンジャー・カレッジ、NCAA(全米大学体育協会)1部のネブラスカ大で過ごしてきた5年間を振り返った。ネブラスカ大のラストシーズンは1試合平均15.1得点を記録するなどチームを牽引し、10年ぶり8度目のNCAAトーナメント(通称マーチ・マッドネス)出場に貢献した。同トーナメントのオールスターゲームのメンバーに選ばれ、スリーポイントコンテストで優勝するなど、シューターとしての能力は本場アメリカでも遺憾なく発揮された。

 

「個人としてはNBA選手になることを一番の目標にしている。そこはブラさずやっている最中。今年はパリオリンピックもあるので、そこも視野に入れて自分のできる100%の力を出していきたい」
 NBAのワークアウトはサクラメント・キングス、ロサンゼルス・クリッパーズ、シカゴ・ブルズの3チームに参加。「自分のストロングポイントは出せたと思います。自分が見せたいプレーを見せられたので、手応えは結構ありました」と振り返る。冨永によれば、キングスのマイク・ブラウンHCには「いい動きをしていたよ」と声を掛けられたという。オリンピックを諦め、NBA一本に絞るならば、アメリカに残って他チームのワークアウトに参加、サマーリーグでアピールするという選択肢もあったが、富永はパリ経由でNBAに行くつもりで帰国の途に就いた。

 

(写真:「バスケットを楽しむことを学んだ」というディーナゲッツ愛知で会見を行った)

 前回の東京オリンピック(2021年開催)は3X3(3人制)で出場したが、今回は5人制代表としての挑戦だ。「オリンピックは世界トップのイベント。これ以上ないもの」。昨年はW杯に出場し、パリ行きの切符を勝ち取った。「あの熱狂と興奮は終わってからも、心に残っている」。だからこそパリへの想いを強い。

「これからの自分の人生にとっても一生忘れることない出来事になる。悔いのないようにやっていければと思っています」

 

 今後は国内での日本代表合宿に合流し、強化試合に出場する予定だ。

「1年ぶりの日本の試合すごく楽しみ。自分のエネルギー溢れるプレーや観客と一体になって盛り上げるプレーはできると思う。そこを見てもらいたいですし、自分の武器であるスリーポイント(シュート)を見せたい」

 日本代表は強化合宿、強化試合を経て、パリオリンピックに臨む。初戦は7月27日、ドイツ代表戦。富永は「日本バスケットの歴史をつくっていきたい。グループも決まり、自分たちのできる100%を出し切って、結果がついてくると思う」と意気込んだ。

 

 代表に専念するとはいえ、富永の個人の「一番の目標」であるNBA入りを諦めてはいない。

「今の自分の考えとしては、パリオリンピックで活躍して、チームからオファーをいただけたらいいなと感じています」

 23歳のシューターは、自らの武器を最大限に生かし、パリでの好結果もNBA入りをも射止めるつもりだ。

 

■関連記事はこちら

米レンジャー・カレッジ富永啓生、射止めるNBA&東京五輪 ~バスケットボール~