広島・山野、香川で成長中

facebook icon twitter icon

 4月30日の千葉ロッテ-福岡ソフトバンク戦。ソフトバンクの先発マウンドに上がったのは先日、育成選手から支配下登録された千賀滉大でした。

 彼は昨年、ソフトバンクの3軍で投げており、交流戦で対戦経験があります。ストレートの速さがとても印象に残りました。1年間、経験を積んだことで潜在能力が開花したのでしょう。やはり若い選手は実戦で一番伸びるということを示した好例だと感じます。

 今季からNPBの育成選手がアイランドリーグに派遣されることが認められ、ガイナーズでは広島の右腕・山野恭介を受け入れています。ここまで5試合に投げて負けなしの3勝。登板を重ねるごとに内容が良くなっています。

 彼の武器は150キロ近い速球。しかし、香川に来た頃は投球のリズムがワンパターンで、バッターがタイミングをとりやすい部分がありました。そこで彼にはしっかり軸足に溜めて投げるようにアドバイスをしたのです。

 これまで「1、2、3」で投げていたのを、「1、2の3」と溜めをつくる。これにより、バッターはリズムがとりにくくなりますし、何より軸足に体重をしっかり乗せることでボール自体が良くなります。

 30日の高知戦では8回2失点の好投を見せましたが、ストレートのみならず、フォークボールなどの変化球の精度が上がってきました。打者との対戦を数多くこなすことで、相手との駆け引きや間の取り方も覚えてきたのでしょう。うまく緩急を使えていました。

 わずか1カ月の間ですが、急成長を遂げています。視察に来た広島の編成スタッフも好評価をしていました。

 本人はもちろん広島に戻っての支配下登録を狙っていることでしょう。このまま好投を続ければ、その可能性も十二分に出てくるはずです。アイランドリーグでの経験を経て、近い将来、1軍で活躍してくれれば、カープOBとしても、こんなにうれしいことはありません。

 山野の頑張りもあり、ガイナーズは4月を終えて8勝2敗2分の首位。打線では水口大地と新外国人のペレスによる1、2番コンビがよく機能しています。

 クリーンアップでは元阪神の桜井広大や、昨季、打率.350をマークした国本和俊を差し置いて、4番に島袋翔伍が座っています。4月は打率.341、2本塁打。今季が2年目ですが、彼の持っている素質を考えれば、これくらいは当然でしょう。

 もともとは外野手で、カープの選手に例えれば天谷宗一郎のように鋭い打球を飛ばせるタイプ。ただ、現在はNPBへのアピールも考え、サードを体験させています。4番として勝負強さが出てくれば、スカウトの目に留まる存在になるでしょう。

 プロ野球もアイランドリーグも開幕から1カ月。今季はソフトバンクの金無英(元福岡)が中継ぎとして定着し、ロッテの角中勝也(元高知)がホームランを放つなど、NPBで元アイランドリーガーが存在感を示しつつあります。

 アイランドリーグの評価を高め、スカウトにたくさん四国へ来てもらうためにも、彼らには1軍で通用することを証明してもらう必要があります。GWで連戦が続きますが、ぜひチームに欠かせない存在になれるよう頑張ってほしいものです。

 ガイナーズは3日の愛媛との首位攻防戦を皮切りに、5日からはソフトバンク3軍を迎えます。今季、育成入団した亀澤恭平は2軍戦にも出場し、首脳陣にも評価されているようです。香川に凱旋するかどうかは分かりませんが、もしメンバーに入っているなら再会を楽しみにしたいと思っています。

(このコーナーは毎月1日に更新します) 

facebook icon twitter icon
Back to TOP TOP