(写真:パヤノ<左>とフォトセッションに臨む井上)

 5日、ボクシング世界戦(7日、神奈川・横浜アリーナ)の記者会見が都内ホテルで行われた。メインイベントのワールド・ボクシング・シリーズ(WBSS)のバンタム級トーナメントに出場するWBA世界同級王者の井上尚弥(大橋)は、元WBA同級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦。セミはWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(BMB)が、元IBF王者のミラン・メリンド(フィリピン)との4度目の防衛戦に臨む。

 

“モンスター”井上がバンタム級最強を証明しにいく。各団体の王者が出揃ったWBSSバンタム級トーナメント、井上の1回戦の舞台はホーム・横浜だ。対戦相手は元WBAスーパー王者のパヤノ。注目度は高く既に前売り券は完売しているという。

 

 5月に無敗で3階級制覇を達成した直後、井上はリング上でWBSS出場を明言した。この日の会見でも「望んでいた大会。バンタム級最強を証明したい。臨む意気込みはハンパない」とモチベーションの高さを窺わせた。

 

「勝つために来日した」というパヤノは34歳のベテランサウスポー。井上は「一癖も二癖もあるキャリアのある選手。警戒しつつ、自分のボクシングを披露したい」と語る。

 

 8選手による最強を決めるトーナメント。組み合わせは確定していないが、この試合に勝てば他団体のチャンピオンとの対戦が予想される。世界からも耳目を集めるであろう一戦を迎え「井上尚弥のボクシングを見せられたらアピールできると思う」と述べた。

 

 コンディションは「過去最高」とキッパリ。「自分自身に期待して楽しみたい」と口にした。バンタム級最強への道は自らの拳で切り拓く。

 

 

 最強を証明したいのは拳四朗も同じ。「ライトフライ級で一番強いところを見せたい」と意気込む。同級はWBSSのトーナメントはまだ実施されていないが、関係者にアピールする絶好の機会だ。

 

 対するメリンドは日本での世界戦は3度目である。八重樫東(大橋)からベルトを奪い、田口良一(ワタナベ)との統一戦で死闘を繰り広げた。プロでのキャリアは拳四朗の3倍以上の試合数を誇る。

 

「コンディションはバッチリ。早く試合がしたい」と拳四朗。経験抱負な元IBF王者相手にV4を目指す。

 

(文・写真/杉浦泰介)