二宮清純: 今回のゲストは女子バスケットボール選手として実業団リーグでプレーし、現役引退後はバスケットボール番組のレポーターやモデルなど幅広いジャンルで活躍中の岡田麻央さんです。まずは雲海酒造の本格芋焼酎『木挽BLUE』のロックをご賞味ください。

岡田麻央: よろしくお願いします。実は私、芋焼酎って初めてなんです。エッ! これはおいしい! 私には絶対合わないと思っていたのに……。すごくスッキリしていますね。とっても飲みやすいです!

 

 

 

 

 

二宮: お酒は強い方ですか?

岡田: まだ限界に挑戦したことありませんが、強い方だと思います。

 

二宮: 普段お酒は飲まれますか?

岡田: 現役時代はほとんど飲んでいませんでした。現役を引退して東京に来てから飲むようになり、今は少しずつお酒のおいしさや楽しさを知っていっていますね。この『木挽BLUE』も新たな発見でした!

 

二宮: 今回のお店の料理(イタリアン)にも合いますよ。ここのピザは世界チャンピオンがつくるんです。

岡田: それは絶対食べなきゃいけませんね!『木挽BLUE』はピザにも合うんですか?

 

二宮: もちろん! 騙されたと思って、ぜひ。

岡田: 本当だ! とても合います。ピザはチーズたっぷりでおいしい! チーズのこってり感と、『木挽BLUE』のスッキリさがすごくマッチしています。芋焼酎だと和食に合うイメージだったけど、イタリアンにも合うんですね! バスケで言えばマルチプレーヤーみたい。

 

二宮: 岡田さんもモデルをされるなどマルチなご活躍ですね。男子バスケットボールリーグB.LEAGUE応援番組でレポーターを務められていますが、今後はグルメレポートの依頼がくるかもしれませんね。

岡田: 食べるの大好きなんで、ぜひオファーお待ちしています!

 

 憧れとの共演

 

二宮: B.LEAGUEは今季で3シーズン目に突入しています。応援番組でレポーターを始められたのはいつからですか?

岡田: 初年度の終盤から始まった番組でリポーターを務めさせていただいています。リポーターと聞くと、少し真面目で堅い印象があったので“大丈夫かな”と不安でした。オファーをいただいた時に、私は「アナウンサーの方のようにはできませんよ」と正直に話したところ、ディレクターさんが「そのままでいい」と言ってくれたので、喜んで引き受けました。実際にやってみて、すごく楽しいです。

 

二宮: インタビューをしていて、一番印象に残った選手は?

岡田: 千葉ジェッツふなばしでプレーする日本代表の富樫勇樹選手ですね。インタビュー後に1対1をしたんですが、“すごい”と思いました。

 

二宮: どこに驚かれましたか?

岡田: 動ける幅が非常に広いんです。身長167cmと小柄で身体は大きくない。それなのに一歩の幅がすごい。筋肉の爆発力と言えばいいのかな。キュッと止まって、バッと動くという感じです。本当にすごい選手だと思います。

 

二宮: 日本を代表するポイントガードですね。同じポジションのスター選手、栃木ブレックスの田臥勇太選手はどうですか?

岡田: 田臥選手は私の憧れなんです。高校でバスケをしている時もあまりトップの選手のことは詳しくありませんでした。それでも田臥選手のことは知っていました。アシストが巧い選手が好きなので、本当に憧れです。だから田臥選手のインタビューが決まった時は“やばい! ついに来た!”と思いましたね。

 

二宮: それは相当緊張したでしょう。

岡田: ええ。私はあまり緊張するタイプではありません。でも、その時ばかりは本当に緊張して変な汗をかきましたよ。田臥選手はすごく落ち着いていて「練習と思ってやってくれていいよ」と、すごく優しかったです。

 

 女王JXの吉田と渡嘉敷

 

二宮: 一方の女子ではポイントカードと言えば、代表からは離れているものの吉田亜沙美選手の存在感は抜群です。

岡田: 吉田選手は男子選手のようなプレーをします。見ていて華がありますね。ノールックパスなど魅せるプレーをするので、カッコいいなぁと。

 

二宮: 実際にマッチアップしたことは?

岡田: あります。彼女がボールを持ってスピードに乗っている時に、“このタイミングでコースに入ったらスピードを殺すしかないな”というプレッシャーをかけにいくと、それを見透かしたようにかわされます。

 

二宮: 手の内を全部読まれているような?

岡田: 読んでいるのか、身体が自然と動くのかはわかりません。ただ、吉田選手はいろいろなことをイメージしながら状況に応じたプレーができるのだと思います。それをスピードに乗った状態で、瞬時に判断できる。そのスキルと判断力がすごいんです。

 

二宮: 現在日本代表のエースは渡嘉敷来夢選手。彼女は上背もある(193cm)上に身体能力も高い。

岡田: そうですね。最近は外からのシュート精度も高い。ドライブもあるので彼女を止めるのは1人では無理な気がします。

 

二宮: どんどんオールラウンドなプレーヤーになってきていますよね。

岡田: 渡嘉敷選手はとても向上心があります。アメリカでプレーするなど彼女は高いレベルを基準に自分を見ているから、サイズをいかしてインサイドでゴールを決めるだけではダメだと分かっているんだと思います。

 

二宮: 2人が所属するJX-ENEOSサンフラワーズはWリーグを9連覇中です。今季(1月10日現在)も、無傷の14連勝中ですね。

岡田: 私が現役の頃もJXはとても強かった。でも“絶対敵わない”と思ってプレーはしていませんでした。こちらは挑戦者なので怖いものがない。JXとの試合はとてもワクワクしていました。どれだけ自分が通用するかを楽しむ。そういうモチベーションでしたね。

 

二宮: グラスもあっという間に空になりました。お話は尽きませんが、一旦ハーフタイムとしましょう。後半戦は岡田さんご自身の話もお聞きしたいと思います。

岡田: とっても料理がおいしいし、お酒も飲みやすい。楽しい時間は、本当にあっという間に感じますね。

 

(後編につづく)

 

岡田麻央(おかだ・まお)プロフィール>

1988年11月16日、愛知県生まれ。小学4年時からバスケットボールを始める。名経大高蔵高校を経て、トヨタ紡織に入社。トヨタ紡織サンシャインラビッツで8シーズンプレーした。15年に現役引退。その後はモデル、解説者、タレントなど活躍の場は多岐に渡る。スポーツイベントやアスリート教育活動にも携わり、バスケットボール普及に貢献している。18年から3人制バスケットボール(3×3)の女子リーグにも参戦中。身長165cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、岡田さんと楽しんだお酒は芋焼酎「木挽BLUE(ブルー)」。宮崎の海 日向灘から採取した、雲海酒造独自の酵母【日向灘黒潮酵母】を使用し、宮崎・綾の日本有数の照葉樹林が生み出す清らかな水と南九州産の厳選された芋(黄金千貫)を原料に、綾蔵の熟練の蔵人達が丹精込めて造り上げました。芋焼酎なのにすっきりとしていて、ロックでも飲みやすい、爽やかな口当たりの本格芋焼酎です。

 

提供/雲海酒造株式会社

 

<対談協力>

イタリアンバー ボッチャーノ ビア&ワイン 恵比寿ガーデンプレイス店

東京都渋谷区恵比寿4丁目20-3 恵比寿ガーデンプレイス タワー棟39階

TEL:03-6447-7885

 

営業時間

月~金 ランチタイム11:00~16:00/ディナー17:00~23:00 

土・日・祝日 11:00~23:00

(定休日は施設の休業日に準ずる)

 

☆プレゼント☆

 岡田さんの直筆サイン色紙を芋焼酎「木挽BLUE」(900ml、アルコール度数25度)とともに3名様にプレゼント致します。ご希望の方はこちらのメールフォームより、件名と本文の最初に「岡田麻央さんのサイン希望」と明記の上、下記クイズの答え、郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先(電話番号)を明記し、このコーナーへの感想や取り上げて欲しいゲストをお書き添えの上、お送りください。応募者多数の場合は抽選とし、当選発表は発送をもってかえさせていただきます。締切は19年2月14日(木)。たくさんのご応募お待ちしております。なお、ご応募は20歳以上の方に限らせていただきます。

 

◎クイズ◎

 今回、岡田麻央さんと楽しんだお酒の名前は?

 

 お酒は20歳になってから。

 お酒は楽しく適量を。

 飲酒運転は絶対にやめましょう。

 妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。

 

(構成・写真/杉浦泰介)


◎バックナンバーはこちらから