二宮清純: アスリートが語るテングジャーキー、今回のゲストはK-1で3階級制覇(スーパーバンタム、フェザー、スーパーフェザー級)を達成した武尊選手です。よろしくお願いします。
武尊: よろしくお願いします。

 

二宮: 株式会社鈴商のイチオシ商品「テングビーフステーキジャーキー」を食べながら、3月のムエタイ王者との試合や武尊選手の食生活についてお聞きします。
武尊: ダイエットに関してはプロフェッショナルですからおまかせください!

 

二宮: ビーフジャーキーを食べる機会は?
武尊: 減量中にも食べますよ。美味しくて低脂肪高たんぱくで助かっています。減量の味方ですね。

 

 専門家並の知識量

 

二宮: 本日は「テングビーフステーキジャーキー」を数種類用意しています。まずは「レギュラー」タイプからどうぞ。
武尊: いただきます! うん、これは美味しい。使っているお肉がいいんですか?

 

二宮: 100%赤身ももステーキ肉を使っているそうです。
武尊: 美味しいわけですね。牛肉の旨味が凝縮されている感じがわかります。「50%減塩」タイプもあるんですか?

 

二宮: 「レギュラー」タイプから塩分を半分にしたものです。ぜひ召し上がってください。
武尊: いただきます。塩分控えめな分、肉の旨味が「レギュラー」タイプよりわかりやすい。減量中はカロリー、たんぱく質、脂肪分など様々な栄養素に加えて塩分もコントロールしないといけないので、これは嬉しいですね。

 

二宮: 塩分でも太りますか?
武尊: 計量間近になると体から水分を抜くんです。体内に塩分が多いと水分が排出されにくくなってしまうんです。

 

二宮: なるほど。それにしても随分、栄養に関する知識が豊富ですね。
武尊: 自分で栄養学を勉強したからです。それに毎日3食、自炊しています。

 

二宮: マメですね!
武尊: プロデビューした時からずっと続けています。昔、居酒屋でキッチン担当のアルバイトで料理を覚えました。今は階級をあげましたが、55キロ級の試合に出ていた時期もあったので「どうやったら体重を落とせるのかな」と必死になってインターネットや本を読んで勉強しました。

 

二宮: 減量の一番の敵は?
武尊: 睡眠不足だと思います。睡眠前の食事も関係してきますが、寝ている間に脂肪は燃焼されます。それに寝不足になると食欲が増したり、代謝が悪くなったりするんですよ。

 

二宮: まるで専門家と話しているみたいだ(笑)。
武尊: 睡眠中に成長ホルモンが分泌されて脂肪は燃焼されていきます。きちんと寝ていればそんなに太ることもないのかなぁ、と。

 

二宮: 他に減量で気を付けていることは?
武尊: 減量中は小麦と揚げ物は摂取しないようにしています。遺伝子検査をした結果、体質的にこの2種類が太りやすいとわかったんです。特に動物性の脂で太りやすいとの結果が出ました。だから減量中はお肉の脂を切り落として調理しています。

 

二宮: 遺伝子検査でそこまでわかるんですか。白米は問題ない?
武尊: 僕は白米を食べても太りにくいのでたくさん食べます。この検査をしてから何を食べたら太りやすくて、何を食べたら太りにくいのかが明確になりました。オススメです。

 

 試合中にプラン変更

 

二宮: 私もやってみようかなァ。さて、武尊選手はこの3月の試合でタイのムエタイ王者ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー選手に2ラウンドKO勝ちを収めました。試合前から右足甲骨を骨折していたとか……。
武尊: 気合を入れて練習し過ぎました(笑)。

 

二宮: 満身創痍の中、ムエタイ王者相手にKO勝利は素晴らしい。
武尊: ありがとうございます。高校時代にタイへ修行に行ったんです。その時、ラジャダムナンスタジアムのオープニングマッチでムエタイの選手に負けました。人生で初めての負けだったので、何としても今回はムエタイの選手に勝ちたかったです。

 

二宮: ヨーキッサダー選手の右のミドルキック、あれは強烈でしたね。
武尊: あの蹴りは重たかった。一発で効きましたよ。未だにガードした左腕にしこりが残っています。

 

二宮: どんな破壊力ですか?
武尊: 金属バットで殴られている感じでしょうか。ブロックしている腕が折れるかと思いました。結果はKO勝ちでしたが、実は当初のプランとは全く違ったんです……。

 

二宮: プランといいますと?
武尊: 試合前の作戦は各ラウンドの後半にラッシュをまとめてポイントを獲ろうというものでした。3ラウンドを通してポイントを積み重ね、ギリギリ判定で勝てれば御の字、というものでした。

 

二宮: ところが、2ラウンドで右のパンチがきれいに入りダウンを奪った。一度相手は立ち上がったが、ラッシュを仕掛けてKO勝ち。プランを変更した理由は?
武尊: 理由は今、話したヨーキッサダー選手の右のミドルキックです。こんな蹴りを3ラウンド全部受けたら、耐えられない。腕が折れてしまう(笑)。「もう、行くしかない!」と繰り出したパンチで倒れてくれました。

 

 相手の土俵で戦わない

 

二宮: あの下がりながらのライトは見事でした。
武尊: アメリカにリョート・マチダさんという空手家がいるんです。去年から彼のもとに出向いて、後ろ重心で打つパンチをトレーニングしていたんです。

 

二宮: 日系ブラジル人2世の選手ですね。ヒントは空手でしたか。ムエタイにはない種類のパンチだったのでは?
武尊: そう思います。日本人選手はムエタイの選手と対戦する前、だいたいタイに修行に行くんです。でも、僕は「ムエタイチャンピオンにムエタイの技で勝てるわけないよなァ」と考えて、アメリカに渡って空手とボクシングとMMA(総合格闘技)のジムに出稽古に行ったんです。

 

二宮: 相手の土俵で戦わなかったことが奏功しましたね。
武尊: 本当に良かったです。出稽古先で対戦相手の映像を見せて「この選手に有効な空手、ボクシング、MMAの動きは?」と聞いてまわった甲斐がありました。

 

二宮: ダウンを奪った後、一気に畳み掛けましたね。
武尊: ここで勝負に行かないと僕がやられてしまうと必死でした。でも、相手は本当に打たれ強かった。一発で失神するくらいの攻撃だったんですよ。手応えがあったのに、すぐに立ち上がった時は「なんだ、この選手はっ!?」とびっくりしました。

 

二宮: 400戦以上経験してKO負けがない選手です。“不倒王”の異名を持つタフな相手でした。
武尊: キャリアのある選手はダメージを受けても、その後のごまかし方や盛り返し方がうまいんですよ。今、行かないと!と思い、腕を振りまくりました(笑)。

 

二宮: 代償として右の拳を負傷しましたが、回復具合は?
武尊: 練習も再開し、右のパンチを軽く当てられるくらいにはなりました。「8月あたりには思い切り打てるようになる」と言われています。

 

二宮: 海外での試合予定は?
武尊: 僕も海外でやってみたい! という気持ちはあります。実現できるようにがんばります。

 

二宮: 年齢的には今が一番、脂がのっている時期でしょう。
武尊: そうですね。自分の努力次第でピークは長く保てるはずだと思っています。まずは、右手のリハビリを重ねて、年内に復帰できたらと考えています。

 

二宮: ちなみに辛いものはお好きですか? ピリッと胡椒の効いた「ホット」タイプとサドンデスジョロキアソースを使用した「激辛」タイプもありますよ。
武尊: 「ホット」タイプはパンチが効いていて美味しいですね。「激辛」タイプは思ったより辛くないですけども……。あ、辛っ! あとから辛さが口に広がりますね。罰ゲーム感覚でジムの仲間に食べさせてみようかな(笑)。

 

武尊(たける)プロフィール>

1991年7月29日、鳥取県出身。本名は世川武尊。K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST所属。K-1に憧れ、小学2年で空手を始める。高校2年時にはK-1甲子園関西・中国地区予選に出場するも2回戦で敗退した。上京後、11年9月にプロデビュー。13年5月にKrush58キロ級初代王座を獲得。その後、3度防衛に成功。K-1 WORLD GPスーパーバンタム、フェザー、スーパーフェザー級とK-1史上初の3階級制覇を達成した。プロ通算38戦37勝(22KO)1敗。身長168センチ。

 

「テングビーフステーキジャーキー」4種のフレーバー

☆プレゼント☆

「テングビーフステーキジャーキー」4種のフレーバーを1セットにして、3名様にプレゼント致します。ご希望の方はこちらのメールフォームより、件名と本文の最初に「武尊さんプレゼント希望」と明記の上、郵便番号、住所、氏名、年齢、連絡先(電話番号)を明記し、このコーナーへの感想などをお書き添えの上、お送りください。応募者多数の場合は抽選とし、当選発表は発送をもってかえさせていただきます。締切は2019年8月12日(月)。たくさんのご応募お待ちしております。

 

<対談協力>

DJ BAR 東間屋

東京都渋谷区道玄坂2−14−8 TSUTAYA O-EAST内2F

TEL:03-6416-4184

営業時間:21:00~翌4:30(月~土)

 


◎バックナンバーはこちらから